以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
第64回盆野球大会
d0003224_1481153.jpg
d0003224_1482279.jpg
d0003224_1483246.jpg


今年で64回目を迎えた夏季野球大会が郡山開成山球場で行われ、多くの村民が白熱したプレーを見せた。
「盆野球」と呼ばれ、戦後の混乱した社会情勢の中で村民の夢や希望を野球に託してスタートしたのがこの大会。先人の熱い思いや歴史の重み、野球への情熱を感じる。

今回の震災で村民は避難生活を余儀なくされ県内外に離散している。村を離れた村民の心を故郷に繋いでいる、その役割を果たしている一つがこの盆大会ではないだろうか。当初開催が危ぶまれていたが、郡山市や元巨人軍の中畑清氏の支援によって歴史を繋ぐことが出来た。

始球式には中畑清さんがバッターボックスに立ち僕がピッチャーを務めた。3球投げて結果は、サードフライ、ファール、ショートフライ3球全てで中畑さんを打ち取った。
[PR]
by endo_yuko | 2011-08-25 14:57 | Comments(0)
第33回須賀川釈迦堂川花火大会
d0003224_12404126.jpg
d0003224_12405162.jpg


須賀川市の計らいで避難生活をしている村民約230名が花火大会を見学した。2尺玉花火やメモリアル花火などで漆黒の空に大輪が咲いた。まぶゆいばかりの光の彩りと天空を突き破るような音とのハーモニーに思わず歓声と拍手。復興に向け1万発の花火が打ち上げられた。招待された村民も大感激でした。
[PR]
by endo_yuko | 2011-08-21 13:00 | Comments(0)
平成23年度成人式
d0003224_10561935.jpg
d0003224_10563745.jpg
d0003224_10562890.jpg

8月14日郡山市で31名の成人式を開催した。避難生活が長期化する中で成人式を開催すべきどうか悩んだが、一人ひとりが成人式という日の意義を考え、何をすべきか話し合える絶好の機会と捉え開催した。今川内村民は避難生活を余儀なくされているが、必ず戻れると信じている。戻れるための環境づくりに全エネルギーを費やしていく考えだ。村内全域のモニタリングと除染対策、雇用の確保、子供達の教育環境の整備、警戒区域住民のための住宅建設など全村挙げて難局に立ち向かっていかなければならない。自然豊かな凛としてたおやかな村をなんとしても復活させる、そのために新成人31名の若い力は不可欠だ。
新成人としての感激と両親への感謝の気持ちを忘れることなく、新しい時代の担い手として可能性に挑戦していってほしい。おめでとう!
[PR]
by endo_yuko | 2011-08-21 11:29 | Comments(0)
緊急時避難準備区域の解除
8月6日、細野大臣との意見交換会の席上大臣自ら、原発から半径20㌔~30㌔圏内の緊急時避難準備区域の解除を明言した。今後1ヶ月をめどに除染対策を含めた復旧計画の策定を条件に、9月上~中旬にも5市町村一斉に解除することを決定した。この5市町村の中に当然川内村も含まれている。しかし区域解除が即帰村とならないこと、そのために時間が必要であることを理解してほしい。

国が行う「緊急時避難準備区域解除区域の解除」宣言により、本村における放射能汚染状況を詳細に確認し(既に実施されて今月中には公表)、除染するために、放射性物質や除染方法に関する専門家や専門医による科学的医学的見解を示し健康被害の無い状況を確認出来た後、更に原子力発電所事故の収束後(放射性物質の飛散や水素爆発等の危険性が無いこと)に、村民の意識確認や意見交換会を行いたいと考えている。

帰村対象者は、全村民を対象とするが、乳幼児や妊婦及び児童生徒などの放射線量による被害が受けやすい方々については、村としてそれらの方々を受け入れる環境が整い次第に帰村を促していく。しかい帰村するかどうかはあくまでも自己判断を尊重していく考えだ。村内の一部には「警戒区域」が存在するため、この地区の方々については、「緊急時避難準備区域」の方々とは異なり、自宅への帰宅が難しいため、村として一時的な居住地となる仮設住宅(復興住宅も含む)を村内に整備していきたい。

除染作業が全ての復興のスタートであると考えている。国が最後まで実施主体として責任を負うことは当然であるが、当該自治体としてやれることは積極的に関わっていく考えである。そうしなければ何時まで経っても戻れないことは自明であり、自分達の村は自分達で再生していくつもりだ。国の専門チームや民間のノウハウなどあらゆる手段を講じて、考えられる可能な限りの方法で全村あげて除染に取り組んでいく考えだ。

現在除染計画を含めた復旧計画策定に取り組んでいる。策定作業の中で最大の問題は放射性廃棄物の置き場(処分場)の問題。本来は、除染に使用し排出された廃棄物を国又は県において処分先を指定しなければならないが、現在具体的な指示が無い。今後国は早急に結論を出す必要がある。

[帰村のための検討事項]
1.子供に対する放射能汚染による健康被害からの防御策の実施
2.公共機関(学校含む)の放射能汚染状況の確認と機能確認の公表
3.地下水及び河川水等の汚染状況の確認と安全性の公表
4.田畑、山林等の汚染状況の確認と労務作業の可否の公表
5.村内農産物及び山菜・川魚等の摂取の安全確認と公表
6.避難道路の現況確認と村民への周知
  (国道399線、小野富岡線、大越富岡線の整備など)
7.帰村者の緊急時避難手段(交通手段含め)の構築
  (避難マニュアルの作成と村民への配布)
8.公共交通機関の整備
  (川内から中通り・いわき地区への運行)
9.「雇用の場」の提供
10.高齢者に対する医療及び福祉活動の実施
11.国保診療所及び歯科診療所の再開
12.震災及び原子力災害による村民住宅の被害状況の確認
13.帰村前の村民の健康状態の確認と帰村後の健康状態の継続的な管理
14.日用品(燃料・ガス含む)の供給と購入価格の確認(店舗の営業確認)
15.仮設住宅の建設検討
  (必要戸数、建設地必要面積、建屋面積確認、村営住宅の活用等)
16.川内小中学校の再開と教職員の復帰(教員の宿泊対応含む)
17. 子供の教育環境の充実
   (高校進学に向けた高校の設置、かわうち寮の設置の検討を含め)
18.放射能汚染状況による除染作業の実施
19.村内における放射線量の監視体制の設置
20.東京電力福島第一原子力発電所事故の収束状況の確認と情報収集
21.村民に対しての帰村に関する住民説明会の実施

[帰村に当たっての村民に対する生活安定策]
〇 教育分野(子供に対する放射線量被害対策と教育環境の整備)
  かわうち保育園や小中学校などの児童・生徒を放射能汚染被害から守る対策として校舎や校庭、通学    路、公園などの除染や給食・飲料水への安全確認
  (放射能測定…測定器を設置する)
*自宅(建物及び敷地)の線量確認と除染
*児童・生徒に対する放射性物質に関する学習教材の提供と教学
*保護者・教職員等への放射性物質による健康被害に対する知識習得のための講習会実施
*保育所・小中学校等への外気遮断型の冷暖房設備の設置
*各教育施設における屋外活動の適否の判断
*小中学生及び高校生への学習補助(かわうち塾等)の強化
*子供たちへの細やかな送迎スクールバスの運行
*村外高等学校通学者への通学補助(補助金・通学バスの運行・学生寮の設置)
*各種奨学資金の内容充実(金額の増額、奨学資金の用途の検討(給付・貸与))
* 中学生への高校進学にあったての進路対策(県教育委員会との調整)

〇福祉分野
* 要介護者や高齢者への緊急避難時の応対マニュアル作成
* 乳幼児や妊婦に対する放射能被害の防護策の周知
* 高齢者世帯やひとり暮らし世帯、生活保護世帯等への巡回訪問の実施
  (村民の意思確認により、仮設住宅への移転を含め検討を行う)
* 要介護者への即急な介護認定体制の復旧(広域圏組合とのシステムの再構築)
* 特養施設等の建設
* 福祉バスの運行(村内外への移動手段として)
* 村民に対する娯楽的活動の提供推進(生活圏域の違いによる孤立感等により)
* 葬儀開催場所の確保(一揆組合機能の再開)
* 火葬場の確保(広域圏組合及び近隣自治体との協議調整)

〇医療分野
* 原子力災害の避難生活によるメンタルケアの実施
* 放射能汚染による健康被害の調査(専門医療機器設置による診療所での実施)
* 放射能による内部被ばくの測定機器の設置
* 放射能被ばく及び医療行為の他専門医療機関との連絡通信網の整備
* 病気やケガ等に対する救急搬送や医療機関の充実
  (相双・いわき圏域への移動難により)
* 医療バスの運行(村内外への運行)

〇産業分野(雇用の創出)
*災害前の事業者(土木・畜産・縫製等)に対する帰村後の事業再開の見通し確認
* 農業・林業等の屋外作業の実施有無の判断と安全性の確認
  (村内生産物の販売先確保の検討)
* 通勤用道路の確保や道路改良工事の実施
* 川内村役場における緊急的な雇用の実施
* 震災がれき除去作業及び福島第一原発の復旧・廃炉作業への従事の斡旋
  (ハローワーク的な役目)
* 製造業など民間企業誘致

〇廃棄物分野
* 日常生活から発生する廃棄物(ごみ・し尿)処理(広域圏組合との調整)
* 各世帯における除染作業後の放射性廃棄物の取扱いマニュアルの作成
* 各家庭における浄化槽設備及び農業集落排水処理設備の被害確認と補修
* 農作業及び林業による除草作業や畜産業から発生する廃棄物処理

〇消費分野
* 日常生活における食糧品等の生活必需品の村内における供給先の確保(価格の安定含め)
* ガソリンスタンドの稼動と価格の安定化
* LPガスの安定供給と価格の安定化
* 川内村内産山菜等の消費についての安全性の確認


〇帰村対応分野
* 帰村対応窓口の設置
* 帰村者の状況確認
  (どこから・いつ・何人で・どなたが・どのような方法で)
* 川内村への役場機能の移転と仮設役場機能の考え方
  (帰村状況に応じた村役場機能の考え方をまとめ、村民に周知し対応する)
* 帰村後の行政サービスの検討
  (福祉・教育・産業等を初めとした対応を検討するため)
* 未帰村者への支援策の検討
* 仮設住宅の建設(帰宅出来ない方々への支援
 (20㎞圏内の方々及びホットスポット地点)

〇警備防災活動及び避難準備体制の強化
*福島県警による盗難犯罪等への監視体制充実
* 広域消防による防災活動の強化
* 消防団活動による防災等に関する巡回活動の強化
* 自衛隊への緊急事態時の要請と対応
* 村内自治会の連絡体制及び助け合い体制の再構築
[PR]
by endo_yuko | 2011-08-21 10:44 | Comments(0)
生きていました
d0003224_1223286.jpg

仙台空港の側に実家がある大学の先輩が生きていました。震災の翌日(3月12日)福島市で開催される同窓会に出席するため、前日千歳から飛行機で来て仙台に泊まってから福島入りすると聞いていたので、てっきり津波にのみこまれてしまったのではと心配していた。大学時代同じ下宿屋でお世話になった先輩です。北海道庁前で生存確認。
[PR]
by endo_yuko | 2011-08-19 19:22 | Comments(0)
玄侑宗久氏講演会
d0003224_16483712.jpg


原発事故被災市町村議会決起大会で玄侑氏の特別講演がありました。災害後の人々の気持ちの流れ、蜜月期、幻滅期、再建期についてと、また氏は東日本大震災復興構想会議のメンバーであり、構想会議の報告も併せて話された。
[PR]
by endo_yuko | 2011-08-13 17:06 | Comments(0)
原監督
d0003224_16273651.jpg
d0003224_16274910.jpg


川内中学校3年生の修学旅行日程に東京ドームでの野球観戦が計画されています。なんとか励ましてほしいと、あづま球場に来た原監督と相馬市出身の鈴木選手にお願いしてきました。当日ダックアウトでの試合前練習とセレモニー見学、さらにジャイアンツ選手とのハイタッチが実現しました。

3年生は全員で19人、その内9人が郡山市内の逢瀬中学校で間借りしている。10名が県内外の学校に転校し、その内7名が修学旅行に参加。鈴木選手と記念撮影、「震災に負けるな」と励まされてきました。
[PR]
by endo_yuko | 2011-08-13 16:35 | Comments(0)
ポロシャツ!
d0003224_16233150.jpg
d0003224_16234294.jpg


モリタロウがプリントされたポロシャツを頂きました。
[PR]
by endo_yuko | 2011-08-13 16:26 | Comments(0)
プジョー・シトロエン・ジャポンから車の支援
d0003224_16362334.jpg


プジョー・シトロエン・ジャポン(株)から車の寄贈がありました。「フランス国は日本の震災に国を挙げて支援していく。プジョー・シトロエン・ジャポンとしても一日も早い被災地の復興のために全力を挙げて支援に取り組んでいく」とコメントしています。
[PR]
by endo_yuko | 2011-08-12 19:36 | Comments(0)