以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧
大雪です
d0003224_922540.jpg


21日から22日に掛けて川内村は大雪に見舞われた。僕の家の前で40センチありましたね。休日だったが村内土木業者に村内一円の除雪を依頼し、その後自分の家の前を雪はき。1時間半の雪はきで体はポカポカ、雪はきができる体力に一安心。

22日は1区住民対象に除染説明を予定していたので、前日環境省の福島環境再生事務所開所式後川内に戻った。雪の影響で予定していた時間を30分程度遅れで説明会を開催、住民からは里山や奥山の除染方法、一度除染してもまた線量が高くなるのではないか、植木や垣の除染、高圧洗浄による効果、アスファルト道路の除染方法などの意見が出された。
[PR]
by endo_yuko | 2012-01-25 19:23 | Comments(4)
住民懇談会開催
d0003224_9461237.jpg
d0003224_9463583.jpg
d0003224_947143.jpg

14日から10ヶ所で帰村に向けた住民説明会を開催してきた。村から帰村に向けた除染や企業誘致、農業再生のための水耕栽培、木質バイオエネルギーなどについて説明した。原子力災害現地対策本部と東電からはステップ2終了の説明、警戒区域の見直し、低線量被ばく、損害賠償について情報提供した。

懇談会の冒頭24年産米の作付制限を昨年に引き続いて実施することをお願いした。国では昨年産米の検査結果と村の考えを聞いて2月に判断する予定。村は耕作者や農業委員会の意見を踏まえ、作付を自粛する考えを伝えた。安全宣言後セシウムが検出され、さらに食品安全基準が100ベクレル以下になったことを受け独自に判断した。今後400か所のモニタリングを実施し詳細な汚染マップを作成していく予定。さらに40ヵ所程度の実証田を設け、場所の違いなどを調査する。当然補償についても確約をとっている。

作付制限を続けることで耕作意欲、労働意欲が萎えてしまわないか、そのことが気になっている。葉タバコも作付制限される方向であり、畜産と合わせて村の基幹産業が危機的状況になってしまう恐れがある。今年は新たな助成制度を立ち上げて、自分の田畑は自分で管理してもらう方向で検討している。不可能な農家については中山間事業体などにも協力してもらう考えです。
[PR]
by endo_yuko | 2012-01-23 18:42 | Comments(0)
福島環境再生事務所

d0003224_141368.jpg

環境省の福島環境再生事務所が開所した。細野大臣が、「厳しい環境にある福島にとって除染は希望であり、国が全ての体制を整備し除染のロードマップを今年度中に作成する。再生事務所を拠点に除染を進める」と話していた。

故郷への帰還にはなによりも除染が不可欠、再生事務所は除染活動を加速してくれるに違いない。現場の目線で取り組んでくれることを期待している。
[PR]
by endo_yuko | 2012-01-21 13:02 | Comments(0)
水耕栽培
d0003224_13324240.jpg
d0003224_1333092.jpg
d0003224_13331527.jpg


 放射線の影響で露地栽培が難しいことから水耕栽培に切り替え、基幹産業である農業振興の新たな可能性として計画している。すでにヤマト財団から3億円の支援が決定しており、先日岩手県住田町の野菜工場を視察してきた。密閉式室内での野菜栽培はこれまでの常識を覆すシステ、復興に向けた振興策に期待している。
有効性将来性を感じつつ、マネジメントできる人材の育成が急務であり事業の是非はそこに掛かっていると言っても過言ではない。
[PR]
by endo_yuko | 2012-01-20 13:44 | Comments(0)
川内へ迎える会が399号線要望
d0003224_13132437.jpg

住民団体川内村へ迎える会(代表秋元洋子氏)は、国道399号線をはじめ村内を走る基幹道路の整備促進を署名簿と共に県土木部に要望した。村は帰村に向けた取り組みを進めており、いわき市への通勤通学が増えることが予想されることから、399号線の早期改良が不可欠。県土木部長は、川内~いわき間のトンネル化を視野に入れながら改良に着手することを約束した。

 迎える会の会員はすでに帰村しており、これから戻ってくる村民のために環境づくりをしていく方針。「自分たちができることから一歩づつ」を理念のもと帰村に向け協力していきたいと話していた。
[PR]
by endo_yuko | 2012-01-20 13:31 | Comments(0)
義援金
d0003224_1303556.jpg

 雪の降る中わざわざ義援金を届けていただきました。現在まで多くの方々、団体から義援金をいただいております。皆様のお気遣いに心から感謝申し上げます。
[PR]
by endo_yuko | 2012-01-20 13:12 | Comments(1)
路線バス運行決定
d0003224_133779.jpg
d0003224_1332196.jpg


今まで常磐バスを利用して富岡町や大熊町に買い物や通院、通学や通勤していたが、原発事故により双葉郡内でのこれらの機能が停止している。そのため帰還後は従来の生活圏に代わり、田村市、小野町、いわき市、さらに郡山市等との新たな生活圏への変更を強いられる。このため国道399、小野富岡線、富岡大越線の早急な道路整備や新たなバス路線の開設が重要となる。

今回福島交通によるゆふね~船引間、新常磐交通によるゆふね~小野町間を要望してきた。その結果、現時点で船引間は3往復、小野町間は2往復の運行を4月から開始する意向だと会社側から回答があった。
[PR]
by endo_yuko | 2012-01-18 13:15 | Comments(0)
川内村の雪景色
d0003224_1919671.jpg
d0003224_19192461.jpg


住民懇談会のために村に戻った時の様子です。道路は郡山からアイスバーン、本来なら1時間15分程度で行くところ2時間掛かりましたね。すっかり雪景色に覆われ山眠る状況です。
裏の畑に立ち一面を見渡すと、生きとし生きるものすべてが冬の寒さにじっと耐えているように感じる。
「来ない春はない」、躍動するその時は必ず来ると信じている。
[PR]
by endo_yuko | 2012-01-18 12:49 | Comments(0)
消防防火祈願
d0003224_1917799.jpg

例年なら新年恒例の出初式が行われる予定だが、原発事故により今年はそれができない状況にある。早朝、消防団幹部員と共に上川内諏訪神社で今年一年の防火防災祈願を行った。幹部の中には避難所から駆け付けた団員もおり、凛とした空気の中で村の安全を願った。
[PR]
by endo_yuko | 2012-01-18 12:39 | Comments(0)
除染工程会議
d0003224_1682224.jpg

復興組合との除染工程会議に出席し、小学校や第3区集会所の除染作業を視察した。復興に向け最重点課題である除染については一定の予算を確保したが、方法手段は踏み出したばかりで、効率的な作業を進めていくためにはマンパワーが不可欠。

住民にとって最大の不安は故郷や我が家に帰還できるかどうかであり、除染を進めることが不安を克服する手段の一つであると考える。丁寧な作業を進めるためには業者だけではなく地域住民の参加協力が不可欠であり、かつ多くの人出が必要である。
[PR]
by endo_yuko | 2012-01-12 19:13 | Comments(0)