以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2013年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧
一歩前へ
d0003224_15555965.jpg


「一歩前へ」は、現在の川内村と同じかな。
それぞれの思いをこぼさないようにしないと。含蓄のある言葉だわ
[PR]
by endo_yuko | 2013-12-29 15:56 | Comments(0)
野菜工場でボランティア
d0003224_1257872.jpg

d0003224_10371439.jpg


野菜工場「キミドリ」でボランティア体験。クリスマスから年末かけ普段の2倍以上の納品注文。キミドリだけの人員では対応できなく、アルバイトとボランティアを募集していた。
手や体を消毒して作業服に着替え、朝8時からミーティング。僕は収穫されたレタスの根を切り、大きな袋に入れてコンポすることや、ミックス10のラベル貼りと流れ作業で2~3種類の野菜をパックに入れること。さらに野菜を運ぶコンテナの清掃と消毒。

ベルトコンベアーで流れてくるパックに、次から次とベビールーフを入れていく作業はとても大変。単純な作業を延々と繰り返すことは肩が張り、立ってやる作業なので腰も痛くなった。実際にやってみないと理解できないことが多いわ。学ぶことが多い一日でした
[PR]
by endo_yuko | 2013-12-29 15:37 | Comments(0)
ラジオ福島に出演
d0003224_12563358.jpg

ラジオ福島「月曜夜はこれから」の番組に飯館の菅野村長と一緒に出演。今年1年を振り返りながら、今後の課題や新年の抱負を話した。大和田新アナの下ネタも少々ありましたが、至って真面目な話題に終始した。

菅野村長の話からは飯館村の置かれている状況への苦悩と、そこからどんなことしても帰還する決意を感じることができた。菅野村長の素晴らしいところはどんな苦しい状況においても希望を捨てていないこと。それと目標を定め具体的に施策を展開していること。とても楽しく学ぶことが多いトーク番組でした。
[PR]
by endo_yuko | 2013-12-29 15:18 | Comments(0)
富岡町民から
d0003224_12592758.jpg

ある富岡町民からクリスマスプレゼントが届いた。メッセージと一緒に自分で焼いたパウンドケーキが段ボールに一杯入っていた。
震災原発事故で避難してきた川内村民に大変お世話になった。避難先で少しづつ生活が落ち着き、好きなケーキやクッキーを焼ける気分になった。そのお礼に皆さんで召し上がってほしいと結んであった。名前は記されていなかった。胸が熱くなるプレゼントに感謝
[PR]
by endo_yuko | 2013-12-29 14:57 | Comments(0)
小泉政務官が来村
d0003224_9174065.jpg
d0003224_9175081.jpg

d0003224_10343080.jpg

d0003224_1040107.jpg


復興庁小泉政務官が来村。意見交換と村内の米、シイタケ、酪農家、野菜工場を視察し、帰還環境整備センターの職員を激励した。コメやしいたけ、野菜を試食し、風評被害で苦しむ農家の皆さんの声を直接聞いた。
政務官からは、「風評被害という言葉がなくなるよう、しっかり対応していく」と約束した。
村からは、教育環境整備や帰還に向けた道路などインフラ整備を要望した。最後に村職員に励ましの熱いメッセージを頂いた
[PR]
by endo_yuko | 2013-12-29 12:39 | Comments(0)
子育て祝い金
d0003224_916110.jpg


猪狩さんご夫妻、二人にとって初めての子供です。健康で元気に育つよう祈りながら子育て支援金と素敵なベビーイスをプレゼントした。
[PR]
by endo_yuko | 2013-12-29 12:16 | Comments(0)
CM大賞
d0003224_1121065.jpg


商工会の大島さんが、自治体CMコンクールで県知事賞受賞の報告に来た。
県内の各自治体からCMを募集して、入選作品は平成26年一年間無料でテレビCMが流される特典付き。
川内村は最優秀作品に次ぐ知事賞を受賞。1年間50回テレビで川内村のCMが流れるようだ。楽しみだ(^O^)/
[PR]
by endo_yuko | 2013-12-29 12:03 | Comments(0)
農業委員委嘱
d0003224_9164749.jpg


議会推薦農業委員辞職により、新たに推薦された佐久間村会議員に委嘱状を交付した。
国の農業政策が変革する中で農業委員の役割はとても重要。特に震災原発事故からの復興を目指す本村いとって、農業の復活は最重要課題。水稲、蔬菜、花卉、さらに畜産業など農家の現状をしっかり把握してサポートしていく体制を確立してほしい。

震災原発事故以後、担い手の確保や農地の集約化など喫緊の問題が山積している。耕作放棄地や遊休地の新たな利活用も必要になってくるに違いない。優良耕作地を保全しながら、農地の有益的な再活用も検討しなければならない。

また今回の事件を契機に、農地変更届などの申請行為の要綱を定める必要があると思う。県の指導を仰ぎながらしっかり対応してほしい。
[PR]
by endo_yuko | 2013-12-28 09:17 | Comments(0)
川内優輝選手が???
d0003224_1111997.jpg


長福寺の前を散歩していたら、ジョギングしている3人組が近づいてきた。朝日を背にしたランナーが、「村長さんおはようございます」と話しかけてきた。
な、な、なんと最速市民ランナーの川内優輝選手。イベントのため前日に川内村に泊まられ、早朝からトレーニング中。既に15キロを走って来たとか。息が全然切れていないし汗も掻いていない。疲れた様子もないし、にこやかに話しかけてきた。早起きは3文の得とはこのことだ。
[PR]
by endo_yuko | 2013-12-20 20:01 | Comments(0)
かわうちドンドン村づくり
d0003224_10561394.jpg
d0003224_1056298.jpg
d0003224_1057197.jpg
d0003224_10571313.jpg
d0003224_10572322.jpg
d0003224_10582267.jpg
d0003224_10591410.jpg


帰村者や全国に避難している村民の生きる意欲・誇り・信頼関係・郷土愛を醸成させ、村の未来像を描きながら帰村促進と賑わいを創生するためにイベントを開催。1日目はパネルディスカッションや郷土芸能、キャラクターショー、2日目は川内優輝選手のトークショーやミニマラソン大会、海上自衛隊音楽隊所属の三宅由佳莉さんのコンサート、榎さんのメッセージウォールなどなど。

特産品売り場では、いわなの寒風干し、川内福幸米、キミドリ野菜などが売られ、婦人会ではトン汁がふるまわれた。伝統芸能では高田島の神楽舞、西山の三匹獅子が披露され、カラオケ大会では自慢ののどを競い合った。

パネルディスカッションでは、コーディネーターの東大講師・健康社会学者河合 薫が、事前アンケートから川内村の未来の姿について話され、村の抱える問題や村民の期待、地域文化の復活などについて、それぞれパネラーによるディスカッションが行われた。

2日目の川内選手のトークショーでは、来場者からの質問に丁寧に答えていた。「カレーは何杯食べるのですか?」などユニークな質問があった。ミニマラソンでは、園児コース、小学生コース、中学生・一般コースに分かれ、川内選手と一緒に走ることができた。

コンサートでは、海上自衛隊音楽隊の”歌姫”三宅由佳莉さんの透き通るような歌声に魅了された。胸がキューンとなった。
[PR]
by endo_yuko | 2013-12-20 19:29 | Comments(0)