以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2017年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
五社八幡神社遷宮祭
d0003224_13241980.jpg
d0003224_13243150.jpg
標高約600メートルある五社山に祀られている五社八幡神社は、これまで多くの村内外の方々から拝礼され、心の拠り所でもありました。また、宮ノ下地区の鎮守様であり、シンボルチックな存在でもあります。

毎年春と秋に例大祭を執り行い、当時の様式を伝承しながら、後世に伝えるべく努力をされてきました。しかし、地区の人口減少、氏子の高齢化、東日本大震災・原発事故により過疎化が急速に進み、山頂での例大祭を執行することが、滞るような状況になりつつあると伺っていました。

時代の移り変わりの中で、頑なに守っていくものと柔軟に対応していかなければならないものとがあると思います。この度の遷宮は、誰でも拝殿できる場所に移設することは、現実的な対応をされたことと思います。地区皆様、氏子皆様のご英断ではないでしょうか。

この様な滅多にない遷宮祭に立ち会わせていただいたことに感謝申し上げます。

[PR]
by endo_yuko | 2017-09-25 13:50 | Comments(0)
ふくしまFarmers Camp@川内村
d0003224_10563715.jpg
d0003224_10563140.jpg
東の食の会主催による、第3回farmers Campが川内村いわなの郷体験交流館で開催された。村外から多くの参加者があり、村内からも6次化に取り組んでいる生産者、販売者。行政関係者などが参加した。
今回のテーマは「ブランディングとは?」 静岡県立大学経営情報学部教授・中企業診断士でもある岩崎邦彦氏のセミナー講演とワークショップ。とても分かりやすく豊富な事例を紹介しながら話され、ブランディングの必要性、具体的な視点、感性の重要性などを認識した。小さなところほどブランディングの必要性を感じた。

[PR]
by endo_yuko | 2017-09-24 11:16 | Comments(0)
長福寺
d0003224_12223914.jpg
d0003224_12224498.jpg
長福寺の正門を潜って坂道を登るっていくと本堂の前に出る。先々代の矢内俊晃和尚が亡くなって40年近く経つ。けやきの樹が太くなったが、風景はあの当時とまったく変わらない。和尚が愛用していた自転車がその当時を偲ばせる。

昭和28年夏、ロイド眼鏡と麦わら帽子、セルの着流しに桐の下駄履き、富岡駅に迎えに行った和尚を驚かせた。詩人・草野心平との初対面である。

和尚と心平の出会いはおそらく衝撃的なものであったに違いない。この二人の出会いが、多くの恵みをもたらしている。

[PR]
by endo_yuko | 2017-09-15 12:28 | Comments(0)
長野県立上田高校来村
d0003224_12222883.jpg
d0003224_12222157.jpg
d0003224_12223340.jpg
長野県立上田高校の10名の生徒達がフィールドワークのために来られた。原発事故後の村の様子や問題点について調査探求することが目的。
昨年に続き、今年も遠い長野県から来られ、今福島・川内村はどうなっているのか、自分の目で見て、聞いて、感じ、確かめたかったと話していた。


[PR]
by endo_yuko | 2017-09-15 12:26 | Comments(0)
伊藤県総務部長がワインぶどう畑視察
d0003224_12221593.jpg
d0003224_12214583.jpg
d0003224_12214106.jpg
伊藤福島県総務部長が、ワインぶどう畑を視察した。かわうちワイン(株)の高木社長がビンヤードを案内し、すでになっている実を味わっていただいた。
ロケーションの素晴らしさと、メルローやシャルドネ、カベルネソービニヨン約1万本植えられている、綺麗なぶどう畑を見ていただいた。

[PR]
by endo_yuko | 2017-09-15 12:25 | Comments(0)
村の大学開講式
d0003224_12210169.jpg
d0003224_12210967.jpg
福島大学の学生32名が「村の大学」フィールドワークのために来村。それぞれのテーマごとに3つの班に分かれ、住民と直接話をしながら、震災後の村の状況や課題について調査まとめ、村への提言なども行う。いわなの郷のコテージに宿泊し、村の行事やイベントなどにも積極的に参加した。

生活班は、医療や福祉、教育の現状と課題を調査し、原発事故から6年半を経て村の生活がどう変わってきたのかなどをまとめた。
歴史・文化班は草野心平と関わりが深い人たちから話を聞いて、村民との交流や歴史とその魅力について探求する。また実際に諏訪神社の祭りに参加し伝統芸能の保存や継承についてまとめた。
農業班は、実際に農家の人たちから話を聞き、原発事故から6年半が経つ田畑の現状や、担い手の状況について調査する。また新しい農業と六次化について提言した。

[PR]
by endo_yuko | 2017-09-15 12:24 | Comments(0)
平成29年度敬老会・しあわせ金婚夫婦表彰
d0003224_10545476.jpg
d0003224_10551209.jpg
d0003224_10553462.jpg
d0003224_10554317.jpg
d0003224_11154019.jpg
d0003224_11171776.jpg
d0003224_11172648.jpg
今年の75歳以上の敬老者は654名、その内90歳以上が115名、昨年初めて100名を越えたが、今年はさらにそれを上回った。そして100歳以上が4名。
11月に100歳になられる方がいるので、合わせて5名になる。今年も元気な笑顔を拝見することができ、とてもうれしい。日々の生活の中で少し体を動かす時間があること、毎日やるべきことがあること、他人と関わる時間があること、サロンや運動教室など外に出かけることがあることなどが健康な秘訣かな。

またこの日は、長らく苦楽をともにし結婚50年を迎えた金婚夫婦の方々にも出席いただき、福島民報社から表彰された。毛戸の草野さんと手古岡の西山さんのご夫婦が出席、村からも記念品をお渡しした。

アトラクションでは、保育園の子供たちによる遊戯、大正琴、フラダンス、日本舞踊、カラオケなどが披露され、敬老者と金婚夫婦を祝った。

[PR]
by endo_yuko | 2017-09-04 16:27 | Comments(0)
久しぶりの快晴
d0003224_11183361.jpg
d0003224_11183838.jpg
久しぶりの雲一つない快晴
気持ちいい
秋の気配を感じる

8月は長雨が続き、農作物への影響が心配。後半になって少し回復、何とか持ち直してくれるといいが・・・、

一日も早く快晴を かいせ〜

なんちゃって

[PR]
by endo_yuko | 2017-09-04 15:59 | Comments(0)
武藤容治原子力災害現地対策本部長来村
d0003224_11185302.jpg
d0003224_11184659.jpg
d0003224_11185896.jpg
武藤原災本部・経産副大臣が、川内村の現状視察と意見交換のために来村。
昨年6月に解除された荻・貝の坂地区、工業団地、コドモエナジー、野菜工場「キミドリ」、商業施設「YOーTASHI」などを視察、その後役場内で意見交換。
村と議会から、復興推進体制の継続など7項目について要望した。

[PR]
by endo_yuko | 2017-09-04 15:53 | Comments(0)
「かわうちワイン株式会社」法人設立
d0003224_11174947.jpg
d0003224_11175395.jpg
d0003224_11174402.jpg
小雨の中、山あいの道路を上っていくと眼下にもやの間からぶどう畑が広がっている。昨年植えたカベルネ・ソービニヨンがかわいいぶどうの実を付けていた。総数1万本、ぶどう用棚が張られ、綺麗に除草されたビンヤードはとても気持ちがいい。何かが始まりそうな予感がする。

昨年から関わっている横田さんに、今月から強力な助っ人が現れた。地域おこし協力隊員2名。地元の人たちとの協力体制と共に、新たなスタッフが加わり、会社組織として一歩踏み出した。


[PR]
by endo_yuko | 2017-09-04 14:17 | Comments(0)