以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
吉田復興副大臣来村
d0003224_1918141.jpg

原発の事故により農用地が汚染され、基幹的産業である農林畜産業に大きなダメージを与えた。特に田畑作物の作付により収益を見込むことが極めて困難になり、農用地本来の活用に根本的な転換が求められている。
今後村では各種事業を展開して復興を果たすため、村全体の土地利用を見直すことが不可欠になる。迅速な復興を押し進めるため原子力災害による被災地域についても、「東日本大震災復興特別区域法」の土地利用許認可適用区域にするよう要望した。
特別区域法は、津波地域が対象で復興整備計画を作ることにより、農振地除外や農地転用の許認可を簡素化できる法律である。吉田副大臣は、「法律の解釈あるいは改正もあるので検討したい」と話していた。本県担当の若泉征三復興政務官も来村した。


~~~~~~~~~~~~~~~~~
原発事故によって、農林畜産業をどう見るべきかが改めて問われている。 企業進出のための工業団地化や住宅地として、あるいは再生エネルギーとして太陽光パネルを張り巡らすなど、さまざまな意見や提案があるのも事実。それを全否定するつもりはないが、それだけでは川内村の復興にならないのではないかと考える。

川内村の自然、気候、森、土壌、水、地形に合った農林畜産業は膨大な時間とお金、エネルギーを掛けて築いてきたもの。一瞬で危機的場状態になったが、これをないがしろにして本来の復興になるのだろうか?

例えばチェルノブイリ事故では除染についての考え方が日本とは全く違う。あれだけ広大な土地を目の前にして、おそらく全てを除染することは不可能だと考えたのかもしれない。重要なのは、現実に汚染された土地で、どうすれば安全な作物をつくり安心して生きていけるのか、その仕組みを25年の間に作ってきたこと。

詳細な土壌モニタリングを実施し、それを地図に落とし、汚染度にあった作物を選定し農業生産のやり方をつくりあげた。さらに徹底した食品検査を継続するなど一貫した対策を相互に結びつけて行なってきた。これらの仕組みを取り入れることによって、川内村にあった復興になっていくのではないだろうか。少なくとも科学的な検査体制を充実させ、自分の家で作ったお米や野菜を、自分たちで食べられるようにしたいものだ。
[PR]
by endo_yuko | 2012-06-30 21:17 | Comments(2)
支援物資
d0003224_18335024.jpg

埼玉に避難している村民から野菜が届いた。みずみずしいカブとジャガイモ。避難を余儀なくされ避難した先で農地を借り野菜作りに精を出している、前向きな姿に感動している。
手紙が添えられていた。「川内村で頑張っている皆さんの健康こそが大きな財産です。その健康を守るために少しでもお役にたてればと思っています。些少ですが、お近くの皆さんにもお配りいただいてぜひお召し上がりください。では皆さん、健康で頑張ってください」  本当にうれしい( ^)o(^ )
[PR]
by endo_yuko | 2012-06-28 19:14 | Comments(2)
ガンマーカメラ
d0003224_1714033.jpg
d0003224_1724690.jpg


放射線を可視化できるガンマーカメラのデモがあった。線量が高い所は色によって識別されるという優れもの。 これを使えば除染しても線量が下がらない場所を特定することが出来るし、除去物も少なく減容化に繋がるかもしれない。今後技術革新が進みより軽量化され、求めやすい価格設定になれば除染作業もかなりスピードアップになるに違いない。
[PR]
by endo_yuko | 2012-06-28 18:32 | Comments(1)
福島県水源林造林協議会総会
d0003224_1932035.jpg

森林の持つ多面的な機能は、林産物としての経済的活動だけではなく水源涵養や生物多様性の保全、CO2吸収や景観、災害防止や山村地域の雇用の創出にも貢献している。
しかし、木材価格の低迷や3・11の原発事故に伴う放射能被害や風評被害によって、今まで以上に厳しい環境になっている。このような状況であっても森林の整備は住民の生活にとって不可欠であり、地域の復興にも重要な役割を担っていく。そのためにも水源林の保全と整備は必要である。
[PR]
by endo_yuko | 2012-06-26 19:08 | Comments(0)
コドモエナジー(株)訪問
d0003224_1902979.jpg

大阪にコドモエナジー(株)を訪ねた。コドモエナジーは蓄光・蛍光機能を持った新しい建材を開発し、ものづくり日本大賞(内閣総理大臣賞)を受賞した。現在九州有田で製品の製造を行ってきたが、需要の高まりから量産体制を図る準備(工場建設)をしている際に、経産省から川内村を紹介されたことから社長自ら来村された。今後村内に工場を建設し20名程度の雇用を予定している。
[PR]
by endo_yuko | 2012-06-26 17:26 | Comments(2)
国会議員災害議員連盟で講演
d0003224_18463425.jpg

過日、超党派の国会議員で組織している災害議員連盟で講演。原発事故被害と復興に向けた課題について話をした。原発事故がもたらしている被害状況の把握は今後の復興に向けて重要である。原発の被害は非常に多次元的で多岐にわたる。生命や健康問題、環境や公害問題、生活する場としてのコミュニティの崩壊や分断といった生活問題、風評被害問題、補償や賠償問題など、更に予想することができないような未知なる問題も横たわっているかもしれない。
被害状況を把握するうえで問題点がある。加害者は被害を隠そうとするが、実は被害者も被害を過小評価する傾向がある。なぜなら被害地域は将来自分たちが戻ろうとしている地域だから、自分が戻ろうとしている故郷を悪く言えないのだと思う。それによって真実は隠されてしまうかもしれない。
[PR]
by endo_yuko | 2012-06-25 18:54 | Comments(2)
福島大学未来支援センター開設イベント
d0003224_1434139.jpg

福島大学支援センターは4月から復興支援活動の拠点としてコミュニティーセンターにサテライトを開設した。今後、調査や研究のために教員が配置される。今回のイベントは村民との交流が目的で開催され、山川充夫センター長はじめ教授や学生が来村し、金谷教授によるチェロとピアノの演奏や五十嵐副代表が「かーちゃんの笑顔は福幸の力」と題して講演。また福島大学学生も村内の子供たちと遊びやポップコーン作りを通して交流した。
[PR]
by endo_yuko | 2012-06-25 18:44 | Comments(0)
村田副知事に医療環境充実要望
d0003224_15541084.jpg

4月1日より、警戒区域が避難指示解除準備区域と居住制限区域に再編された。このような状況の中で帰村するための課題が医療環境の充実である。原発事故によって沿岸部の自治体の医療機関は壊滅状態で、二次医療や救急搬送が不可能になっている。
こうした中、内陸部のひらた中央病院の協力を得て、ホールボディカウンター検査や整形外科を開設、更に眼科診療の支援を受けることになっている。今後帰村を進めている本村の状況を踏まえれば、緊急時の受け入れ医療機関として短時間で搬送出来、入院可能な病院の充実も重要であると考える。
[PR]
by endo_yuko | 2012-06-21 16:15 | Comments(2)
菊池製作所と企業立地協定締結
d0003224_14372381.jpg


東京八王子市に本社がある(株)菊池製作所と、工場立地に関する基本協定書を武相双振興局長立会いのもと締結した。旧富岡高校川内分校の跡地と校舎をリフォームし、当初50人規模で早ければ8月頃操業する予定。川内工場ではアルミの精密鋳造「アルミ・ホットチャンバーダイガスト」での加工を行う。
本当に嬉しい(#^.^#) 戻ることができない最大の理由が除染と雇用の確保。特に働く場所は基本的な生活を維持していくために不可欠。菊池製作所の進出は、帰村を目指す本村にとって希望の光ですね。避難区域にも関わらず決断をしていただいた菊池製作所と、多忙の中昨年から準備を進めてきた職員に感謝です。
[PR]
by endo_yuko | 2012-06-09 10:20 | Comments(0)
大型テント贈呈
d0003224_1262833.jpg

東京三鷹ロータリークラブ(伊藤会長)から大型テント2張りをいただいた。贈呈式では、仲介をしていただいた郡山北ロータリークラブ(笠間会長)の皆さまも参列した。今年の夏天山まつりや復興イベントを企画しているので、イベントの中で大切に利用していきたい。
[PR]
by endo_yuko | 2012-06-08 14:35 | Comments(0)