以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
東京電力福島復興本社に要望
d0003224_13585648.jpg


西山村議会議長と共にJビレッチにある福島復興本社で、原子力第一発電所の早期収束、精神的賠償の継続、東電社員の派遣などを要望。石崎復興本社代表は、「職員派遣については具体的に相談したい」と前向きに取り組む姿勢を示した。
[PR]
by endo_yuko | 2013-01-31 22:58 | Comments(0)
二次除染・森林除染、井戸掘削補助を要望
d0003224_1374911.jpg


井上環境副大臣が来村。二次除染と森林除染のガイドラインを早期に示し、補助対象にすることを要望。また、沢水や伏流水を生活水としている家庭への井戸掘り補助、精神的賠償の継続、399・小野富岡線・大越線のトンネル化道路整備、除染作業員の労務単価の見直しも要望した。
[PR]
by endo_yuko | 2013-01-30 22:08 | Comments(1)
郡山富田西ふれあいセンターで講演
d0003224_136675.jpg


逢瀬川流域市民団体主催の講演会で,「ふるさとのためにできること」をテーマに話をしてきた。講演の前に地元中学生が自分のふるさと自慢の作文を披露、過去を振り向くことなく、将来の希望や夢を少しでも実現しようとする前向きな内容に胸が熱くなった。また、ふくしまカフェ富岡代表小林和枝氏の、ビックパレットへ避難してきた状況などの話にはフラッシュバックした。福島県水環境活動団体交流会の高橋宗彦氏や大学時代の同級生橋本さんの顔を会場で発見、久しぶりにお会いすることができた。
[PR]
by endo_yuko | 2013-01-30 21:07 | Comments(0)
復興のために!
d0003224_14101476.jpg

福島大学うつくしまふくしま未来支援センター長の山川教授との対談が実現。帰村宣言から一年を経過した今の状況と課題、復興のために支援センターの活動、今後の村づくりについて、様々な視点からアドバイスをいただいた。現在3名のセンター職員が常駐し、事故後の情報収集と村民との対話から得た情報を元に、復興に向けた提案をしていただいている。山川センター長は、本村の第4次総合計画策定委員長の立場でも関わっていただいている。
[PR]
by endo_yuko | 2013-01-28 16:31 | Comments(0)
福島県弁護士会視察研修
d0003224_101195.jpg


2012年6月21日に国会で成立しました原発事故子ども・被災者支援法」(正式名称:東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援等に関する施策の推進に関する法律)は、避難する人も、とどまる人も、どちらの選択をした場合も、国が支援することを定めた重要な法律です。一定の線量以上の放射線被ばくが予想される「支援対象地域」からの避難、居住、帰還といった選択を、被災者が自らの意思によって行うことができるよう、国が責任をもって支援しなければならないと定めている。しかしこの法律はまだ理念が定められただけ。

支援法に基づく具体的な施策は、これから決められる。県弁護士会では本村の実情を視察し具体的にどのようなフォローアップが必要か、提案するための情報収集に来村された。一人ひとりのいのちと暮らしを守るために本当に必要なことが実現できるように、サポートしていきたいと話していた。さらに今回の原発事故の賠償問題など、住民からの情報を得ながらアドバイスできることがあれば対応していくと付け加えた。
[PR]
by endo_yuko | 2013-01-26 21:06 | Comments(0)
保険料の減免継続を!
d0003224_1822553.jpg
d0003224_18231726.jpg

 現在旧緊急時避難準備区域では被災者の国保税、介護保険料、後期高齢者保険料について減免措置を行っている。その減免分は国から財政支援を受けている。更に減免措置がなくなれば川内村では旧警戒区域住民との差異が生じる。

今回の要望は川内村、広野町、楢葉町の三町村で、減免措置が3月で終了するため、根本復興大臣と渡嘉敷厚生労働政務官に延長を要望した。大臣と政務官からは「しっかり検討して対応する」と回答。
[PR]
by endo_yuko | 2013-01-26 11:03 | Comments(0)
高野区長会長から要望
d0003224_12465710.jpg

各区の意見を集約し、「村民が安全安心して生活できるために」の要望が高野区長会長から提出された。
要望内容は次の通り

1、精神的苦痛の損害賠償の継続 
2、二次除染の促進
3、食品モニタリング測定所の確保
4、安全な飲料水の確保
[PR]
by endo_yuko | 2013-01-25 12:49 | Comments(0)
赤羽原発事故担当現地本部長に要望
d0003224_12434871.jpg

赤羽一嘉経済産業省副大臣・現地対策本部長が本村の状況を視察。僕から「住民の期間に向けた復旧復興について」要望した。要望内容は次の通り。


1.損害賠償の取扱
 公平性と透明性を確保し、先に帰還した住民が結果的に損をするような取扱いにならないようにすること。
旧緊急時避難準備区域においては、まだ避難を継続している住民が多数いることから精神的賠償を一定期間延長し、財物の賠償についても避難指示等区域の賠償基準額を基礎として公平性が失われないように算定すること。

2.公共施設の村内設置
 住民の安心を得るためには、恒久的な公的施設の設置により安全であることを証明することが求められている。つきましては、OFCを始めとする総合防災拠点施設、放射線の研究施設等公共機関の誘致。 また、復興庁福島復興局は、県内では、福島市を拠点とし、いわき支所、南相馬支所を設置しているが、双葉郡内に施設がない。現在、帰還を始めている市町村に拠点を設置することにより、これから帰還する住民に寄り添った復興支援を要望。

3.警戒区域の通過交通の対象範囲の拡充
 昨年末警戒区域の通過交通が認められ、復旧・復興事業に関する通行が可能となった。 しかし、一般には警戒区域を長期間通行できない現状において、川内村が行き止まりのような地域になってしまい、住民の帰還を促しても限界がある。一般住民の通過交通対象範囲を拡充するよう要望。
 
4.簡易検査機(食品等)の開発
子育て世代にとって、福島の農産物はまだまだ敬遠されています。風評被害の払しょくと安心・安全の確保のためには、自分で食べるものにどれくらい放射性物質が含まれているのか家庭で簡単に検査できる機器の開発が強く望まれる。このような機器の技術開発を支援し、早急に各家庭に配布されるよう要望。

5.飲用水の代替措置
 川内村では水道施設がなく、井戸や沢水等に頼っていましたが、原発事故により、特に沢水は、不安があり飲用水として使用できないとする家庭が多数ある。沢水は、降雨時の撹拌によって沈殿した放射性物質が流れ込む可能性が高く、安全性も確保できないことから、代替えとして井戸の掘削費用の補助をお願いしたい。

6.子育て支援
 原発事故により若者世代、特に子を持つ世代の帰還が進んでいない。また、双葉郡にあった高等学校も全て双葉郡外でサテライト校として開設されて3年目に入ろうとしており、引き続き双葉郡内からの通学は非常に困難となっている。若い世代のいない地域には将来はなく、強力な子育て支援により住民の帰還だけでなく新たな人口の流入を促進する必要があるので、例えば、原発被災市町村に居住する住民の子供の高等学校、大学校への就学費用を援助する等子供の教育への財政支援をお願いしたい。

7.除染の徹底
現行住宅除染及び農地除染のガイドラインでは、放射線量の低減効果が得られない箇所がある。このため、ガイドラインを基本としながらも、現地の除染においては臨機応変に手法を変更し、さらに低減効果のある除染が可能となるよう除染費用の補助範囲を柔軟に適用できるよう願いたい。

8.森林除染
 H24.4に林野庁より放射性物質を含む森林除染の指針が公表さた。しかし、環境省では森林除染のガイドラインを示しておらず、補助対象が決まっていないため、村では実施できない状況。村の面積の約9割が森林。生活に重要な水源涵養機能を有し、山菜、キノコ類、シイタケ原木、植林等山の利益を享受できる生活の回復のため、森林除染は必須と考えられるので、強力な働きかけをお願いしたい。

9.仮置き場のモニタリング
川内村内では、4ヶ所仮置き場を設置しているが、それぞれ45,000袋~80,000袋と大規模な施設であり、一週間に一度の線量管理と一カ月に一度の水質検査のみでは、仮置き場周辺村民に対しての不安を解消できない。安全・安心の確保のために、仮置き場において遠隔監視により常時モニタリングできるよう要望する。

10.中間貯蔵施設の早期整備
 政府では、中間貯蔵施設を平成27年1月までに整備するとの約束がある。これを一刻も早く整備して除染廃棄物の搬入が出来るよう要望したい。

11.主要道路の早期整備
現在、主要地方道小野・富岡線の川内から富岡方面は、富岡町が警戒区域のため一般通行は制限されたままです。これ以外に川内村から南側のいわき市へ繋がる国道399号、西側の田村、郡山方面へ通じる国道288号、県道富岡・大越線、南西方面の小野町や平田村等へ通じる県道小野・富岡線などへの通行は、全て阿武隈高地を通過しなければならず、冬季は凍結により通行が相当に困難となります。つきましては、帰還する住民の生活の不便を早急に解消するため、これらの路線の早期改良・トンネル化を要望する。
[PR]
by endo_yuko | 2013-01-25 12:47 | Comments(0)
川内村に長崎大学研究拠点
現在まで長崎大学から土壌調査や健康アドバイザーとして高村医師、住民の健康管理目的に折田保健師が派遣されてきた。今後4月からは本村に研究拠点を設け、保健師を常駐させ健康相談や低線量被爆の健康への影響、放射線測定を実施していく予定だ。

昨年8月9日、長崎市長から長崎平和記念式典に招かれ原爆記念館を見学。長崎大学では高村先生や折田保健師の案内でホールボディカウンター受けた。今回の連携協定は本村の健康管理だけではなく、原爆から復興してきた長崎市から学ぶことは多いと考える。
[PR]
by endo_yuko | 2013-01-14 14:14 | Comments(0)
浜田復興副大臣  村内視察!
d0003224_11321148.jpg

浜田復興副大臣と亀岡復興政務官は村内の復興状況視察のために本村を訪れた。僕から除染の徹底と森林除染の実施、復興住宅の建設、399号線小野富岡線の整備促進など11項目について要望した。
副大臣と政務官からは「除染とインフラ整備、農業再生など一体で取り組んでいく」と強調。特に産業振興のために農地転用などの許認可については、復興に向けた判断が必要という考えを示した。
[PR]
by endo_yuko | 2013-01-14 11:41 | Comments(0)