以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2015年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
福島県水源林造林協議会総会
d0003224_15142745.jpg
県内各地の森林組合や造林者、自治体など65団体が加盟している水源林造林推進協議会の総会が福島市で開催。
会員は、それぞれの地域で奥地水源地など極めて厳しい環境の中で良質な用材生産に努力している。森林の多面的な機能に対する国民の関心や期待が高まっているが、市場では依然として安価な外材にシェアを奪われており、従事者も高齢化し良質な労働力が確保できない厳しい状況にある。
さらに原発事故後、放射能被害が厳しい環境に拍車をかけ、森林整備が震災前に比べ約50%に落ち込んでいる。手を加えられない森林は荒廃が進み、川下の住民生活にも影響する。

しかしこのような状況下であっても、森林を見捨てるわけにはいかない。なぜなら森林は資源であり、それをどう生かしていくか、我々に与えられた使命だと認識している。これからは国産材を上手に使っていく時代。森の恵みを循環できるようなシステムを考えていかなければならない。

[PR]
by endo_yuko | 2015-06-29 21:14 | Comments(0)
井上さん送別会
d0003224_15130763.jpg
経産省から復興支援員として派遣されている井上さんが本庁に戻る。
川内村とのご縁を頂いて2年3ケ月、村の復興と新しい村づくりのために力を貸していただいた。大きな戦友・戦力を失うようで寂しい。これからは川内村東京事務所駐在員としてご尽力いただきたい。

本庁では、机も椅子も片付けたと言っていたけど、戻ってもいるところないのでは・・・・、大丈夫かな。

[PR]
by endo_yuko | 2015-06-29 21:13 | Comments(0)
上 昌広東京大学医科学教授が来村
d0003224_15112653.jpg
東京大学の上 昌広先生が特養施設の建設状況を視察。広々とした環境と施設内のゆったりとしたスペースに驚いていた。
上先生のスタッフには、帰村前に戻っている村民に健康診断を実施していただいたことがあり、不安で一杯の住民に対して心強いアドバイスもいただいた。
[PR]
by endo_yuko | 2015-06-29 20:11 | Comments(0)
パイロット輸送始まる
d0003224_14372938.jpg
d0003224_15033537.jpg
d0003224_15035047.jpg
d0003224_15040630.jpg
荻・貝の坂解除準備区域にある仮置場から、除染除去物の搬出が始まった。運び出すために集められたフレコンバックに損傷がないかどうか確認し、線量と重量を測り、中身は何か、どこから搬出しどこに搬入されたのかなどを確認するためのタグが取り付けられた。その後ダンプカーに積み込まれ、厚手のシートを掛けて更に車周辺の線量を測ってから搬出がスタート。

搬出ダンプカーにはGPSが取り付けられ、どの辺を走っているのかPCで確認できるようになっている。輸送道路には誘導員を配置し、事故が起きないよう配慮している。安全に搬出することはもちろんだが、パイロット輸送後の一日も早い本格搬出を願う。


[PR]
by endo_yuko | 2015-06-29 20:04 | Comments(0)
根っこづくりの経営
d0003224_12422632.jpg
d0003224_12423919.jpg
高校時代の友人・渡辺経営コンサルタント渡辺雅文氏の著書「根っこづくりの経営」の出版記念講演が行われた。
震災前から勉強会「双葉志塾」開催し、塾長の立場で様々なアドバイスを頂いていた。震災前は南相馬市で開業していたが、震災後は福島市に事務所を移し地元経営者などへ支援をしている。

講演会にはイエローハットの鍵山秀三郎相談役が特別講演、トイレ掃除を通して気づきや下座の心、逆境から学ぶことの大切さなど、日々の生活の追われ忘れていたことを再確認できた。
[PR]
by endo_yuko | 2015-06-27 12:42 | Comments(0)
本の贈呈
d0003224_08491366.jpg
d0003224_08492527.jpg
今年も川崎市国際交流茶道研究会の皆さんから本を頂いた。チャリティの収益金と多くの市民からの寄付と、北野書店北野嘉信社長の協力で村への贈呈となった。かこさとし氏の絵本もあり、子供たちは大喜びでした。

[PR]
by endo_yuko | 2015-06-18 11:52 | Comments(0)
佐藤栄佐久元知事が来庁
d0003224_08510208.jpg
佐藤栄佐久元知事が村の様子を見に立ち寄られ、「復興している様子が感じられるね」と励ましていただいた。郡山市ビックパレットに避難した時、何度も村民を見舞っていただいた。

[PR]
by endo_yuko | 2015-06-18 08:59 | Comments(0)
浜田復興副大臣との意見交換
d0003224_13085996.jpg

浜田復興副大臣との意見交換会が郡山市合同庁舎で行われた。
川内村からは5点ほどお願いした。

一つは原発由来の事業に関しては、全額国費だよということだが、どうも国側の考えと乖離があるような気がしてならない。未曾有の災害と言われているが、これは前例のない支援をお願いしたい。

2点目は緊急雇用対策について、形を変えて継続すると言うことで、とてもありがたいと思っている。こういう事業がソフト事業の中でも隙間事業だと思っている。こういったものができなくなると直接住民に影響が出るので、是非継続をしてもらいたい。
3点目は県単事業の、特に道路のインフラ整備に関する事業、川内村の中でも、国道399号や県道小野富岡線もふくしま復興再生道路の一つである。是非、県単の財政を確保していただきたい。

4点目は森林再生事業について、森林整備は7割近くの森林を有している福島県にとっても重要。除染をどうするのかということが大きな課題である。やはり線量を下げていく、そのためにも森林整備のような再生事業は是非継続していただきたい。あわせて、被災地の農家再生事業についても財源を確保していただきたい。

最後に、新たな賠償制度が打ち出された中で、新たな分断が起きているのも事実である。是非これについては御配慮いただきたい。


[PR]
by endo_yuko | 2015-06-16 13:48 | Comments(6)
村民ゴルフ大会
d0003224_13491146.jpg
震災・原発事故後5年ぶりに開催、老若男女60名が参加した。
楽しむことへの抵抗感があったが天候にも恵まれ久しぶりに芝刈りを楽しんだ。
とにかく汗だくで精も根も尽き果てた。

[PR]
by endo_yuko | 2015-06-16 12:48 | Comments(0)
自衛隊大滝根分屯基地59周年式典
d0003224_16591328.jpg
d0003224_16593469.jpg
大滝根分屯基地開きが5年ぶりに行われた。航空自衛隊F-15による編隊飛行展示、高機動車や装甲車などが地上展示され、ヘリの体験試乗もあった。
昭和31年に米軍基地があったこの地に部隊が配属され、泉保の国土防衛のために航空警戒管制が維持されてきた。
現在は大滝根山の厳しい自然環境の中で、司令をはじめ多くの隊員が昼夜を問わず任務にあたっている。

[PR]
by endo_yuko | 2015-06-12 17:14 | Comments(0)