以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
紅白歌合戦出場する渡辺俊美さんから
d0003224_159734.jpg


コンサートの収益金とファンからの義援金を合わせていただいた。年末恒例NHK紅白歌合戦に猪苗代湖ズのメンバーの1人として出場する。未だ警戒区域にある川内村毛戸出身渡辺俊美、ガンバレ!
[PR]
by endo_yuko | 2011-12-10 15:42 | Comments(0)
ホールボディカウンタのすすめ
d0003224_1431574.jpg


チェルノブイリ原発事故視察研修で訪ねたベラルーシ南部コマリン地区病院での内部被爆検査を実施している様子で、検査を受けているのは団長の清水福大副学長、5分ほどで結果が出た。簡易検査機器であまりバックグランドを気にしている様子もなかった。このようなホールボディカウンタなら本村の診療所でも購入することができる。

内部被爆の最大の要因は食物からの摂取、被爆を疑われる人たちの健康管理や、避難生活を余儀なくされた住民特に子供たちの健康診断とその継続は重要。ベラルーシでは学校の長期休暇に合わせて、子供たちを放射線の影響が少ない所で休みを取らせるサナトリュム制度がある。今年実施したように夏休みなどを利用すれば、川内の子供たちを北海道や沖縄での健康診断や体験学習も可能だ。

現在本村では、希望者全員にホールボディカウンタによる内部被爆検査を実施している。18歳以下の子供たちは全員終了、18歳以上の住民につては、かわら版でお知らせしている通り、連携している平田中央病院で受けられるようになっている(予約制で現在来年1月末まで予約で一杯)。
[PR]
by endo_yuko | 2011-12-10 15:02 | Comments(0)
知事要望
d0003224_1341697.jpg


一つは、緊急時避難準備区域解除に伴い、本村では来年3月までに帰還を進めるにあたり、本年9月より月額10万円が補償されるが、帰還すれば支払いできないことになれば、帰還する住民は少なくなることが予想される。帰還住民への継続と、そのことによる整合性を図ること。

二つ目は、森林の除染を促進するため木質バイオエネルギー事業の実施と、それに対する復興交付金の活用、更に森林除染に必要な経費の助成。

三つ目は、帰還したときの交通手段の確保として、小野町の小野町駅へ通じる路線と田村市船引駅に通じる2路線の乗り合いバスの運行実現とその運行経費の補助。

その他、雇用の場確保として進出を希望している企業への支援事業や、緊急雇用助成制度の導入、除染作業へのアドバイザー支援を要望した。
これに対して知事から、精神的損害については帰村した住民が損をしないよう国に強く要望していく。バイオマスエネルギー事業には復興交付金を使えるよう検討する。路線バスについてはそれぞれ県としてもアドバイスしていく。更に雇用の場を確保するための支援事業・制度については要望を取り入れていく考えであり、川内村が帰還できるよう県としても最大限バックアップしていくと励まされた。
[PR]
by endo_yuko | 2011-12-10 13:48 | Comments(0)
除染作業
d0003224_11405350.jpg


川内小学校の除染作業の一場面です。木質デッキはかなり手ごわいようですが、お湯による高圧洗浄方法などを試しています。現在保育園と小中学校の除染作業が佳境に入り、12月6日小学校校庭表土上0.17マイクロシーベルト、室内は200カウントと低く科学雑巾などで拭き掃除を実施している。中学校は建物の内外、校庭表土剥ぎが終わり間もなく終了する予定。保育所は校庭の表土剥ぎ、法面の除草と伐採、落葉集め等を実施している。

下川内地区(5,6,7区)の民家の除染作業は説明会を実施し、すでに約15億円で発注済み。工程会議も終わり現在各世帯の詳細モリタリングを実施、12日から各世帯立会いの下作業方法などの確認作業を実施予定。上川内地区(1,2,3,4区)は、14日から始まる定例議会で補正予算を計上し、議決後入札を実施し、年末から年初めにかけて契約する予定。業者が決定するば子どもがいる家庭を優先的に除染を進めてもらう。

放射能汚染をゼロにすることは不可能だが、健康への懸念を医学的に心配する必要がないレベルまで下げることは、現在の川内村の状況ではかなりの範囲で可能だと思う。どのレベルまで除染すればいいのかは、様々な意見があるのでまだまだ議論が必要だと思う。除染作業の主体はあくまでも国であり、財政面や方法論、専門的な人員について国の責任で担保しなければならない。

しかし、除染をして一日も早い帰村・復興を望むなら国や県だけに任せて置けない。住民の皆さんの理解と積極的な参加が不可欠だと思う。自分の家や自分が住んでる地域は自分で守る、ことが大切。戻れない理由を100個並べるより、戻れるために1つでも自分でできることを実践していくことのほうが重要ではないだろうか。
[PR]
by endo_yuko | 2011-12-08 18:52 | Comments(1)
積算線量1ミリシーベルトを目指して!
d0003224_16302184.jpg
d0003224_16303740.jpg


一般村民向けに帰村や除染の説明会・懇談会を開催。更に保育園・小中学校・高校生保護者を対象とした懇談会も実施している。全ては現在村を離れ全国各地に避難し、仮設や借上げアパートなどで辛い不自由な生活している村民が、3・11以前の生活を取り戻すことが重要と考えている。中にはもはや村内での生活を諦め、新たな土地へ移住し生活を始めている人たちもいる。その方たちにもできるだけ支援をしていかなければならない。しかし、多くの村民はふるさと川内村に戻り元の生活を再生することを強く望んでいる。その思いを叶える為には、何よりも放射線レベルを健康被害が及ぼさない範囲まで下げる除染が大切。

説明会や懇談会で、「年間積算線量1ミリシーベルト以内でないと帰らない」という意見があった。いつの間にか数字が独り歩きしている現実を突きつけられた。文科省によると1ミリシーベルト以下は努力目標、限りなく1ミリシーベルト以下を目指すと言っている。細野原発事故担当大臣・環境大臣も同じようなことを発言しているし、専門家の間でも、被爆限度である年間1ミリシーベルトを目指すべきだ、という点で意見が一致している。数字が独り歩きし除染を進めている現場が翻弄されている。解消していくためには当然国の丁寧な説明が必要である。

11月26日ICRP福島セミナーに参加したが、その会議の中でジャック・ロシャール委員は「20ミリシーベルトまでの幅をとっても健康への影響はまずない。住民の意見を踏まえ段階的に下げるべき」と言っている。また丹波京都大名誉教授は、「1ミリシーベルト以下にこだわるといつまでも故郷に戻れない」と話している。つまり安全基準の線引きの数値ではないと説明している。

チェルノブイリ原発事故の被害を受けたベラルーシとウクライナの健康調査によると、100ミリシーベルト以上の放射線ではがんになる確立が高まることが立証されている。しかし、100ミリシーベルト未満ではその因果関係は解明できていない。また12月5日日経新聞の科学技術欄によると、低線量被爆での健康被害に関する知見や研究事例が少なく、今後詳細な測定による放射線量や健康状態のデーターを積み重ねていく必要があると言っている。しかし線量に比例してリスクが上がると想定して、なるべく被爆を抑えることは重要だと付け加えている。
[PR]
by endo_yuko | 2011-12-07 17:48 | Comments(0)
馬車馬のように!
d0003224_16452741.jpg
d0003224_16454242.jpg


ブログ更新のため久しぶりにPCに向かっている。更新できなかったというよりブログを書きたくなかった、ということが正解。理由は様々なコメントやメールに少々ネガティブになったことと、あと多忙かな。一週間くらい前関東圏に避難している村民から、「ブログ更新していないから村の様子や現在の状況がわからない」とお叱りのメール。そうですね、自分ことばかり考えて大切なことを忘れていましたm(;_;*)mごめんなさい。


「走るのに疲れたら歩けばいい。  歩くの疲れたら休めばいい。   
 休むの疲れたら  また走り出せばいい」     
ある方から定期的に届くハガキです


これからは馬車馬のように働きます。
師走になった仮設役場の様子とがんばっている職員の面々です。
[PR]
by endo_yuko | 2011-12-06 16:48 | Comments(4)
チェルノブイリ原発調査団に参加
d0003224_132454100.jpg
d0003224_13251113.jpg
d0003224_1325371.jpg


25年前のチェルノブイリ原発事故でウクライナ、ベラルーシの国民は福島と同様の大惨事に遭遇し、大きな苦難を経験している。25年が経過した今原発の収束に向けてどのような作業が行われているのか、除染の方法はまたその結果は、健康被害の状況はまたその管理は、食品の安全性をどのように担保しているのか、情報発信と住民がどのように受け止めたのか、復旧・復興の状況は、などチェルノブイリ事故からから学ぶことは多い。

チェルノブイリ原発は黒鉛炉で格納容器が無い。構造上の問題と人為的ミスにより核分裂が暴走して起きた。事故が起きたのは4号機1基だけである。一方福島第一原発は軽水炉で格納容器があり4基の原子炉で事故が発生、自然災害が引き金となった。チェルノブイリ原発は高温で運転中に暴走、崩壊した炉心が空中にむき出しになり、放射性物質が空中高く舞い上がった。放射性物質の飛散を防止するため大急ぎで原子炉全体を覆う作業が進められ、2,500℃の高温になっている原子炉に砂やジャリ、鉛がヘリコプターなどで約5000トン投下された。かなり拙速な工事が行われ、後の検証では作業の進め方が疑問視された。

炉の炉心溶融物は炉の底さらに建屋床を突き抜け地階まで広がり、投下物が障害になり調査そのものが限定的となった。現在石棺の劣化が進み、1600億円掛け100年耐えることができる新たなシェルターで覆う計画が検討されている。しかし、燃料そのものの取出しにはなんら計画が示されていなく、根本的な事故収束には計り知れない時間と費用が必要になってくる。

チェルノブイリ原発は軍事用としてプルトニュウムの抽出も目的であり、構造上事故は起こるべきして起きた可能性もある。当時の最先端の科学と技術で建設された原発を、今最先端の技術で葬り去ろうとしている。非生産的な作業を永遠に繰り返さなければならない現実を目の当たりにして、なんとも複雑な気持ちになった。
時空を超えたものに対してもう少し謙虚であるべき。原発事故は人間のおごりそのもの。
にもかかわらず、ベラルーシでは原発の建設を決定し、ウクライナでは13基の原発を作る計画があるという。
25年も経つとすでにチェルノブイリは過去のものになってしまったのかもしれない。

今後、福島第一原子炉4基をどのように安全に解体していくのか、大変な作業になることは間違いない。チェルノブイリ原発のように短期的処方箋が優先させるようなことではいけない。長い時間が掛かっても内部の崩壊炉心や燃料を全て取り出し、恒久的に安全・安心なものにしなければならない。このことは廃炉に向けた計画段階から地元が参画していくことが不可欠である。なぜなら研究開発や事業実施などは、双葉地方の将来のあり方や地域振興の側面を有しているからである。

チェルノブイリ市内の記念公園に事故で消滅した自治体の名前が並んでいる。188本のプラカードが塔婆のように建っている様は他人事ではない。生まれ育った村の名前が書かれたプラカードの根本に花が添えられていたのが印象的であった。公園の片隅には、「FUKUSHIMA」と書かれたモニュメントがあった。既に
FUKUSHIMAは世界共通語になっていた。
[PR]
by endo_yuko | 2011-12-06 15:49 | Comments(2)