以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2011年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
婦人消防隊が受賞
d0003224_1682656.jpg

第63回日本消防協会表彰式において、本村の婦人消防隊が防火思想の普及と地域防災への貢献が認められ表彰され、併せて表彰旗が送られた。猪狩婦人消防隊長が代表して式に出席した。
[PR]
by endo_yuko | 2011-02-28 22:15 | Comments(0)
第15回芸能大会
d0003224_11563954.jpg
d0003224_11583693.jpg

中国に「10年偉大なり、20年畏るべし、30年歴史となる」、という言葉がある。継続することの大切さを教えた言葉ですが、本村の芸能大会も15年の歴史を積み重ねてきた。趣味や特技は人生を彩る一つの要素であり、幾つになってもチャレンジする人は若々しく感じますね。
[PR]
by endo_yuko | 2011-02-28 21:54 | Comments(0)
双葉地方広域圏組合議会
d0003224_1532065.jpg

管理者として最後の議会でした。3年半なんとか広域圏管理者を務めることができたかな。議員はじめ職員のサポートに感謝ですね。クリーン双葉の一般廃棄物処理への用途変更や環境汚泥センター新設、病院統合問題、消防関係インフラ整備など、方向性を示すことが出来てホッとしています。お世話になりました。
[PR]
by endo_yuko | 2011-02-28 21:03 | Comments(1)
双葉地方救急医療懇話会
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼2/21(月)
 8:45  入札                  [大会議室]
10:00  ふれあい交流会(上川内方部)    [ゆふね]
13:00  決済                    [村長室]
17:30  富岡高校長来庁

▼2/22(火)
 8:45  副村長打合せ               [村長室]
10:00  小野町病院理事会            [小野町]
13:30  企業局                    [県庁]
14:00  福島県総合事務組合議会      [自治会館]
15:00  病院局
15:30  福島県町村会役員会
18:00  森林整備センター所長懇談会

▼2/23(水)
 9:30  県商工労働部企業誘致理事要望    [県庁]
10:30  福島県町村会総会            [自治会館]
12:30  福島県国保連合会総会
14:00  県総務部長要望              [県庁]
14:30  後期高齢者連合会運営委員会  [福島テルサ]
15:30         〃    議会
18:30  決済                     [村長室]

▼2/24(木)
 9:00  農村振興課長打合せ            [村長室]
11:00  決済
15:00  社協古内来庁
16:00  (株)ニーズ来庁
18:30  双葉地方救急医療懇話会       [浪江・如水]

郡内の医師会、看護師会、広域圏消防関係者が集い、郡内の救急医療活動について報告し、県病院局からは、多目的医療ヘリの運用について説明があった。
昨年の救急搬送は2,454人、その中で101名が心配停止状態での搬送。そしてその内6名が社会復帰している。しかし、依然として圏外搬送が37%、また所要時間60分以上が全体の27%を占めているなど、今だ双葉郡の救急医療体制は大変厳しい状況にある。

このような状況の中で県立大野、双葉厚生両病院の統合が進み、4月からJA厚生連による新たな中核病院がスタートする。新病院には救急医療センターが設置され、多目的医療ヘリが配置される予定。従来の輪番制による二次医療機関と連携することによって収容率のアップに繋がると期待している。

▼2/25(金)
 8:45  副村長レク                 [村長室]
10:00  双葉地方広域圏議会        [双葉地方会館]
11:00  双葉郡議長会議
11:20  町村長会議
13:00  双葉郡緑化推進協議会総会
15:00  総務課長打合せ             [村長室]
16:00  東京技営来庁

▼2/26(土)
10:00  社協登録職員面接            [ゆふね]
13:00  スポーツの里モニター歓迎会       [天山] 

日本ダンススポーツ連盟の首都圏館員約60名がJビレッチを訪れた。電源地域振興事務所「スポーツの里」事業の一環で、交流人口の増加を目的にモニターツアーを実施した。本村には、天山文庫や「あれこれ市場」
を見学し、蕎麦処「天山」で十割そばやワラビの白あえを賞味していただいた。参加者は、本村の豊かな自然と打ちたて蕎麦の美味しさに驚いていたようだ。

▼2/27(日)
 9:30  第15回川内村芸能大会         [コミセン]

▼2/28(月)
 9:00  定例庁議                  [会議室]
11:30  保健福祉課長打合せ           [村長室]
13:30  婦人消防隊長来庁 
14:00  交流施設指定管理審議会        [会議室]  
14:30  決済
17:00  職員会議                  [大会議室]
18:00  秋元家通夜                [JAふるさと]
         
[PR]
by endo_yuko | 2011-02-28 20:55 | Comments(0)
高齢者ふれあい交流会
d0003224_1514161.jpg

歳末助け合い募金を財源に、高齢者が健康で日々の生活を維持できることと、高齢者同志の交流を目的に音楽体操が行われた。参加者は松村真由美講師のリズムに合わせて体を動かしていました。寒い日が続くとどうしても家に閉じこもりになってしまいますね。家の中で椅子に座りながら出来る体操も紹介されました。
[PR]
by endo_yuko | 2011-02-28 20:02 | Comments(0)
ふるさと川内会・かわうち応援大使
d0003224_1833501.jpg
d0003224_1834193.jpg

本村出身者で首都圏在住の故郷川内村を応援してくれる方々を対象に、今年6月頃「ふるさと川内会」を発足する予定。そのための準備会を新宿「かわうち」で開催した。
また国土交通省の地域づくりインターン事業で、川内村を訪れ田舎暮らし体験されたメンバーを、「かわうち応援大使」に任命した。今後機会あるごとに本村の文化、歴史、豊かな自然環境、特産品を全国にPRに努めていただき、イメージアップと観光振興に協力してもらいたい。
[PR]
by endo_yuko | 2011-02-21 18:34 | Comments(0)
猪狩 覚さんの送別会
d0003224_18243335.jpg

総務課猪狩 覚さんがこの3月で定年退職する。村職員17年間、その前は広域圏消防職員として勤務していた経験がある。いつも安全運転で目的地に時間通り運んでいただき、車の中は僕のストレス解消の場だった。本を読んだり、資料に目を通したり、時には心地よい運転のためにうとうとした時もあった。7年間のお付き合いですが、僕の愚痴を背中で聞いてくれていました。心から感謝です。
[PR]
by endo_yuko | 2011-02-21 18:33 | Comments(0)
アイガモ肉の開発発表会
d0003224_18234712.jpg

有機農業を推進している双葉地方では、アイガモによる雑草・害虫駆除を行ない安全安心な米作りに取り組んでいる。本村でも秋元美誉氏が郡内で最初に取り組み高い評価を受けている。しかし、除草などの役目が終わったアイガモの処理については課題があり、アイガモ農法の普及が進まない要因の一つとなっていた。そこで、これまで農家が個々に取り組んでいたアイガモの食肉加工について、組織的に実施することでコスト縮減につとめ、商品化することによって販売体制を整備してきた。
加工食品は燻製、ジャーキー、肉団子、ももロールの4種類。今回リフレ富岡で試食会が行われ、アイガモ肉の美味しさを満喫した。今後郡内の食堂や旅館などでコース料理として提供していく考えだ。
[PR]
by endo_yuko | 2011-02-21 18:24
遠藤定一統計調査委員に感謝状
d0003224_18222958.jpg

統計数値は今後の行政運営や政策決定において欠かせない基礎データーです。その大切な業務を10年以上関わってこられた遠藤定一氏に、知事感謝状の伝達式が行なわれた。
[PR]
by endo_yuko | 2011-02-21 18:23 | Comments(0)
JR東日本に要望活動
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼2/12(土)
17:00  吉田 泉衆議院議員「新春の集い」    [いわき市]

▼2/13(日)
 8:00  吉田栄光県会議員事務所開き       [浪江町]

▼2/14(月)
 9:00  副村長打合せ                 [村長室]
10:00  毎日新聞社来庁
10:20  遠藤定一氏統計調査委員感謝状伝達
10:45  西山一四氏来庁
13:30  テレビユー福島来庁
15:00  福島民報社来庁
15:30  東京電力・カーボンオフセットプラバイダー来庁

▼2/15(火)
10:00  ふれあい交流会(下川内地区)        [ゆふね]
16:00  決済                        [村長室]

▼2/16(水)
 9:00  農村振興課長打合せ             [村長室]
13:30  FSK来庁

▼2/17(木)
10:45  JR東日本水戸支社要望活動         [水戸市] 

上野から仙台までを通る常磐線が、昨年12月JR東日本から、新型特急車両の導入に伴い、直通特急列車が2012年に廃止されいわき駅で乗り換える、と発表された。これが実現されると、いわき駅以北に乗降する利用者は、荷物を抱えながら乗り換えしなければならなくなる。

双葉地方は首都圏に電力を供給する全国有数の原発立地地域、国策として推進している。更にスポーツの拠点としてJビレッチや、8ヶ町村の伝統文化・観光資源を有し、首都圏からビジネスマンや観光客が多く訪れる。計画通りになれば、首都圏と相双地方とを結ぶ特急列車の利便性や快適性が低下するのみならず、企業誘致や観光産業の振興、原子力地域の振興にも影響を及ぶものと危惧している。そこで常磐線上野~仙台間の直通特急列車の継続運行と、現行特急列車の運行便数の維持を要望した。

しかし、原発、火力発電所、Jビレッチ、相馬港、相馬野馬追い、交付税不交付団体があって、現時点でこのような要望活動をしなければならないのは実に悲しい。高速道路も2014年にやっとようやく仙台まで開通、6号線もまだ2車線のまま、JR常磐線は単線ときている、中核病院もこれから……、言いようによってはまだまだ伸びる余地があるということかも。
 
15:00  県選出国会議員要望            [議員会館]
19:00  県立医大大谷晃司准教授懇談

▼2/18(金)
 9:00  松本農振課長打合せ             [村長室]
10:00  相双建設事務所意見交換会         [会議室]
13:00  決済
16:00  双葉地方地場産品開発発表会      [リフレ富岡]
18:30  総務課猪狩 覚氏定年退職送別会

▼2/19(土)
16:00  ふるさと川内会発起人会       [東京・かわうち]
17:00  かわうち応援大使任命式            〃

▼2/20(日)
11:00  小田恵蔵偲ぶ会         [福島グリーンパレス]
[PR]
by endo_yuko | 2011-02-21 18:20 | Comments(0)