以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
平成17年度 The end
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼3/27(月)
 9:30  福島県立医大要望活動      [福島県立医大]
11:00  県要望活動             [副知事]

 双葉郡の中核医療機関である県立大野病院と双葉厚生病院に、産婦人科と小児科医師の常駐をお願いしてきました。 また、二病院がそれぞれ診療科目の補完的な立場で運営できるよう、医大からの医師派遣を要望しました。産婦人科・小児科とも慢性的な医師不足のうえ、勤務医師の働く環境作りをしていかないと問題解決にはならないようです。県全体でも医師不足は喫緊の問題であり、副知事が陣頭指揮をとりながら検討されるようです。
 後日の新聞報道によると、双葉厚生病院の産婦人科に医師が派遣され、二人常勤体制で運営されるようです。小児科については南相馬市にキーステーションを置き、サテライト方式が考えられているようです。

14:00  小野町病院議会        [小野町病院] 

▼3/28(火)
 9:00  広域消防川内分署転勤挨拶    [村長室]
10:45  電源立地等地域振興事務所戸田さん転勤挨拶   [村長室]
11:00  仙台防衛施設局挨拶         [村長室]
11:15  FSK社長挨拶             [村長室]
11:40  草野心平日記刊行更科さん来訪  [村長室]
13:30  原子力広報理事会          [大熊原子力センター]
15:00  富岡警察署挨拶            [富岡警察署]

▼3/29(水)
10:00  社会福祉協議会理事会        [ゆふね]
13:30  社会福祉協議会評議委員会     [ゆふね]
18:00  土地改良区理事会           [会議室]
19:00  土地改良区総代会          [大会議室]

▼3/30(木)
13:30  双葉町村長会議          [クリーン双葉] 
14:30  産業廃棄物処理公社取締会

▼3/31(金)
 8:30  教職員離任式             [コミセン]

 中学校の星教頭先生初め12名の慣れ親しんだ先生方とお別れしました。先に高校、中学校、小学校でそれぞれ卒業生をお見送りし、大変寂しい思いをしたところでした。この時期は気持ちが思い季節です。子供たちは忘れることが出来ない思い出や宝物をしっかり身に付けたことと思います。新任地でのご活躍をお祈りいたします。

 9:00  退職職員辞令交付式・離任式   [大会議室]

 本日で渡邉公民館長、横田看護師、大山土地改良区職員の3名が退職されました。それぞれ勤務を解かれ万感の思いが去来していることと思います。村の発展と村民の幸せのために心血を注いでいただいたことに心より感謝申し上げます。皆さんとの別れは大変辛く、思いでもつきません。皆さんの足跡を噛み締めながら行政運営に努めていきます。健康に留意され穏やかな第二の人生でありますようにお祈りいたします。
 
16:30  社会福祉協議会辞令交付・新年度訓示    [ゆふね]
19:00  交通安全関係機関合同会議     [大会議室]

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 平成17年度が終わった。総括するにはあまりにも弧に徹する時間がない。今はただオンザロックを喉の奥深く流し込むことによって、その余韻を楽しんでいる。
 村民にとってこの一年は幸せを感じることが出来たのか、昨年より少しは満足感を味わえたのか、職員はどうだったのか、・・・・・・・? アルコールで脳が麻痺してきた。もう考えるのやめよっと。明日、明日。おやすみネムネム\(*´Q`*)/~o○◯
[PR]
by endo_yuko | 2006-03-31 22:02 | Comments(1)
顔面疲労説?
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼3/22(水)
 9:00  臨時庁議              [会議室]
13:30  中央学級講演           [コミセン]

 平成17年度中央学級閉校式にあたり、「私の考える自立のための村づくり」のテーマで講演をしました。一昨年村長に就任してまもなくの頃、講演をして以来2回目です。
 今後の村の経営戦略、財政シュミレーション、具体的な財政改革、自治体の自己改革について話をしまいた。理解していただけたかどうか判りませんが、限られた時間の中で私の思いを語ったつもりです。このてのテーマは聞くほうにとってあまり面白いものではないと思いますが、コミセンの2階の会場で並べられていたテーブルが一杯になりました。嬉しい限りです。

18:30  消防退職者報奨金授与式     [村長室]

 昨年の暮れに突然亡くなられた消防団員の報奨金を母親にお渡しました。40歳の若さで、残念でなりません。「小学生の子供に助けられながら、前を向いて元気に生活していきます。」と言っておられました。言葉が出ませんでした。

19:00  区長会                 [大会議室]

▼3/23(木)
 9:00  川内小学校卒業式

 昨年お父さんを亡くされた卒業生が二人います。 また、交通事故でようやく卒業式に間に合った子供もいます。皆さん、卒業おめでとう。 数え切れない思い出は、皆さんがこの6年間精一杯小学校生活を送ってきたという証ではないでしょうか。
 最後の学習発表会で「心のともしび」という感動的なパフォーマンスを見せてくれました。友情のともしび、感動のともしび、勤勉や健康のともしび、6年間ともし続けてきた心のともしびを中学生になってもともし続けてください。

 PTA会長や保護者代表の挨拶では言葉につまり、こちらまで胸が熱くなってしまいました。
6年間子供たちと喜びや悲しみを共に分かち合い、共に成長されてきた保護者の皆様に心からの敬意を表します。おめでとうございます。

11:00  平成18年度職員異動内示
14:00  Iターン者との懇談会    [大会議室]

 当たり前のことがどれだけ大切であるのか、気づかせてくれた会議でした。初めて川内村に住まれ、わからない故に地域の人たちとのトラブルが発生し困っている人も居ます。また、私たちに地域の新たな気づきを教えてくれます。村への要望、困り事などなんでも話し合ってもらうために集まっていただきました。16名の方々が出席していただき、中にはテレビで全国放送され超有名な方から、極最近こられた方もおります。既に30年も前に居を構えている人が、「川内に住んでいると顔が疲れないからいいよ」と言っていました。面白い表現ですが、何となく解りますね。
 話し合いの中で、地域イントラの構築や水、ゴミなどの環境問題に対する要望が多く出され、今後ネットワークを作って会合を開いていくことを確認しました。
 
▼3/24(金)
 9:30  JA双葉女性部川内支部総会    [JAかわうち] 
11:00  建設技術センター理事会       [福島]

▼3/25(土)
10:00  みやさか保育所卒園式(教育長出席)
10:00  ふるさとふれあい交流会        [体験交流会]

 「国際理解講座 IN かわうち」 農業委員会主催、相双地方振興局が共催で後継者支援と国際理解を深める目的で開催された。
 30年前頃まで海外に出かけることは豊かさの象徴でした。現在、仕事や旅行で日常的に出かけたり、外国からも日本に来られ、永住もかなり多くなってきている。川内にも外国から人生のパートナーとして来られている方々が19名います。今後、更に経済的環境が整備されたり、地球規模で価値観が多様化していけば益々その傾向は強まってくるのではないでしょうか。
 国際化が進む中で互いの国や人をもっと知りたい、もっと理解したいと思う欲求は当然なことである。人種、宗教、社会体制がそれぞれ違うのは当然で、「違う」ということを前提に理解し合うということが必要であると思います。 

▼3/26(日)
10:00  双葉郡婦人会連合会総会       [コミセン]
[PR]
by endo_yuko | 2006-03-25 17:32 | Comments(0)
ブルーな一日
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼3/16(木)
13:00  原町自衛隊募集事務所所長退任挨拶  [村長室]
15:00  朝日新聞取材                 [村長室]

 朝日新聞福島版、毎週月曜日連載している「旬に聞く」の取材を受けました。村づくりの理念や私のビジョン、大智学園のことがテーマでした。掲載は27日の朝刊とか

▼3/17(金)
10:00  あぶくまロマンティック街道景観づくり大会    [体験交流館]

 気軽に森に入り、森から学び、森と遊び、森を育み、森から癒される空間をつくりたいと考えていました。国道399沿い大四郎地区の村有林を全額県費で整備しました。小学校のみどりの少年団の子供たちに10種類のキノコを植菌してもらい、今後自然学習の森として利用してほしいと考えています。

▼3/18(土)
18:30  総務省過疎対策室来村

▼3/19(日)
11:00  そば祭り                 [体験交流館]

 大盛況でした。村内外から多くの方が来られ、私が並んだ時は1時間待ちでした。かんざらしのそばと地元で採れた菜種油を使用した天ぷらがセットで1、000円。「安くて、美味しい」との感想でした。今回のイベントにボランティアとして、研修に来ている中国人3名の方々にお手伝いを頂きました。日本の文化を知るのにとてもいい機会であったと話されていました。そば打ち名人(自称)やお手伝いの皆様ご苦労様でした。

▼3/20(月)
12:30  杉光歯科医師来庁           [村長室]

 ブルーな一日であった。非情な自分に驚き、身震いした。これも仕事だ。

 
[PR]
by endo_yuko | 2006-03-21 08:19 | Comments(3)
三月定例議会
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
3/10(金)
 9:20  3月定例議会

 平成17年度の補正予算、条例改正、平成18年度一般会計予算など34議案を提案しました。18年度予算は、一般会計22億6,624万3千円、特別会計を含めて総額35億7,425万円となります。基本施策は次の通りです。ポイントのみお知らせします。
①、行財政改革
   行政コストの削減として税務職員の特殊勤務手当ての廃止、村長・教育長特別職員報酬   15%カット、管理職手当て15%カット、交際費減額(村長交際費54万円)、各種委員数減   少、旅費・費用弁償の縮減
②、人材育成
   奨学資金を一般会計からはずして基金運用に変えます。
   学力向上のため進学塾との連携を予算化するため情報を集めます。
③、農林畜産業振興
   特殊栽培米への補助金、川内村産材使用住宅建設への補助金、森林ボランティア事業、
   エゴマ・菜種奨励
④、若者定住事業
   村営住宅建設
⑤、セフティーネットの構築
   防災ハザードマップ作成、携帯サイトによる有事の際の情報発信
⑥、やさしい環境つくり
   合併浄化槽・生ゴミコンポ補助、不法投棄監視員・清掃費計上
⑦、子育て支援
   保育所手数料減額
 スクールバスの購入
⑧、シルバー人材センターの立ち上げ
⑨、情報公開
   入札結果公開、村長交際費公開

 厳しい予算編成でした。しかし合併しないと腹を決めた今、この厳しさも我慢しなければならない。それより開き直ったときのような例えようがない変なパワーが湧いてくる感覚は実に面白い。川内村は水、空気、食や国土保全といったこれまでの役割に加え、新たな価値観の下、Iターン者や団塊の世代の人々を受け入れている。それは同時に村民を元気付けている。一極集中が飽和状態になっている今、人々の目は少しずつではあるが地方に注がれつつあるのではないだろうか。
 今後、「顔が見える規模」というものが最大の売りになっていくに違いない。小回りの利く行政やスピード感溢れる行政サービスを前面に打ち出していくことが川内村のCS戦略であり経営戦略である。

▼3/11(土)  休会
▼3/12(日)  休会

▼3/13(月)
10:00  川内中学校卒業式
 
 36名の卒業生が巣立っていった。規律があって、後輩たちの奏でる音楽があって、厳粛でありながら感動する心があって、おそらく普段の学校の雰囲気が作り出しているのかもしれない。卒業式は一つの節目であるがゴールではない。これから未知なる世界に向うスタート地点だ。
ダサくてもかっこ悪くても、自分なりの哲学を持って周りに流されることなく、自分の信じる道を歩むことが勇気のある生き方だと思う。情報が氾濫している社会の中で判断に迷うことがあると思う。そんな時、人間としてどうなのか、いいのか悪いのか、判断基準をしっかり身につけてほしい。この3年間の思い出を大切にしながら、新たな夢に向ったつき進んでほしい。

そう話した時に目頭が熱くなった。

真剣な眼差しで話を聞いている彼らを前に熱いものを感じた。羽ばたいていく彼らがいつでも戻ってこれるようにな、戻ってきたくなるような故郷を残していくことが私の仕事である。

13:00  議会協議会(予算説明)
18:30  西山家通夜

▼3/14(火)
 9:00  議会協議会(予算・条例改正説明)
12:00  西山家告別式

▼3/15(水)
 9:00  議会本会議

 提出34議案全て原案通り可決された。18年度予算運用については議員各位より数多くのご提案を頂戴した。真摯に受け止め予算執行していく覚悟である。また、今回の議会より職員にも研修として3~4名程度傍聴する機会を与えた。彼らの感想を聞いてみると、「ピリピリとした緊張感が伝わってきた。管理職が質問に対して即答している姿は凄い。当局と議員との視点の違いを認識した。想像以上に緊張した。」と言っている。刺激を受けたことには間違いない。今後も職員傍聴は続けていく。

 今回の議会を最後に一人の女性管理職が退職する。本会議最後に退任の挨拶をした。「38年間無事勤めさせていただき感謝している。特に、この1年間は公民館長・生涯学習統括管理職として今までにない経験をした。それは38年間のうち一番充実した1年間であり感謝している。」と話した。救われた気持ちになりまた泣いてしまった。

いろいろあったが勉強させられた議会でした。感謝
   
 
[PR]
by endo_yuko | 2006-03-12 19:30 | Comments(0)
注目?
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼3/5(日)
 8:00  春季火災予防パレード出発式   [役場前]
 9:20  川内村婦人会総会      [コミュニティーセンター] 

 2月5日、二本松で「男女共生ふくしまサミット」が開催され、千葉県・堂本知事、鳥取県・片山知事、そして本県の佐藤知事、三県知事による共同アピールが発表された。それによると少子高齢化社会が進む中で、男女共同参画の推進がこれからの時代を切り拓くキーワードだと言っている。また、第2次男女共同参画社会基本計画の中に、男女平等という文言が使われている。まさしくその通りだと思うがあえて言わせていただくなら、「男女共同参画」「男女平等」と言う言葉が死語になった時はじめてフラットの関係になるのかもしれない。
 一極集中が飽和状態になりつつある現在、価値観の多様性により人々の目は少ずつではあるが地方に注がれつつある。また大量生産、大量消費といった20世紀型経済が曲がり角に来ていることは自明の理である。大より小、集中より分散、都会より地方といった価値基準が見直されてきている。このような時、婦人会は地域のコーディネーターの役割を期待されている。
自分自身を高めレベルアップしていくことが川内村の地域力を上げていき、結果として地域振興に繋がると信じている。麗しき団結の下、組織の拡充を図っていただきたい。

13:30  川内村職員(主任ケアマネ)採用面接試験 [会議室]
       川内村社会福祉協議会嘱託職員採用面接試験
                〃     登録職員採用面接試験

▼3/6(月)
13:30  公立双葉准看護学校卒業式       [双葉]
17:00  職員会議                  [大会議室] 

 今月注目すべきことは二つ、一つは3月28日に行なわれるイスラエルの総選挙、シャロン首相のガディマが勝利してパレスチナのハマスと和平に向けて交渉するのかどうか。またパレスチナ評議会選挙で、60%近い議席を獲得したイスラム原理主義組織ハマスが国際社会の認知を受けることが出来るのか、3月28日は世界が注目する。
 二つ目は財政係の三瓶祥恵さん、従来の予算書が来年度予算書から大きく変わる。私の一寸したアドバイスから誰が見ても一目で理解できる予算書を作ってしまった。凄い予算書だ。3月10日には出来上がる。ぜひ注目していただきたい。

▼3/7(火)
10:00  入札                     [大会議室]
10:20  双葉郡婦人会連合会長来訪        [村長室] 

▼3/8(水)
13:30  大智学園理事長来訪            [村長室]
16:00  (株)あぶくま川内伊藤社長来訪     [村長室] 

 先月就任した新代表取締役社長・伊藤善造氏が挨拶に来られました。伊藤社長は浪江出身ですが、以前川内村商工会の指導員として務められていた時があり、私などが大変お世話になった方です。現在も続いているきのこ祭りの仕掛け人でもあり、商工会青年部の面々がいろいろ指導していただきました。今回縁あって再度川内来られ、今後の会社運営に参画することになったそうです。私としても村の立場や今までの経過を説明し、力を貸していただくことをお願いしました。利用者に愛され、楽しく働ける職場にしたいと抱負を述べられました。4月から新たなスタートをきる考えでいるようです。期待してください。

▼3/9(木)
 9:30  (株)あぶくま川内来訪           [村長室]  
11:00  小林家告別式  
13:00  定例議会事前打合せ            [村長室] 

 明日(3/10)から3月定例議会が開催され、来年度予算についての審議があります。一般質問者は2名です。時間が許される方はぜひ傍聴に来てください。            


       
[PR]
by endo_yuko | 2006-03-06 16:11 | Comments(9)
富岡高校川内分校卒業式
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼3/1(水)
 8:20  社会福祉協議会辞令交付       [ゆふね]

 4月の制度改革に伴って、この時期での人事移動辞令交付をしました。ケアマネの3人体制は利用者にとってきめ細かなケアプラン作成に繋がり、ディサービスも充実してくると思います。ディサービスセンターの生活相談員に若い職員を登用し、責任のある立場で仕事をしてもらうつもりです。今回の移動にはそれぞれ兼務辞令も併せて行い、一人二役、三役こなしていかなければなりません。今後の社会福祉協議会の在りようが見え隠れしているようです。

 9:30  定例庁議
13:30  富岡高校川内分校卒業式

 今年は26名の卒業生を見送りました。村外から通学していた卒業生に心から感謝いたします。彼らが生まれた昭和63年はバブルの絶頂期であり、いいこと尽くめのような錯覚に捉われた時代でした。急激な社会の変化は想像できなく、時代に翻弄され、彼らにとっても心と体を惑わすだけの時代であったかもしれない。しかし今、目の前にあるのが現実です。この現実にどう対応、適応していくかは自分自身で判断し決めていかなければなりません。そのためにも自分自身の人生観、価値観、世界観を確立してほしいと思います。
 教育は社会的要請に応えうる理念の上に成り立つものです。その理念を実現するための教育が、この川内分校でなされてきたものと信じています。この分校で身に付けた優しさ、強さ、そして尊い思い出は、きっと皆さんが悩み苦しんだ時に新たな一歩を踏み出す勇気を与えてくれるに違いありません。自信を持って突き進んでください。 おめでとう

16:00  電源振興協議会           [華の樹]

▼3/2(木)
13:30  教育特区私学審議会    [コミュニティーセンター] 

 大智学園高等学校の4月開校に向け、文部科学省に設置届を提出し受理されたのを受けて、最終的判断をお願いするために審議会を開催してもらいました。いよいよって感じ、ウフ。

13:45  確定申告職員激励       [コミセン]
14:00  国保運営審議会         [会議室] 

▼3/3(金)
11:00  グループホーム「高原の里かわうち」開所式典

 (有)T&T代表取締役河原敏郎さん初め関係者の熱い思いとご努力によって、村内で初めて民間の認知症グループホームが誕生しました。恵まれた環境とゆったりとしたスペースは利用者に喜ばれると思います。また、ユニットの配置、プライベートルームの広さは人間の尊厳を保つうえで十分ニーズに応えた施設です。村の福祉施設ゆふね、社会福祉協議会と連携を図り、福祉行政の一躍を担っていただきたいと思います。

14:00  双葉廃棄物処理公社臨時取締会     [大熊]
15:30  富岡川内分校教育懇話会        [川内分校]

 
 
[PR]
by endo_yuko | 2006-03-04 13:51 | Comments(4)