以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2015年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧
土井国交省副大臣に要望
d0003224_17040473.jpg
震災原発事故前に生活圏であった富岡町や大熊町の復興にもう少し時間が必要なことから、小野町から中通り通じる小野富岡線、吉間田滝根線の改良工事を国の直轄権限代行で進めるよう国土交通省に要望した。

いわき市から小野町に向かう路線は、狭隘でカーブが多く、冬期間は凍結すると通行に支障をきたしている。戻ってきている住民の通院や買い物などにかなりの負担になっている。その他399号の早期改良、常磐線の2車線化、高速道路無料化なども要望した。
[PR]
by endo_yuko | 2015-11-30 17:04 | Comments(0)
藤村記念歴程賞受賞

d0003224_17330227.jpg
d0003224_17001181.jpg
d0003224_17333779.jpg
d0003224_17342254.jpg

藤村記念歴程賞の表彰式が都内のホテルで行われ、石井天山祭り実行委員長、秋元婦人会長、矢内大丘長福寺住職など関係者で出席した。団体が受賞したのは今回が初めて。草野心平とのご縁から天山文庫を創設、それを記念して毎年天山祭りを開催し、今年で50回目を数える。

原発事故後も祭りを続け、詩を尊ぶ精神を大切にしながら、復興に取り組んできたことが評価された。野村喜和夫選考委員長が受賞理由を紹介し、粕谷栄市選考委員から表彰状と賞金50万円をいただいた。

[PR]
by endo_yuko | 2015-11-30 17:00 | Comments(0)
でんでんむし
d0003224_11305211.jpg
冷たくないか?と声を掛けたのですが

ぜんぜんむし^_^;
[PR]
by endo_yuko | 2015-11-21 11:34 | Comments(0)
朝もやは三文の徳?
d0003224_11310705.jpg
今朝の川内村はもやっていました。

何か出そうでしょ(;一_一)


[PR]
by endo_yuko | 2015-11-21 11:31 | Comments(0)
「ふるさと川内会」立ち上げ準備会
d0003224_11291168.jpg
首都圏などで暮す村出身者やゆかりの人たちでつくる「ふるさと川内会」の設立準備会を、都内の渡部雄一君(2区出身)経営する「かわうち」で開催した。
準備会は、震災前に開催して2011年6月に設立総会を予定していたが、原発事故で振出しに戻っていた。今回新たに準備会を発足し、来年度の開催に向け活動を再開した。
この日は、三瓶正一氏(4区)を会長に選び、今後それぞれのネットワークで会員を募集していくことを決定した。
まずは、村からの情報提供で所在を確認し、設立総会への参加を呼び掛けていく。震災原発事故からの新たな応援団に期待している。
[PR]
by endo_yuko | 2015-11-21 11:29 | Comments(0)
全国大会が開催
d0003224_11122768.jpg
d0003224_11121059.jpg
d0003224_11114878.jpg
この時期はそれぞれの全国大会が開催される。
全国町村長大会では石破地方創生担当大臣が地方創生を熱く語っていた。全国山村進興連盟大会、全国過疎自立促進連盟大会とも、生産活動と生活環境が一体となっている農山村漁村の振興が目的。毎年同じようなことを同じ様に訴え続けているが、現状は惨憺たる結果。

変わらないのは、毎年この時期全国から市町村長や議員が東京に集合するので、ホテル予約がとれないこと。東京ではホテル税が付加される。一人100円。来年から福島で開催することを望む。

[PR]
by endo_yuko | 2015-11-21 11:25 | Comments(0)
復興官民合同チームとの意見交換会
d0003224_11273989.jpg
官民合同チームは、被災を受けた地域の商工業者や農業者を個別に訪問し、ニーズや悩みを丁寧に聞き取り現状を把握しながら、今後事業の再開、廃業などについてアドバイスしていくことが目的。
現在1500件ほど訪問、その内地元での事業再開・継続を希望する事業者は45%。希望があっても現実的に難しいと考えている事業者が多い。

[PR]
by endo_yuko | 2015-11-21 11:21 | Comments(0)
みやさか保育園児が防火パレード
d0003224_11005048.jpg
みやさか保育園の子供たちが拍子木を打ち鳴らしながら、大きな声で火の用心を呼びかけていた。
火は神様からのプレゼントです。美味しい料理を作ったり、部屋を暖めるストーブにも使われる。大切に使ってね。
[PR]
by endo_yuko | 2015-11-21 11:10 | Comments(0)
ふくしま駅伝に・・・、
d0003224_17350395.jpg
d0003224_17351568.jpg
d0003224_17370351.jpg
d0003224_17372244.jpg
ふくしま駅伝混成チーム「希望ふくしま」のメンバーに選出された川内村出身選手の応援に駆け付けた。
本村からは、2区遠藤健次君(ふたば未来学園1年生)、3区三瓶将也君、7区猪狩拓未君、8区若松聖也君(3人とも川内中学生)が出場した。
目の前を走り抜けるランナーに声援をおくろうとしても胸が熱くなって声が出なかった。
中学校の文化祭「清流祭」ではユニークなパフォーマンスを披露した3人だったが、今度はランナーとして必死にタスキを渡そうとしている姿に感動した。

[PR]
by endo_yuko | 2015-11-20 17:44 | Comments(0)
鍋倉トンネル
d0003224_19145010.jpg
来春開通する予定の小野富岡線・鍋倉トンネルの名板を揮毫した。
秋元敏博産業振興課長の指導の下、何とか書き上げた。手古岡トンネルについて2つ目となる。
[PR]
by endo_yuko | 2015-11-11 12:51 | Comments(0)