以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2017年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
「いい加減に生きるコツ」講演
d0003224_1842773.jpg
d0003224_184361.jpg


飛騨千光寺・大下大圓住職を迎え、心のケア「いい加減に生きるコツ」のテーマで講演していただいた。
コミュニティセンター会場で参加者は約50名。笑いがありとても楽しい話を聞かせていただいた。

住職はこれまで2012年から毎年京都大学の「川内村帰村支援PT」の一員として、何度も来村し講和や瞑想を実践してきた。併せて日置洵子音楽療法士による演奏も披露された。
[PR]
by endo_yuko | 2017-02-27 18:12 | Comments(0)
感謝状!
d0003224_17554412.jpg


村民の大山さん、猪狩さん、三瓶さんの3人は、なりすまし詐欺防犯寸劇に協力したことが認められ、福島北警察署高沼広行所長から感謝状を贈られた。
3人は郡山の仮設住宅で避難者のサポートをしながら、地域の防犯にも積極的に関わっている。今回の感謝状は村にとっても名誉なことですね。
[PR]
by endo_yuko | 2017-02-27 18:00 | Comments(0)
メトロに試験導入
d0003224_17455826.jpg
d0003224_17461328.jpg
d0003224_1746335.jpg


コドモエナジー(株)の蓄光タイル「ルナウエア」が東京メトロ・日比谷線上野駅で試験導入が始まった。
震災後の誘致企業として川内村で3年前に操業、無電力で発光する「ルナウエア」を製造販売している。屋外で使用できダントツの発光力で半永久的に使用できる。
[PR]
by endo_yuko | 2017-02-27 17:53 | Comments(0)
災害時危機管理トップセミナー
d0003224_17232287.jpg


災害時の危機管理セミナーが県庁北庁舎で行われた。
災害時のリスクマネジメントでは、ヤマを正しくかけることと、想定外を起こさせないこと。更に復興対応として、早期回復を図るとともに、単に現状に戻すのではなく、より安全でより理想的な地域の建設を図ること。

防災計画の見直しでは、「絵に描いた餅」にならないこと。リーダーシップとパートナーシップ、優先順位を決めておくこと。どのような判断指示をするのか、緊急時のリーダーとしての責任は重い。
[PR]
by endo_yuko | 2017-02-27 17:42 | Comments(0)
福島県国保連総会
d0003224_17192765.jpg


役員改選が行われ、鈴木白河市長が会長に選任された。僕は浜通り選出の理事に就任した。
[PR]
by endo_yuko | 2017-02-27 17:21 | Comments(0)
福島県町村会総会
d0003224_1792938.jpg
d0003224_1794036.jpg


県町村会の総会が自治会館で行われた。
議事に入る前に新任町村長と再任町村長が紹介された。新任町村長は篠木葛尾村長初め3名、再任では湯座棚倉町長、、菅野飯館村長初め5名がそれぞれ挨拶した。

湯座町長とは同じ燦零会のメンバー、今回で6期目を迎える菅野飯館村長には、震災原発事故の問題でアドバイスいただいている。また同じ仕事ができることをうれしく思う。
[PR]
by endo_yuko | 2017-02-27 17:18 | Comments(0)
第3回かわうち会議
d0003224_915536.jpg
d0003224_916836.jpg
d0003224_9161930.jpg


第3回かわうちかえる会議をかわうちの湯で開催。今回のテーマは、「交流人口の拡大」
どんな村だったら、若い人が住みたいと考えるのか、都会の便利な生活からの移住は大変。それなりの覚悟、技術、楽しみ方が必要かもしれない。全ての人ではなく、来れる人を受け入れるような取り組みが必要。

交流人口の拡大も一つの産業として捉えることで、観光業や地域の活性化、村の人口減少影響緩和を図る。将来的には定住人口の増加に繋げていきたい。人口減少が不可避なら、少しそれに抵抗してやろうと考えている。
[PR]
by endo_yuko | 2017-02-26 09:24 | Comments(0)
日本記者クラブ来村
d0003224_17464667.jpg
d0003224_17465662.jpg


日本記者クラブの会員約40名が、第一原発や被災地の現状と復興への動きを取材するために来村。
時間経過の中で原発事故から現在までの状況や、その時々の村長としての判断、住民の反応、復興を進めていくプロセスでの課題、今後の村づくりについて話した。
[PR]
by endo_yuko | 2017-02-14 17:57 | Comments(0)
「川内村人材塾」開催
d0003224_17351399.jpg


村の復興や復興後の中長期的な地域振興、村づくりを進めるため、今後の担い手育成を目的に「川内村人材塾」が商工会と官民合同チームによって立ち上げられた。

第1回目として、女川町の復興に関わってきた 末 祐介氏(中央復建コンサルタンツ・総合政策G統括R)による講演会が開催された。テーマは「女川町における復興の歩みと域外からのヒト・モノ・カネ・情報の呼び込み」について。
[PR]
by endo_yuko | 2017-02-14 17:45 | Comments(0)
新年度予算書
d0003224_1721338.jpg


今月初めから新年度予算の村長査定実施中。
いいかげん数字アレルギーになりそうだわ。
2017年一般会計予算約60億円。民生費や扶助費が増え、政策的な事業が圧縮されている。
復興事業がソフトランディングした後の反動減にどう対応していくか、真価が問われるのはこれからだ。
[PR]
by endo_yuko | 2017-02-14 17:32 | Comments(0)