以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2017年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
退職辞令交付
d0003224_11361425.jpg
d0003224_11362129.jpg
「会って、知って、別れる」は人の世の常。しかしそのシチュエーションになると寂しい。
それぞれのポジションでひたすら村政発展と村民の幸せのため、さらに震災原発事故後の復興と新たな村作りのために心血を注いでいただきました。

薄 教育課長は35年間奉職し定年退職。震災後教育課長として、子供たちの確認と支援、戻ってきた子供たちのハンディキャップの最小化など、教育環境の整備にご尽力をいただきました。

吉岡医療係長は、看護師として村民の健康を守る医療現場の最前線で16年間勤めていただきました。震災後は診療科目が増え、ドクターの調整などで苦労も多かったことと思います。

営繕係伊藤さんは、復興支援員として1年間勤務していただきました。復興関連事業の工業団地造成工事、総合グランド改修、葬祭場増築工事などの設計施行管理を行っていただきました。

農業普及所の半沢さんは、農業の再生のために3年間指導していただきました。特に野菜勉強会を立ち上げ、地域の人たちと珍しい野菜作りを通して、住民の絆やコミュニティーつくりに貢献していただきました。

茨城県那珂市から復興支援員として派遣されていた中山保健師が、2年間の勤務を終えて戻られる。がん検診や特定健診の未受診者宅を訪問して、受診を促したり、仮設住宅の高齢者の健康調査などをしていただきました。

CAP(復興再生事務所)の嶋さんは、復興関連事業の予算や許認可などでお世話になりました。1年間という短い時間でしたが、職員のわがままを聞いていただきました。

5名の方々には、僕の拙いダジャレにお付き合いいただきとても感謝しております。もう少しレベルアップに努めますので、時々冷やかしにきてください。
いよいよ4月からは新たなステージです。心に秘めたるものがあると思いますが、肩書きがなくなったり環境が変わったりした時に、その人の真価が問われるかもしれません。健康に留意されご活躍ください。お世話になりました。

[PR]
by endo_yuko | 2017-03-31 21:55 | Comments(0)
田の入工業団地企業進出第1号
d0003224_16180818.jpg
d0003224_16172679.jpg
昨年から工事を進めてきた田の入工業団地に、岡山県倉敷市に本社があるスポーツウエア製造会社「リセラ」が第1号として進出する。
協定締結式には、リセラ・宮本社長、原子力現地対策本部の後藤副本部長の立会いの下、署名した。
国の企業立地補助金を活用し、12月操業、新たに18人の雇用を予定している。

[PR]
by endo_yuko | 2017-03-31 20:15 | Comments(0)
渡辺俊美が南1丁目でライブ
d0003224_12024616.jpg
d0003224_12030478.jpg
あの東日本大震災から丸6年、3月末で仮設住宅の供用期間が終わる郡山市南1丁目で、渡辺俊美の追悼・復興ライブが開催された。
相変わらず迫力ある俊美の声が仮設住宅の広場に響いた。


[PR]
by endo_yuko | 2017-03-31 18:27 | Comments(0)
お世話になりました
d0003224_15595732.jpg
d0003224_15102580.jpg
福島大学丹波准教授が福島大学を退職し、立命館大学に移る。
震災原発事故後、未来支援センター「村の大学」などの事業で大変お世話になった。
新たな地でのご活躍をお祈り致します。


[PR]
by endo_yuko | 2017-03-31 18:18 | Comments(0)
「月曜Monday,夜はこれから」が終了
d0003224_16012066.jpg
d0003224_16010670.jpg
震災原発事故後、毎週月曜日夜7時からCM無しで2時間放送してきた「月曜Monday」が、3月27日(月)で幕を閉じた。
パーソナリティー大和田アナの下ネタ満載のトークに引き込まれ、あっという間の2時間だった。

何度か出演させていただいたが、大和田アナの軽快なおしゃべりと、豊富な話題・情報量に圧倒され、楽しい時間を与えていただいた。
この日は突然乱入して、花束をプレゼンとした。お疲れさまでした。

[PR]
by endo_yuko | 2017-03-30 18:59 | Comments(0)
河北新報社新採用者研修
d0003224_11360825.jpg
河北新報社に今春採用予定者10名が来村。川内村の復興状況や課題、今後の村作りについて話した。
その後ワインぶどう栽培地などを視察した。

[PR]
by endo_yuko | 2017-03-30 18:47 | Comments(0)
福島大学新潟シンポジュウム
d0003224_18030407.jpg
d0003224_18025987.jpg
d0003224_18025290.jpg
d0003224_18024595.jpg
福島大学未来センターが、東日本大震災と原発事故についての報告とシンポジュウムを新潟市で開催。飯尾 潤政策研究大学院大学教授による基調講演、福島大学の3名の先生と福島県商工労働部次長が現状報告。
その後丹波福島大学准教授をモデレーターに、稲垣中越防災安全推進機構、松井新潟大学副学長、高橋共同通信社、そして僕の4人でディスカッション。東日本大震災と新潟中越地震との共通点と相違点、今後の対応について意見を交わした。

シンポジュウム終了後、いわき市と南相馬市から避難している家族から声を掛けていただいた。6年という時間の長さを話していた。

[PR]
by endo_yuko | 2017-03-08 19:08 | Comments(0)
ブルーベリーの選定講習会
d0003224_17570900.jpg
d0003224_17565903.jpg
ベリー会主催によるブルーベリー剪定講習会が行われた。県農林水産部と農業双葉普及所の職員が剪定方法を指導した。この日は葛尾村からの村民も受講され、今後村内でブルーベリーの栽培を実施していきたいと話していた。

[PR]
by endo_yuko | 2017-03-07 18:31 | Comments(0)
桂 幸丸独演会
d0003224_1501738.jpg
d0003224_1502864.jpg

d0003224_1505928.jpg

d0003224_1503813.jpg


歳末助け合い募金の配分事業として「高齢者ふれあい交流会」を開催。
婦人会と民生委員の協力を得て、75歳以上の高齢者と老人クラブの会員を対象に約150名が参加した。

今回は大いに笑ってもらうことを目的に、須賀川市出身の落語家・桂幸丸師匠の独演会を開催。
「笑うと健康」、「福島方言落語」、「老人社会」を披露し、会場を笑わせた。特に「福島方言落語」は、日々の生活での会話をモチーフに、聞きなれた方言がさく裂し、大笑いしておしっこを漏らしそうになった、と話していた。
[PR]
by endo_yuko | 2017-03-01 15:01 | Comments(0)
ちくちく大好き女性の作品展
d0003224_1525393.jpg
d0003224_15254991.jpg
d0003224_152624.jpg
d0003224_15261146.jpg


旧はやま保育所の会場には吊るし雛など多くの作品が並んでいた。
郡山市や茨城県那珂市からの見学者が訪れていた。この日は製作者の一人・草野さんの誕生日、皆さんでお祝いしているタイミングに遭遇し、92歳に草野さんから元気をいただいた。
[PR]
by endo_yuko | 2017-03-01 14:20 | Comments(0)