以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
平成29年度成人式
d0003224_12253742.jpg
d0003224_12254689.jpg
d0003224_12260704.jpg
d0003224_12255268.jpg
d0003224_12241233.jpg
d0003224_12232499.jpg
d0003224_12232922.jpg
毎年お盆のこの時期に開催している成人式。今年の成人者は29名、内18名が出席して行われた。

忘れることができない震災原発事故の日は、中学校の1年生で先輩の卒業式の日だった。その日以降全村民が避難を余儀なくされ、全員揃って川内中学校を卒業できなかったものの、6年ぶりの再会で、それぞれがおかれた環境下で努力され、苦境を乗り越え、ここに成人を迎えられた皆さんに敬意を表したい。川内村の復興の成果は、皆さん一人一人の努力の姿そのものだと思う。

「足るを知る者は富む」、老子の言葉。文明の発達には人の生活を豊かで快適にする側面と、清貧の思想や命の大切さを忘れさせてしまう側面がある。依存心が高く、与えられることが当然と考える風潮、まさに文明がもたらした弊害といえる。際限ない豊かさや便利な生活を創造していくあまり、長い年月をかけて築きあげてきた大切なものを失おうとしている。今回の原発事故による試練もそのことへの警鐘であり、復興していくための本質なのかもしれない。

「最上のものは過去にあるのではなく、未来にある」  新成人としての感激と家族への感謝の気持ちを忘れることなく、高い志とエネルギーを持って新たな可能性にチャレンジしていかれることを期待する。

[PR]
by endo_yuko | 2017-08-16 14:25 | Comments(0)
<< CM製作クリエーティブサマーキャンプ 秋元エイさんに賀寿贈呈 >>