以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2015年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧
退職辞令交付
d0003224_10460810.jpg
d0003224_10462059.jpg
d0003224_10463749.jpg
d0003224_10465162.jpg
秋元復興対策課長、森 雄幸議会事務局長が定年により職を辞することになった。職を解かれた今万感の思いが去来しているのではないだろうか。  秋元課長と森局長とは同級生です。同級生が退職することは、置いてきぼりになるようでとても寂しいですね。 

それぞれのポジションでひたすら村勢発展と村民の幸せのために、心血を注いでいただいた。川内村が幾多の困難を克服し、今日の繁栄を築いて来られたのは、まさしく二人の努力の結果。特にこの4年間は震災・原発事故対応で心労も多かったはず、心より感謝している。 

秋元課長は、教育課長、議会事務局長、そして復興対策課長を務められた。教育課長の時、現在の保育所と幼稚園がコラボした認定子ども保育園を立ち上げた。そして最後の1年間の復興対策課長は、おそらく職員生活の中で最もハードな1年間でなかったかと思いますね。好きなビールを控えながら復興のために最善を尽くした。明日からは浴びるほど飲んでもらっていいですからね。大変お世話になりました。 

森局長は、教育課長、社協事務局長、住民課長、そして議会事務局長を務められた。専門職が多い社協の事務局長として福祉や介護の最前線で苦労も多かったことと思う。また、住民課長として精励されている途中で議会事務局長に代わっていただいた。おそらく本人はもちろん我々も住民課長で退職の日を迎えるものと考えていた。筋書き通りいかないのが今の川内村でしょうか。お疲れ様でしたね。 

いよいよ明日からセカンドステージですね。肩書が無くなった今、これからの生活の方がもっと大切なのかもしれない。これまでは、「60の定年まで頑張ればいい」という時代だったかもしれませんが、これからは、「60から何をするか」、二人の真価が問われるのはこれからだ。より緊張感を持って生活しなければならないのかもしれませんね。 

お別れするのは戦友が去っていくようでとても辛い。残された我々、いままでの足跡を噛みしめながらこれからの村復興、村勢発展を心がけていく覚悟だ。また二人の今後の生き方が我々の道しるべでもあるので、どうか健康に留意され穏やかなセカンドステージであるよう祈っている。僕もその内仲間に入れてもらうつもりだ。もう少しやり残した仕事があるので待っててね。
[PR]
by endo_yuko | 2015-03-31 21:44 | Comments(2)
ラジオ福島に出演
d0003224_13004030.jpg

3月31日でラジオ福島を定年退職する大和田 新アナ,いつも素敵な八木志芳アナ、そして立谷相馬市長と4人でバトルでした。スタジオがイメチェンしていました。女性アナの写真を見ながら立谷市長が、「ラジオ福島の女性アナは美人が多いな」と感心していました。僕が近くで写真を見ようとすると、「あまり近づくな、遠くから見た方がいいよ」とアドバイス(^_^;)
[PR]
by endo_yuko | 2015-03-31 20:35 | Comments(0)
町三匹獅子奉納
d0003224_11040950.jpg
d0003224_11034738.jpg
d0003224_11042540.jpg
第5区町三匹獅子が奉納された。今年が獅子のたてかえのタイミング、今まで奉納していた子供たちが高校生になったので小学校低学年の子供たちが獅子舞を受け継いだ。400年前から獅子舞は代々そのようにして受け継がれてきた伝統芸能。本来ならば行政区の中で男の子に限定して選抜されていた。今回奉納する子供たちは、初めて女の子が入り太鼓を担当、5区行政区だけで子供を揃えることが出来なかったので、6区の子供が加わった。週3回夜集会所で練習を積んできたと伺った。

震災原発事故で避難している影響が伝統芸能の継承にも表れている。そのような状況でも、しっかり守り後世に繋げていく努力をしている区の役員の方々の存在は大きい。奉納の日は地域住民の方々が参列し、見守る中無事お披露目ができた。村から助成金50万円を交付した。
[PR]
by endo_yuko | 2015-03-31 11:23 | Comments(0)
子育て支援金交付
d0003224_16465906.jpg
今年村内で生まれた赤ちゃんの数は19名。震災前の22年度15名、23年度8名、24年度9名、25年度12名。うれしいことに少しづつ増えてきている。お母さんやお父さんに支援金とイスをプレゼントした。
[PR]
by endo_yuko | 2015-03-30 12:57 | Comments(0)
内堀知事が講演
d0003224_12302404.jpg
内外情勢調査会で内堀知事が「ふくしまの復興」のテーマで講演した。イノベーション・コースト構想などによる産業再生や、中間貯蔵施設、仮置場など双葉地方が置かれている問題点などを指摘。今後相反する問題の解決に全力で取り組み事を話された。
[PR]
by endo_yuko | 2015-03-30 12:53 | Comments(0)
小野・富岡吉間田工区開通式
d0003224_1129457.jpg
d0003224_11291777.jpg
d0003224_1129312.jpg
県道小野富岡線吉間田工区(橋梁部213m、全体で2.0㎞)が完成し開通式を迎えた。小野富岡線の中でもすれ違い困難ヶ所や急カーブ、旧勾配、凍結によるスリップ事故などが多い所であった。川内村にとっては、小野町や平田、更に郡山市など中通りに通じる重要道路。また浜通りの福島空港へのアクセス道路としても期待される。しかしまだ未改良部分が残っているのも事実。今後国や県に要望しながら一日も早い全面開通を目指す。
[PR]
by endo_yuko | 2015-03-27 14:07 | Comments(0)
みやさか保育園卒園式
d0003224_11272239.jpg
d0003224_11273463.jpg
d0003224_1127508.jpg
4人の園児が巣立った。ゆうと君、ゆいさん、ゆうはさん、ひなさんおめでとう。今日で保育園の生活は終わり。楽しかったかな。4月からは小学1年生、大きな声で挨拶できるかな。多くのお兄さんやお姉さんが待っている。しっかり勉強してください。
[PR]
by endo_yuko | 2015-03-27 13:12 | Comments(0)
太陽光事業安全祈願祭
d0003224_11261598.jpg
d0003224_11262762.jpg
昨年10月30日、ユーラスエナジー(株)清水社長と太陽光事業の基本協定を締結している。本日の安全祈願祭を契機にいよいよ事業がスタートした。震災・原発事故から丸4年、この間多くの方々から村復興のために支援を受けている。このユーラスエナジー(株)事業もその一つ。「ふるさと再興事業」に位置付けられ、補助金の3分の2が村の復興事業の財源に積み立てられる。将来に渡り村財源を潤してくれる。また売電先として東京電力(株)にも特段の配慮をいただいた。今後も再生可能エネルギーの普及拡大を図っていく。
[PR]
by endo_yuko | 2015-03-27 13:07 | Comments(0)
一人だけど一人じゃない
d0003224_11194490.jpg
d0003224_11195665.jpg
d0003224_1120739.jpg
言い尽くせないほどの混乱の中、3年前小学校4年生の時ただ一人村に戻り、そして卒業式を迎えた千香さん、卒業おめでとう。本来ならば18名の同級生と共に巣立ち予定であった。必ず何人か同級生は戻ってくる、と信じていたそうだ。

千香さんのことは復興子ども教室、運動会や学習発表会でとても印象に残っている。子ども教室では村の復興のために商業施設や住宅環境の充実、いわき市との交流を進めるための道路整備の重要性を教えてくれたのは千香さん。しっかり取り組んでいくことを約束する。

学習発表会では、長崎で学んできたことを下に10年後の川内村をイメージしてくれた。賑やかに便利になることはいいけど、豊かな自然や星空、絆を大切にする村民性を失わないでね、と提言。そして最後に「私は一人だけど一人じゃない。大人になっても故郷の川内に帰ってくるつもりだ」と結んでくれた。千香さんの言葉に、我々大人がどれだけ救われ勇気づけられたか分からない。

そして、学校を再開していく過程で、小さいとか少ないというハンディキャップを見事なまでに克服してきたのが千香さんでした。本当にありがとう。4月からは中学生、小学校で身に付けた優しさや強さ、そして友達や先生との触れ合いは、壁にぶつかった時壁を乗り越える勇気を与えてくれるのに違いない。新たな目標に向かって突き進んでほしい。ご両親、祖父母、叔母様たちも卒業式に出席。深い愛情をもって育んでこられた家族の皆様に心からのお祝いを申し上げます。素晴らしいお子様に成長された。
[PR]
by endo_yuko | 2015-03-27 12:52 | 日記 | Comments(0)
ますます春らしく
d0003224_17121914.jpg
d0003224_17123134.jpg
d0003224_17124650.jpg
d0003224_1713222.jpg


暖かな陽気に花が咲き始めている。
ホッとする瞬間でもありますね。

猫柳の色が少しピンクかかったネズミ色
猫とネズミ、いいな
[PR]
by endo_yuko | 2015-03-23 12:25 | Comments(0)