以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
ひがみっぽくなったかな?
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼10/26(水)
13:00  ラジオ福島「かっとびワイド」出演     [福島]

▼10/27(木)
10:00  双葉地区道路懇談会        [双葉町]

 毎年開催されている懇談会です。高速道路、国道、県道等の要望活動と進捗状況、今後の見通しについて意見を交わす会議ですが、今回はどういう訳か国や県側の出来ない理由の説明に終始した会議でした。いつまで我慢すればいいのか?地方は我慢することに慣れているし、
いままでもそうして来た。そこには我慢した先に光が見えたからである。それすら判らないと言う。更に道路整備がいきわたった今、道路特定財源を一般財源に組み込むべきだという議論がある。地方の道路は切り捨てろというのか、地方の道路はまだまだ整備が遅れている。生活道路として、救急医療や災害時の緊急物流の輸送にどうしても必要なものである。目的税を一般財源にするのは趣旨や公平性に反するのではないのか。
 重点性、優先性、客観性をもって事業に着手すると言っているが、暗に人口集中地域を優先すると言っているように聞こえる。我が村にも399号線や小野・富岡線の早期整備が待たれる。私は必ず出来ると確信している。なぜなら地域の人達は出来ないことを許可していないからである。しかしどうも最近ひがみっぽくなったようだ。

14:00  土地改良区検査講評       [会議室]

▼10/28(金)
14:50  下川内竜田・停車場線要望活動    [県土木部]

▼10/29(土)
 8:30  きのこ杯ソフトボール大会     [総合グランド]

 今年で14回目の大会です。お蔭様で歴史のある大会に育ててもらいました。県内各地から32チームが参加して頂き、とても感激しました。また今年はたてやまスポーツ少年団が設立30周年の記念すべき年でもあります。渡辺隆利監督はじめ多くの関係者によって支えられてきた少年団です。親子二代でソフトボールを楽しんだという家族もいます。たてやまスポ少の歴史は川内村スポーツ少年団の歴史といっても過言ではないと思います。今後とも地域スポーツの振興にご協力ください。

11:00  坂本剛二衆議院議員を囲むいもに会    [体験交流館]
14:00  秋元秀典君・容子さん結婚披露宴      [いわき]  

▼10/30(日)
10:00  原子力を考える日      [大熊町原子力センター]
12:00  新そば祭り          [体験交流館]

▼10/31(月)
10:00  下川内竜田・停車場線要望活動    [原町建設事務所] 
14:00  庁議
15:00  職員会議              [大会議室]

    ~~~~~~~~~~~~~~~
 ラジオ福島「かっとびワイド」の制作局長小峰俊一さんとの話の中で「合併」について訊ねられました。  川内村のような小さな地域にも3,200人の住民が生活している。教育、福祉、医療、環境、消防、防災といった地域でないと解決できない問題、生活に密着した問題が数多くある。そのナショナルミニマムを自分たちの意志で判断し、実行していくことが地方自治の本旨だと考える。この本旨を維持していくために適正な規模や範囲がある。顔が見えて、即検証できるような規模が望ましい。そして大切なことはスピードとタイミングだと思う。ですから、当分の間は財政的なリスクを抱えながらも「単独」でいく考えである。「スモール イズ ベスト」だと答えました。 例外ではなく過疎、少子化、農村後継者の問題がある。これらの問題を負のイメージとして捉えるのではなく、行政運営していく上で好材料と捉えるくらいの発想の転換が必要である。
したたかに生き抜いていく覚悟であると答えました。
[PR]
# by endo_yuko | 2005-10-31 20:34 | Comments(3)
ラジオ福島生放送
d0003224_17142351.jpg

ラジオ福島かっとびワイド「元気発進!ふるさと応援団」生放送、スタジオ内の様子です。五藤アナウンサー素敵でしょ。テーブルの上にあるペットボトルの中身は川内のお水です。しっかりPRしてきました。
[PR]
# by endo_yuko | 2005-10-27 17:24 | Comments(2)
山粧う季節
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼10/18(火)
 9:30  双葉地方森林組合見積り合せ      [村長室]
11:30  中央学級                  [体験交流館]

 婦人会、敬老会の人達といも煮会を楽しみました。ちゃんちゃん焼き(鮭をひらいて、その中に野菜を入れ味噌で味付けをし、そのままホイル焼き?)や豚汁をご馳走になりました。それぞれおもいおもいに料理を持ち寄り、秋の一日を楽しんでいました。ご相伴なあづかり 感謝!

19:00  区長会                   [大会議室] 

 小泉総理のメルマガを読んでいたら、愛知万博開催期間中全日程入場した主婦の話が掲載されていました。3月25日から9月25日までの185日間一日も休まないで各パビリオンを見学されたそうです。毎日のウォーキングを兼ね、熱を出した時は点滴を打ちながら通われたそうですが、そこには初めて見る感動があるからと仰っています。実はこれと同じような事がディズニーランドにもあります。これまで300回以上訪れた方がいます。どんな人かと訊ねていったら、ある大手会社の重役だったそうです。その理由を聞いたら、「ディズニーランドには感動があるからだ」と言われたそうです。
 ゴミ一つありませんね。案内も全て親切、スタッフはいつも笑顔、ダンサーはまさにプロに徹していますね、大きな声での挨拶、常に利用者の立場で提案していますね。感動が生まれるのは当然ですね。結果として利益が生まれる。住民や来訪者の立場でサービスを提供、企画する、行政も同じですね。

▼10/19(水)
   在庁

▼10/20(木)
14:00  東北国道協議会決起大会     [東京・マツヤサロン]

▼10/21(金)
 9:30  双葉郡町村議会議員交流パークゴルフ大会   [広野町・二つ沼公園]
14:30  福島県消防学校創立50周年式典   [福島・消防学校]

▼10/22(土)
 9:00  かわうちふるさと祭り   [コミセン]

 第1回のふるさと祭りです。今までの産業文化祭や健康祭りをネーミングを変えて実施しました。自慢の作品、特技、子供たちの習字や絵画、特産品コーナー等が陳列されていて即売会も行なわれていました。社協のたこ焼きややまゆり会の凍みもち、あぶくま更生園の野菜、夢工房の食堂は大好評でしたし、高齢者福祉器具の展示やバザー、食育アドバイス、パソコンの展示、自衛隊展示なども人気がありました。私は中学校の吹奏楽とよさこい踊りを楽しみにしていました。小学校の学習発表会と重なって、午後から人の出が多かったようですね。出展にご協力頂いた方や前日遅くまで準備をしていたスタッフに感謝いたします。
 
10:00  小学校学習発表会    [小学校・体育館]

 短い時間の中で自分の思いや感情を表現するのはとても難しいものですね。それを可能にするには日々の努力と集中力だと思います。低学年の子供たちはとても可愛らしく、ほほえましく感じました。高学年の子供たちは動きが重々しく、大人っぽく感じました。特に6年生の心のともしびはテーマも演出もよかったですね。

▼10/23(日)
 9:30  木戸ダムウォークラリー    [楢葉町・木戸ダム]

 雨と風でとても寒い日でした。集合場所の木戸ダム周辺には川内からも27,8人ほどの参加者がおりました。紅葉を楽しみながらダムをPRする目的のイベントで、この天候の中参加させた方々はカッパを着て歩いていました。

▼10/24(月)
10:30  小野・富岡線期成同盟会担当者会議    [会議室]

▼10/25(火)
 9:30  川内村臨時議会

 本日の提出議案は、①専決処分の承認(会津美里町の総合事務組合加入の件)、
              ②災害による一般会計補正予算
              ③村特別功労表彰について       
                         以上3議案でいずれも原案通り可決されました。

      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ちょっと耳よりの話、明日26日、午後1時からラジオ福島「かっとびワイド」に生出演します。村のPR、観光ガイド、イベント情報、村の将来像や地域活性化への取り組みなどが放送内容です。タイミングのいい方はお聞きください。

 
[PR]
# by endo_yuko | 2005-10-25 09:14 | Comments(2)
リスクの選択
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼10/13(木)
 8:00  火の用心ふれあいゲートボール大会    [高山クラブ]
10:30  双葉郡保護司会・更生保護女性の会合同研修会   [体験交流館]

 私たちは21世紀という言葉に限りない夢や希望を抱きました。しかし地球規模で進む環境破壊、民族や宗教の違いによる紛争やテロ、生きる目標を失って自ら命を絶つ人が年間30,000人を超え、享楽を求めて刹那的に生きる若者も多く、子供たちの尊い命が奪われる事件が後を絶ちません。私たちはいつも何かと繋がりをもって生きています。それは人であったり、自然であったりします。人を敬う心や自然を大切にする気持ちを忘れた時、むやみに人と争ったり自然を傷つけたりします。このような時代だからこそ人間本来の姿、原理原則に立ち返ることが大切なのかもしれません。
 江戸時代の儒学者佐藤一斉の”言志四録”に「春風を以って人に接し、秋霜を以って自ら慎む」という言葉があります。春風のような暖かさをもって人に接し、自分自身は厳しく律していかなければならないということですが、まさしく保護司や更生保護のボランティアをされている方々の理念であると思います。何でも与えてくれる文明社会の中で自分自身を見失わない、人間本来の姿に導く、このような崇高な活動をされているのが保護司や更生保護の立場と理解しています。
 村の保護司である井出茂君や佐久間正行さん、それに更生保護女性の会の人達がお手伝いをしていただきました。100名近い参加者があり、その中に私の中学校での恩師が参加されていました。「お前もえらくなったもんだ」、背中にびっしょり汗を掻いてしまいました。
 
▼10/14(金)
14:00  原町学園園長来訪           [村長室]

▼10/15(土)
 8:00  双葉郡町村職員ゴルフ大会     [楢葉町]

▼10/17(月)
12:30  電源地域政策協議会と知事との懇談会     [大熊原子力センター]

 知事との意見交換の中で、「リスクの選択は難しい。」と意見を述べました。炭酸ガスを押さえる電源施策として原子力発電は必要だという考え方には、どちらのリスクがいいですかと聞かれているような気がする。環境問題か原子力かというリスクの選択は住民にとっては大きな問題で、ナンセンスではないのかという話をしました。

15:00  コーティングスタッフ来訪       [村長室]
[PR]
# by endo_yuko | 2005-10-18 09:46 | Comments(2)
体育の日
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼10/10(月)   体育の日

 昨日のきのこ祭りは森の恵と天候にも恵まれ賑わいを見せていた。テントの中では丹精をこめて作られた農作物や手作りのオリジナル商品が所狭しと並べられ売られていた。その中で目に付いたのが一個1,000円山蜂の蜂蜜入りハーブ石鹸だ。確かに市販されている石鹸なら10個は買える。しかし、それは丹精込めて作られたことが一目で判断できるものである。3人のおばちゃん(失礼)が柔和な顔で説明している。脇で見ているとその接客応対がとても優しい。
へつらうでもなく、飾らずありのままに表現している、このことは彼女等の生き方そのものなのかもしれない。丹精を込めるとは、まごころを込めるということである。まごころを込めるということは手を抜かないということである。手を抜かないで物事を仕上げる。自分の仕事、人生も手を抜かない生き方をしたいものですね。当然、求めてきました。
 ひさしぶりの休日、昼食を自分の家で食べるは久しい。家の周りの掃除をしていたら、また雨が降って農家の人に迷惑を掛けるから止めたらと言われた。コーヒーを飲んで昼寝した。

▼10/11(火)
11:30  じん肺全国キャラバン

▼10/12(水)
11:45  福島県図書教材(株)来訪        [村長室]
15:30  村表彰式表彰審査会           [応接室]

 私たちは過去から現在に至るまで、多くの人達の支えによって育まれてきました。現在の繁栄があるのも、支えていただいた人達の礎のうえに築かれてきたものだと理解しています。政治、行政、教育、文化などあらゆる分野にわたって村政振興に寄与され、模範と認められた方々を表彰審査会に内申しました。
[PR]
# by endo_yuko | 2005-10-13 18:00 | Comments(3)