以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
決算議会
「決算議会」


平成23年度の一般会計当初予算は26億6千万円、可決決定していただいた5分後に震度6弱の地震を議場で体験した。震災による原発事故で本村も避難を余儀なくされ、全村避難と共に行政機能も移転し、避難者の安否と生活支援に全力を注ぎながら平成23年度がスタートした。
決算内容を見てみると、被災者特例により村税や使用料、手数料は減免処置、当然自主財源が減額となった一方、震災復興特別交付税や復興交付金、除染などの復興関連支出金や寄付金等の収入が有り、最入総額で約60億円に膨れ、当初予算より2倍以上の歳入となった。

歳出の主なものは、行政機能移転に伴うOA機器導入リース料情報システム保守業務料の増加、各種交付金や補助金、寄付金等をそれぞれ目的基金に15億5千万円。次に除染関連事業や被災した役場庁舎の応急復旧、災害復旧事業費等に15億円。災害救助生活費や災害救助保護児童生徒援助費、災害遺族扶助、仮説コミュニティーセンター建設費などの民生費に9億5千万円。公債費は3億3千万円。基金は財政調整基金11億円を含む基金合計38億6千万円。

財政分析指数では、実質公債火負担比率単年度5.1%、3年平均6.7%、経常収支比率96.6%、財政力指数0.284。投資的経費が激減し義務的経費が増加したことで硬直化しているが、公債費比率を見ると安定的な運営していると言えるかもしれない。今後においては、人口減少や高齢化がより一層進む中で、村税等の自主財源減少が危惧されるため自主財源収支均衡を調整した財政運営が課題だ。

総括してみると、投資的経費を大幅にカットした中での歳入60億円の確保は、震災直後避難している中での予算獲得だけに評価されてもいいのではないだろうか。事業取り付けのため国県との協議にどれだけ時間を費やしてきたか、職員のその努力と粘りは称賛に値する。

事故対応の一環として減税減免を実施してきた経緯があり、そのことにより特別措置として交付税や交付金が増額されてきた。減税減免した分消費に回され地域景気の刺激剤となればいいのだが、現状ではそうはいかない。反面行政サービスや公共事業に回せなくなる分、雇用が悪化し地域経済が低迷する可能性がある。しかし幸いなことに除染や復興事業などによって、ここ1~2年は凌ぐことができると思うがそのあとの保証はない。

基礎自治体がコスト意識を高め行財政改革の努力をし、政策的予算や投資的予算を確保しながら、さらに村債を減らそうとしているのは、後世に出来るだけ負の遺産を引き継がないよう健全に存続させようとしているからである。また地方交付税を受けながら減税減免して歳入を減らすことになれば、そのつけを将来に先送りすることになる。これはモラルハザードと言われても仕方がない。

亡くなった井上ひさしは、「政治とは端的に言えば国民から集めた税金や公有財産をどう使うかということだ」と言っている。極めてシンプルで分かりやすい言葉だ。彼の言葉を借りれば予算は政治そのものと言える。「入を計りて出を制する」、財源を確保しながらどこに手厚く、何を我慢し何を捨ててどんな将来を目指すのか。その配分は村の形の具現化であり、僕の政治姿勢そのものが問われる。
[PR]
by endo_yuko | 2012-09-30 16:57 | Comments(0)
川内村いのち森づくり植樹祭
d0003224_1824277.jpg
d0003224_1825395.jpg
d0003224_1824943.jpg
d0003224_183308.jpg

横浜国大宮脇 昭名誉教授は、木を三本植えれば「森」、五本植えれば「森林」になる。いまだたったの84歳、あと30年は木を植えると言っている。
世界中の人が一人一本木を植えればあっという間に60億本、今日この場から何か行動を始めれば未来は変わる気がする。僕は木を植える。
[PR]
by endo_yuko | 2012-09-22 12:33 | Comments(2)
藪原秀樹氏来庁
d0003224_1863958.jpg

株式会社わもん代表取締役 薮原秀樹氏が来村。「わもん」聞くことの大切さを説いている。
前福島第一原発所長の吉田昌郎氏を単独インタビューしたビデオ映像が公開されたことは有名。薮原氏は福島第一原発の免震重要棟に入り、吉田前所長以下、作業員のメンタルケアを無償ボランティアで行ってきた。
本村の復興状況や課題についてアドバイスを頂き、今後村民のメンタルケアを検討していただくようお願いした。
[PR]
by endo_yuko | 2012-09-20 18:06 | Comments(0)
川内村敬老会・金婚式
d0003224_107337.jpg
d0003224_107519.jpg
d0003224_10757100.jpg

原発事故以来久しぶりにお会いする方もいる。昨年は中止を余儀なくされ2年ぶりの開催、しかも村内で開催できる、そのことに意義がありとても感激している。避難先の郡山やいわき市からも駆け付けた方や、県外から2,3日前に自宅に戻り体調を整えて出席した村民もいる。

75歳以上は659名、その内90歳以上が71名、そして最高齢が宮下の佐藤さん103歳、次が町分井出さん102歳、間もなく100歳になられる方が2名いる。本日出席者は250名。僕が村長になったのが8年前、その時は90歳以上が約40名、100歳以上は1名でした。この8年間で90歳以上が2倍近く増え、100歳以上も4倍になった。長生きして100歳以上生きたい方は川内村で生活していくことが一番ですね。

また金婚式を迎えられた方々が9組。50年の節目を迎えた方々は現在の本村の礎を築いていただいた功労者。我々の世代にとってあるいは若い世代にとっても身近な手本、人間としてどう生きるべきか、社会人としての心構えなどしっかり指導していってほしい。

昨年の3.11から一年半、それぞれ無我夢中で走り抜いて来たことと想う。おそらく振り返る余裕もなかったに違いない。しかし今少しづつ前に向かって歩もうとする覚悟と決意が生まれてきていると感じる。村の歴史においても最大のピンチ、今こそ大先輩方が築いてきたこの川内村を守り、後世に伝えていくために力を合わせてこの難局に立ち向かうその時ではないだろうか。

避難生活を強いられる中で、急激な環境変化に耐えることが出来ず体調を崩したり亡くなった方もいる。失ったものも計り知れない。しかし苦しんだ分だけ他人に優しくなれる、辛い思いをした分だけ頑張れるような気がしてならない。現在ここで生活をし働いている喜びを感じている。震災は神様から与えられた試練、この試練にどう立ち向かっていくか、僕や村民が試されている。

大先輩方々には体に気を付けて、穏やかに過ごしていただいて、皆さんの故郷川内村がどんな復興を成し遂げていくのか、しっかり見守ってほしいと願っている。
[PR]
by endo_yuko | 2012-09-15 10:40 | Comments(138)
双葉警察署からのぼり旗の寄贈
d0003224_1022647.jpg

清川双葉警察署長から防犯のための啓蒙グッツのぼり旗をいただいた。警戒区域の区域見直しによって自由に出入りできることから、防犯、交通事故防止を強化していかなければならない。
[PR]
by endo_yuko | 2012-09-15 10:06 | Comments(336)
北海道で講演
d0003224_19302465.jpg

大学時代の先輩のご縁で札幌と岩見沢で講演する機会を与えていただいた。講演会場のホテルに到着すると入口に義援金箱が置かれており、出席者の皆さんから復興への熱い期待をいただいてきました。更に北海道経済同友会、北洋銀行、北洋ビジネスクラブ、北海道二十一世紀総合研究所様から義援金を贈られ、ただただ感謝です。
[PR]
by endo_yuko | 2012-09-15 09:39 | Comments(0)
環境回復検討会
d0003224_119591.jpg

環境省は、森林からの放射性物質の流出や拡散は限定的で森林全域の除染は不要ではないか、という方針を有識者でつくる、「環境回復検討会」に示した。これに対して県や森林関係者、当然川内村も方針の見直しを要望してきた。
本村にとって森林は生活の一部、川内村で住みつづけるということは、森を育み森に育まれるということ。生活の場を除染しない選択肢はありえないと考えている。有識者会議では森林除染の効果を10%程度とみているが、少しでも効果があるなら実施すべきである。汚れたところで生活することがどれだけのストレスか理解してほしい。
[PR]
by endo_yuko | 2012-09-15 09:31 | Comments(1)
国道399整備促進同盟会総会
d0003224_10462234.jpg

福島県いわき市から阿武隈山系を縦貫し山形南陽市に至る165㎞の一般国道。また本路線は原発事故で通行止めとなっている常磐高速や国道6号線の迂回路となっており、物資輸送や生活道路、復興支援道路としても重要な役割を担っている。更に沿岸地域への往来ができない本村にとって、399号線は命の道路ともいえる。しかし、幅員が狭く、冬期間は路面の凍結などで渋滞が著しい箇所もある。通勤通学、救急搬送や災害時の対応として重要な社会基盤であり、早期整備は住民にとって強い念願である。
[PR]
by endo_yuko | 2012-09-02 11:07 | Comments(0)