以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
福島大学「村の大学」報告会
d0003224_14194094.jpg
d0003224_14194652.jpg
d0003224_14195237.jpg
d0003224_14200431.jpg
d0003224_14201177.jpg
d0003224_14201885.jpg
福島大学ふくしま未来学「村の大学」の報告会がいわななの郷体験交流館で行われ、数多くの村民が出席した。 これまで4年間、大学授業のフィールドワークとして川内村のフィールドを利用していただいている。

これまで約100名近い学生が村を訪れ、震災原発事故からの復興と近未来の方向性について様々な提案をいただいた。実際に村のイベントや行事にスタッフとして協力いただいたり、地域の鎮守様のお祭りなどにも参加している。

具体的にはかわうちピザのような特産品の開発、伝統芸能の継承、循環型農業や新たな雇用創出など新たな気づきを提案してくれている。学生が村内を闊歩している姿は、とてもまぶしく、村民に元気を与えてくれるだけではなく、学生自身も地域の問題解決に取り組みながら、現場から学ぶことも多いはずだ。

今回は、昨年から体験や座学を繰り返してきた7つのテーマ、実態や課題について報告され、村民も参加したワークショップも盛り上がった。参加した村民からは、今後も村の大学として継続してほしいという意見が多かった。

[PR]
# by endo_yuko | 2018-01-15 15:52 | Comments(0)
知事要望
d0003224_11010784.jpg
双葉郡町村会で新春の挨拶と合わせて課題解決のために知事へ要望した。

[PR]
# by endo_yuko | 2018-01-15 15:30 | Comments(0)
川内村消防出初式
d0003224_11030314.jpg
d0003224_11024881.jpg
d0003224_11025712.jpg
新春を飾る川内村消防出初式が行われた。本村の出初式には婦人消防隊も参加するのが恒例だ。7年前の震災原発事故後、地域防災力の重要性が増大し住民からも期待されている。しかし一方で、長期化する避難や社会的要因などで防災活動の担い手を十分確保することが困難になってきている。

今後、消防組織の再編強化を進めながら、後方支援として婦人消防隊の存在感を高めていかなければならないと考える。防災備蓄倉庫、消防機材の充実を図りながら、団員確保を積極的に進めていく必要がある。

[PR]
# by endo_yuko | 2018-01-15 15:27 | Comments(0)
2018年仕事始めの式
d0003224_11024145.jpg

[PR]
# by endo_yuko | 2018-01-15 15:18 | Comments(0)
仕事納めの式
d0003224_14144398.jpg
間もなく2017年が過去のものになる。年初めの志を紐解いても、残り3日間。今更間に合わないしグダグダ言ってもはじまらない。ここまできたら覚悟を決めて開き直りしかない。
さてあの日から6年9ヶ月が過ぎた。生活環境整備や様々なインフラ整備を全速力で進めてきた。職員初め支援いただいた皆様のおかげで、現在8割の村民が戻って生活を再開している。帰村と言う意味では、戻れる環境を一日も早く整備していくことも、広義の復興支援ではないだろうか。

仕事でストレスを感じることも多かっただろう。才能やスキルなんてあらかじめ持っている人はいない。才能を開花させ、スキルをアップさせるのは個々の努力と情熱だと思っている。苦しく辛かったら一度立ち止まってもいい。心がすり減ったと感じたら休んでもいい。

検証するには時間が足りないが、色々あった1年だった。人智を越えたものへの畏敬の念と、お世話になった方々への感謝の気持ちを忘れることなく、新しい年を迎えたいものだ。

今年も残り少なくなりました。僕のブログをお読みいただいている皆様に心から感謝を申し上げ、いい年をお迎えくださいますようお祈り申し上げます。

[PR]
# by endo_yuko | 2017-12-29 15:04 | Comments(0)