以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2014年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
福島県町村長総会
d0003224_11131988.jpg


杉妻会館で町村長会総会が開催。新任・再任町村長を紹介し、復興に向け一致団結して取り組んでいくことを確認した。
[PR]
by endo_yuko | 2014-02-28 21:12 | Comments(0)
常磐高速道冨岡インターが再開
d0003224_114552.jpg


震災原発事故で通行止めになっていた広野~富岡の常磐高速道が再開した。富岡インターが使用できると、避難者の通行や物流にも好影響を及ぼす。いわき市や茨城県、千葉県などに避難している村民が常磐高速を利用して富岡インターから戻れる。また村に進出してきた企業の首都圏への物流に利便性が高まる。
[PR]
by endo_yuko | 2014-02-28 21:03 | Comments(0)
旧警戒区域住民との懇談会
d0003224_1856173.jpg


旧警戒区域住民の皆さんとの懇談会を郡山市仮設住宅集会所、いわき市四倉仮設住宅集会所、五社の杜サポートセンターで開催。今後避難解除に向け住民の皆さんとの意見交換が目的でした。
除染作業が終わり、その結果を示しながら解除のタイミングを話し合っていかなければならないと考えている。住民の中には解除されれば一日も早く戻りたい人たちもいる。当然まだ不安だという人達もいる。戻る戻らないはそれぞれの判断を尊重していく考えだ。そのための判断材料を復興ビジョンとして示していくつもりだ。
[PR]
by endo_yuko | 2014-02-28 18:56 | Comments(0)
うれしいメッセージです(^O^)/
d0003224_1857539.jpg


野菜工場キミドリに対して消費者からうれしいメッセージが届きました。応援していただいている皆様に感謝ですm(__)m
[PR]
by endo_yuko | 2014-02-27 20:57 | Comments(0)
医師を確保!
3月末で診療所内科医師の退職に伴い、4月以降は平田中央病院から医師派遣を受けることになった。
平田中央病院から医師を派遣してもらい、従来火曜日~金曜日だった内科診療日を月曜日~金曜日となり、一日増える。整形外科は月2回の診療が毎週月曜日になり、診療回数が増える。従来の眼科、心療内科は月1回、消化器内科は月2回となる。

医療環境の充実は帰村した住民だけではなく、これから戻るかどうかの判断材料となる。とりあえず内科医師不在の状況が回避されてホッとしている。
[PR]
by endo_yuko | 2014-02-20 16:00 | Comments(0)
県道小野富岡線早期完成要望
d0003224_13284939.jpg


大和田小野町長、斉藤富岡副町長、松本いわき市土木部次長、助川田村市建設課長補佐と共に、渡辺県土木部長に早期完成を要望した。

小野富岡線は、小野町から川内を経由して富岡町に至る県道。震災・原発からの復興を進める上で重要路線。常磐高速富岡インターの再開でさらに重要度が増す。本村にとっては中通りに通じる生命線でもある。
[PR]
by endo_yuko | 2014-02-20 14:08 | Comments(0)
廃炉・汚染水対策評議会
d0003224_1232561.jpg


原発事故による廃炉と汚染水対策について、国と県、地元関係者、自治体、東京電力による評議会が設置された。廃炉の進め方や汚染水への対策、その情報提供のあり方について検討していくとしている。
赤羽経産副大臣の挨拶後議事に入り、内堀副知事からどういった方法で解りやすく伝えていくために、4つの提案が示された。
1、女性の視点でわかる内容(女性の意見をくみ取ること)
2、子供の視点で
3、マスコミ・メディアへの配慮(できるだけ多くの情報を伝えていくこと)
4、多言語での情報発信(世界に発信すること)

廃炉に向けた中長期的な取り組みが示された。廃止措置終了まで30~40年の計画であり廃炉部門全体を統括する「廃炉カンパニー」を新たに立ち上げ、オールジャパンの体制で国家的プロジェクトとして取り組んでいくとしている。

今後廃炉を進めていく過中で、放射性物質の舞い上がりなどしっかり対応することは当然だが、作業状況など住民にタイムリーな情報提供、解りやすい内容、目に訴えるツールの利用は不可欠だ。それも直接住民が確認できるシステムの構築が求められる。
[PR]
by endo_yuko | 2014-02-20 13:26 | Comments(0)
またまた大雪
d0003224_15234291.jpg
d0003224_15234744.jpg

d0003224_15544763.jpg


先週末に続いて今週も大雪。今回の雪はかなり水分を含んだ重い雪だ。40㎝近くあるな。その影響で現在(2月15日、15時ころ)8割の世帯で停電中。雪の重みに倒木があり、断線したようだ。東北電力が対応に追われている。せっかく除雪したばかりなのに・・・
[PR]
by endo_yuko | 2014-02-15 15:31 | Comments(2)
城本 勝NHK解説委員来村
d0003224_15394156.jpg

3月9日(日)福島県主催、福島グリーンパレスで予定されている「ふくしま復興を考える県民シンポジュウム」コーディネーターの城本氏が川内村を訪れた。シンポジュウムのパネラーとして僕も参加するので、打ち合わせと野菜工場など村内の施設を視察した。
[PR]
by endo_yuko | 2014-02-14 21:50 | Comments(0)
旧緊急時避難解除準備区域の補償について要望
d0003224_14574634.jpg
d0003224_14575954.jpg
d0003224_14574168.jpg

遠藤広野町長と共に20㎞圏外の補償について、赤羽経産省副大臣、冨岡文科省政務官、大島自民党復興加速化本部長に要望。
住民の帰還を促進している両自治体の復興を加速させることは、双葉郡全体の復興につながっていく。しかし賠償に関して避難指示区域との差があまりにも大きく、住民間の心の分断が生まれている状況にある。本村いおいても20㎞ライン上で住民感情も複雑になっている。今後帰還を促すためにも新たな制度設計が必要である。
[PR]
by endo_yuko | 2014-02-12 18:37 | Comments(0)