以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
お腹が出てきました、残念!
◆〓〓〓    日々ゆうこう   〓〓〓◆


▼5/9(月)
11:00  県教育委員会県立学校グループ参事  管理主事
       富岡高校校長並びに川内分校校長
       川内村教育長                        [村長室]

 川内分校は単に富岡高校の分校としての学校ではありません。村に無くてはならない存在です。川内分校の統廃合について今年度はリセットされたことを伝えに来られました。延命措置を講じるだけでは抜本的な解決にはならないので、今後学校や村としての対応を考えていかなければなりません。定員の見直し(40名から30名)をしたとしても、ただ単にスリム化されるだけであり、学校としての機能が満たされなくなる恐れがあります。コンスタントに20名以上学生が集まれば問題ないのですが、現在の小学校5年生以降が子供の数の減少で心配です。 
 カリキュラムの見直し、本校との連携など地域をあげて対応していく覚悟です。現在通信制高校の立ち上げのために教育特区を申請していますが、将来分校との関わりの中で問題解決に繋がればと期待しています。ちなみに、本年度より分校でヘルパーの資格が取れるカリキュラムの編成が行われ、村の社会福祉協議会の職員を講師として派遣することになりました。当然実習もディサービスセンターを利用する予定でいます。私は存続のためのあらゆる手立てを講じていく考えです。ご意見、ご提案をお寄せください。

14:00  広域圏管理者会議                [広域圏組合]
15:00  双葉郡町村長会議 
16:00  双葉産業廃棄物処理公社役員会

▼5/10(火)
 9:00  検診

 年一度の検診です。どうしてだろう体重が増えたのは?髪の毛は白くなって苦労していることが解かって貰えるのに、お腹の出具合で帳消しにしてしまいます。私がスマートな頃(学生の時、65㎏でした)、お腹が出て、白髪頭だけにはなりたくないと思っていたのですが・・・。
完璧にもてなくなりました、残念!

14:00  双葉郡身体障害者福祉協議会総会      [ゆふね]
19:00  行政区長会議                    [大会議室]

 高齢化社会だけあって社会保障費は年々増加の一途をたどっています。国の一般歳出(47兆6千億円)に占める社会補償費は20兆円で、教育・科学振興費の約3.4倍です。ちなみに防衛費はいくらだかご存知ですか?約5兆円です。これはアメリカ、ロシアに次いで世界第3位クラスの金額です。イギリス、中国と肩を並べるか、あるいはそれ以上です。ここまで書いたら続けて、国債費(借金返済)は17兆5千億円、地方交付税など(地方自治のためのお金)が16兆5千億円、そうです合わせて今年の国家予算は82兆円です。然るに、「反日デモ」で盛り上がった中国に対して外務省は、ODA(政府開発援助)と称して年間2千億年以上拠出していました。我が川内村は本年度予算一般会計23億一千万、中国への交際費から1%(20億円)程度、誰にも言わないから内証でまわしてくれないかな、絶対言わないから・・・・おねがい。

▼5/11(水)
 9:00  第二回臨時議会
13:30  富岡警察署
14:00  福島県原子力等立地地域振興事務所
15:00  富岡農業普及所

▼5/12(木)
10:30  福島県緑資源機構理事会         [福島グリーンパレス]

 役員改選があり、副会長を引き受けることになりました。会長は金山町斉藤町長です。18年度から導入される森林環境税の配分基準などがいろいろと噂されております。私は人口割りや負担額割合よりも森林保有面積割を主張しています。大きな市、町との綱引きが予想されます。なんといっても生命の維持に欠かせない水、綺麗な空気にとって森林地域はとても大切なゾーンです。「田舎が無くて都会の人は生きていけますか?」

15:00  浜通り国道協議会総会          [いわき市平安閣]

▼5/13(金)
13:30  不当要求行為排除のための講習会     [大会議室]

 坂本龍馬の志士としての活動はわずか5年、薩摩と長州、西郷隆盛と木戸孝允を結ばせて維新の一番大切な仕事をやり、テロに倒れ歴史の舞台から去っていった人間である。亀山社中や海援隊をつくり、今、勤皇の志士たちと一緒に京都の霊山墓地に眠っている。彼はまた新妻おりょうと日本で最初の新婚旅行といわれる旅行をしている。
 非生産的なものに時間を費やすのなら、せめて線香の一本でももってお参りしてほしいものです。龍馬と中岡慎太郎(龍馬と一緒に暗殺された土佐の志士)の墓には、今も若いファンが多く、お花や線香の煙が絶えないと聞く。しかし、京都は遠いか。

          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 川内村のことが気になって私にメールをよこしたり、わざわざ様子を見に来られている家族がいます。「るんるん」さんといって、まだお会いしたことがありません。川内村の森や川にとても興味があって、連休中などに家族で遊びに来ているようです。自然だけではなく人との関わりも持たれているようです。時々森との関係や村の将来について問題提起をしていただいています。現在、私のホームページやブログをご覧になってご意見を頂いている方が数多く居ります。
今後とも、気づいたことやご意見がありましたらどしどしメールを送ってくださいね。

 正直、今週はストレスを感じた一週間でした。日々ゆうこうをアップしたらもう何もしないぞって感じ。明日はおもいっきり休みです。来週はまた凄い予定です。月曜日は東京、週末は名古屋出張予定です。忙しいのは気にならないのですが、お腹の出具合がね。おおっと、言い忘れました、18日(水)は11:00から総合落成式のために県知事や代議士がいわなの郷の体験交流館に来られます。暇な方は覗いてくださいね、ではまた。

   
[PR]
# by endo_yuko | 2005-05-14 15:21
五月晴れ
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆

▼5/1(日)
10:00  農楽塾

 農楽塾は秋元美誉さんが主催する体験型交流企画です。今回は、たらの芽採りと川内高原そばを食する集いで、私も暖かい天候に誘われてたらの芽と葉わさび採りに参加してきました。横浜やいわき市から来られた家族もおり、採りたてのたらの芽、葉わさびの天婦羅そしてお蕎麦に感激していたようです。美誉さんの家の周りは絵になりますね。代々受け継がれてきた家屋、村の記念物に指定されている大杉やイチョウの木、牧歌的な牛舎、有機栽培している水田、里山が近く、川内村の代表的な風景が凝縮されているような所ですね。更に美誉さんと奥様の園子さんの語り口は周りの人たちをくつろいだ気分にしてくれます。
 今後、年間を通して、カルガモ農法による田植え、稲刈り、脱穀などの体験と低農薬のお米を提供していく計画です。ぜひ、川内村の良さと安心して食することが出来る農作物を味わってほしいと思います。

▼5/2(月)
 9:00  定例庁議

 北朝鮮拉致問題で愛娘を取り戻すために奔走する横田裂早紀江さんが、「めぐみの拉致事件を通して痛切に感じたのは、日本の国にも家庭にも『凛としたもの』が失われてしまったのではないかということです。」と鼎談で述べています。人間の原理原則に立ち返り、曲げてはいけないもの、許してはならないものの存在を再認識しなければならないと思います。

17:00  職員会議

 秋元企画財政統括による教育特区申請についての勉強会を開き、小学校跡地利用の有効活用の進捗状況と今後の対応について説明を聞きました。跡地利用については以前にも述べたように、通信制高校の誘致を積極的に推進していく考えでいます。地域にとって、経済的効果も十分期待できるものです。

▼5/3(火)  憲法記念日
10:00  下川内諏訪神社春季例大祭

 とても天候に恵まれた春のお祭りでした。三匹獅子や浦安の舞の奉納が行われ、昔ながら受け継がれている祭りごとを堪能してきました。ただ、西山地区の三匹獅子は子供ではなくて、成人男性が奉納しておりました。聞くところによると、子供がいなく大人が替わって継承していると言うことでした。少子化の波が先人から受け継いできた伝統芸能まで滅ぼそうとしている現実に、愕然としました。これから幾歳過ぎようとも、かたくなに守っていかなけれがならないものの一つであります。このことはただ単に伝統芸能の問題だけでなく、地区や村の存亡に関わってくる重要なことであると考えています。
 今年、村では後継者対策として、「恋、来い花嫁大作戦」を展開中です。積極的な花嫁さん、花婿さん大募集中ですので、ぜひ参加してください。

▼5/5(木)  こどもの日
10:00  高田島諏訪神社春季例大祭
11:00  そば祭り                    [いわなの郷]

 農村振興課産業振興部門の職員が毎年ボランティアでそば祭りを開いています。今年は川内高校生もボランティアでお手伝いを頂きました。私も食してみましたが、香りも食感もよく美味しかったですね。そばが好きでいろんな所へ出かけて食している人に聞いても、「川内のそばはいいね。会津にも負けないよ。」と言っていました。
 いわなの郷は天候にも恵まれてかなりの入場者で賑わっていました。その中で私の友人が子供と一緒に、イベントのスタッフの一員として手伝いをしていました。飲み物といわなの塩焼きを販売していましたが、彼のすごい所は必ず家族を連れてきて、人が嫌がる裏方の仕事を進んですることです。更にその事を自分の子供たちにも経験させていることです。こういう親から育てられた子供は辛抱強さと謙虚さを身につけるのに違いありません。   深謝m(__)m
 

▼5/6(金)
11:00  双葉地方森林組合組合長来訪      [村長室]
13:30  阿武隈地域総合振興協議会監査     [村長室]
     
[PR]
# by endo_yuko | 2005-05-06 15:02
一年経ちました。
◆〓〓〓    日々ゆうこう    〓〓〓◆

▼4/25(月)
 9:30  双葉郡体育協会総会             [双葉町]
11:00  県婦人会会長来訪               [村長室]
11:30  監査委員来訪                  [村長室]

▼4/26(火)
10:00  東京レコードマネジメント(株)挨拶

 「一年前の今日が初登庁の日でした。早いものです。振り返ってみて面白かった一年だったかな。不謹慎ですか? 『初心に生きる』 忘れないようにしようと。」

▼4/27(水)
 9:00  入札                [宮渡~早渡線道路改良]             
                          [小猿合~万太郎線道路維持]
10:00  ゆふね・社会福祉協議会訪問
11:00  入札                [防災無線]
18:30  双葉志塾  

 「双葉志塾とは、私が個人的に参加している勉強会で、月一回開催しています。メンバーは
経営者、公務員、教師、サラリーマン等さまざまな職業人で年齢制限はありません。情報交換、講演会開催、トイレ掃除、読書会などを通して地域貢献と自分磨きを目的にしている会です。現在の立場になる前から参加しています。私にとってはとても勉強になり、知識を身につけるだけではなく、人間としてあるいはリーダーとしての資質を磨かせてくれます。
 高校の時の同級生が塾頭で経営コンサルタントを経営しています。判断に迷った時など、彼が発行している機関紙はヒントを与えてくれます。さまざまな職業の人たちなので、そこから得る情報はとても大切で、刺激を受けてきます。現在の立場に大変役に立っています。なかなか時間の都合で参加でき無く残念ですが、大切にしたい集まりです。」

▼4/28(木)
 9:00  退職職員辞令交付式並びに退任式

 「28年間という永き渡って診療所に勤めていただいた看護士が辞することになりました。先月4名の退職者をお見送りし、さらにまた戦友との別れはとても寂しいものです。村民の健康つくりと福祉行政に心血を注いでいただいたことに、心から感謝いたします。新たな道への挑戦であると述べていましたので、エールを送りたいと思います。 深謝」

11:00  庁内イントラ整備検討委員会            [会議室]

 「3年前から継続している会議だそうです。言い換えるならば3年経っても陽の目が見ない議論をしていたことになります。こんな馬鹿なことを続けていることが役所仕事と言われる所以です。若い職員で組織されている会議で、『一度や二度の挫折で挫けるな。出来ないなら、出来るまでやってみろ』と檄を飛ばしてきましたが、認識を改めなければならないのは職員よりも別な人たちですね。じまえで出来るグループウェアかローリングして国の新たな予算付けを待つか。
国の方向性、民間(NTT等)への要望活動など意見を交換したようです。
 話は変わりますが、村長になって感じたことのひとつに、会議そのものが仕事になってしまっていることがあります。事業を展開しようとすると何とか検討委員会とか、無駄をなくせと言うと
無駄をなくするための庁内委員会とか、これって無駄でありませんか?こんなこと言うときっと懲罰委員会が開かれますね。」


14:00  議会協議会                       [会議室]

 「二小跡地利用を目的とした協議会を開きました。現在、東京のコーチング・スタッフ(株)という会社が通信制高校開設に向けて提案書を提出しています。細部については契約が済み次第お知らせします。教育特区申請も含めて詰めの段階です。跡地利用が村にとっても刺激になることを期待しています。」

17:30  職員クラブ互助会総会                [会議室]

 「本年度予算編成時に、クラブに対しての補助金を減額しました。減額した張本人が顧問の立場でクラブ員の前で挨拶するのは少し気が引けます。減額した理由は皆さんご存知なので、減額された分中身で充実してほしいと思います。」

▼4/29(金) みどりの日
 「本日は大安吉日、結婚披露宴への招待が二組ありました。社会福祉協議会の職員と村会議員のご子息、おめでとうございます。縁あって結ばれた二人が、新しい何かを作り出していくのが結婚であります。結婚生活はまさしく、愛する二人のクリエーティブな仕事と言っても過言ではないと思います。今日の感激とご両親、ご家族への感謝の気持ちを忘れないで、幸せな家庭を築いてほしいと思います。」

▼4/30(土)
 「昨日からゴールデンウィークです。皆さんはどんな計画を立てているのですか?帰省される家族も多いことと思います。川内に戻られたら、ぜひかわうちの湯といわなの郷に足を運んでみてください。5月4,5日はいわなの郷で高原そば祭りを企画しています。
 個人的には娘たちが帰省してくれることを願っています。長女はいわきの泉で教員講師、次女は大学4年生、ただいま就職活動中です。どちらも嫁に行かないと言っているのですが、信じていいのでしょうか?嫁に行かないのも困りますが・・・。
 皆さんにとっても楽しい連休でありますように。」

      
[PR]
# by endo_yuko | 2005-04-30 16:11
す、す、凄い人がいました
◆〓〓〓    日々ゆうこう    〓〓〓◆

▼4/15(金)
10:30  福島県母親の会来訪           [村長室]
13:30  福島県葉タバコ耕作者表彰式      [田村市船引町]

▼4/16(土)
18:00  佐川旭建築研究所 所長佐川旭氏来訪

 「佐川氏は福島県古殿町の出身で港区麻布台に建築事務所を構えている。建築設計を通して環境問題やエネルギー問題までさまざまな提案をしている。環境に配慮した建物を設計するだけでなく、地域社会の意識や係わり方まで変えようとしている。日本古来の伝統である『匠』にこだわり、多様化するモダニズム建築に新しいデザインを注入しようとしている。これはまさに無機質建築への挑戦なのかもしれない。
 縁あって私が上京した時、氏の熱い話にすっかり魅了され、私の村づくりについていろいろアドバイスを頂いたという経緯がある。また氏の同級生が私の先輩でもあり、古殿町の町長と知り合いという偶然が重なった良縁である。地域力をつくる建築家佐川氏に大いに期待をしたい。」

▼4/17(日)
 9:00  川内村消防団春季検閲式        [中学校グランド] 
11:00  広域消防川内分署歓迎会        [わか久]

 「消防団並びに婦人消防隊の皆様には、火災に対する予防消防や水害への対応、訓練活動等、きわめて広範囲にわたりお力添いをいただいている事に感謝を申し上げます。消防団は平時の対応以外に、大規模災害時の防御や住民の避難誘導といった任務もあり、その役割はますます拡大しています。常備の消防だけでは十分対応出来ないことから、地域に密着している団の活動が不可欠であり、住民からは防災リーダーとしての役割が期待されています。
 災害に強い村づくりも私の使命であり、団員皆様並びに関係者のご協力を得ながら、村土を守るため職員共々努力していく覚悟です。これから火災が起き易い季節、火災予防を呼ぶかけていただき、火災のない村の知名度を高めてほしいと思います。」

▼4/18(月)
 6:20  東京出張         「衆・参議院議員会館]
                     衆議院議員  坂本剛二
                               吉野正芳
                               吉田 泉
                     参議院議員  太田豊秋
                               岩城光英
 「5月18日(水)予定の総合落成式への出席をお願いするために、招待状を届けてきました。
更に、地域イントラ、防災無線等の予算付けの時に、お世話になった代議士への御礼とお詫びを兼ねて上京してきました。東京は暖かく、この時期の要望活動はいいですね。葉桜がとても眩しく、半袖のシャツを着こなしている人もいました。川内村はこれから桜の開花をむかえようとしているのに・・。それにしても相変わらず人が多く、歩きの速いことといったら驚きですね。」

▼4/19(火)
10:00  要望活動      [県議会、富岡土木事務所、原町建設事務所、県土木部]

 「2区国見地区の崩落現場の早期復旧工事を議員の皆様と一緒に、関係する機関に陳情してきました。この道路は1区地区の人たちにとっては、生活道路としてとても大切な道路です。現在片側通行になっていますので、朝晩の出勤時間は気がもめるところです。さらに崩落の危険性も含んでいるので一日も早い改修をお願いしてきました。また、県土木部への要望活動には地元選出の県会議員坂本幹夫、馬場 有両議員にも同行していただき、われわれの熱い思いを一緒に要望してもらいました。詳しい内容については井出 茂議員のブログをご覧ください。」Blog : http://kawagiin.exblog.jp/

▼4/20(水)
10:00  総合落成式関係部局挨拶           [県庁]

 「高野農村振興課長と一緒に駆け足で挨拶回りをしてきました。招待する知事、部長、参事をはじめ、新しく部長が変わった部局へ足を運んできました。驚いたことに、松本農林部長の受付をしている職員の父親は川内村出身で、私も知っている遠い親類です。名刺を出したら『雄幸さんですか?』といわれました。驚きましたね。」

11:00  福島空港利用促進協議会総会        [福島サンパレス]
13:30  福島県首都機能移転県民会議総会     [福島エルティー]

▼4/21(木)
11:00  富岡養護学校進路指導主事来訪
13:30  町村会平成16年度決算監査
15:00  渋谷外国語専門学校(コーチング・スタッフ)来訪

 「旧二小跡地利用計画の提案書の説明のために来られました。内容については議会の承認が得られた時分にお知らせします。県内で初めて、教育特区の申請をしなければならないような提案です。面白いと思いますよ。」

▼4/22(金)
10:00  常磐交通来訪
13:00  「財界ふくしま」取材           [郡山]

 「燦零会(昭和30年代生まれの町村長、表郷滝田村長、古殿岡部町長、矢吹野崎町長、そして私の4人)を構成している町村長への合同取材です。それぞれの地域の問題、将来のビジョン、合併に関する考えなどが質問内容でした。4人とも一期目であり、問題を共有でき、その解決方法など大変参考になります。議論にスピード感があって気持ちいいですね。」

16:00  県企画調整部内堀部長講話会    [福島]  

 「燦零会のメンバーと県会議員渡辺よしのぶ氏とで内堀部長の講話を聞きました。素晴らしい仲間と楽しい時間を共有できたことに感謝ですね。それにしても、失礼ですが部長の頭のよさには驚きました。世の中には凄い人がいるのですね。20年後の近未来を数値を持って予想し、その対応まで結論付けてしまう。理路整然、有無を言わせないあの説得力と知識は一体どこに潜んでいるのだろうか。中身の濃い講話でした。」

 「久しぶりに福島の市内を歩いてみました。現在の’パセオ通り21’は、昔’すずらん通り’と言ってましたね。学生時代、コンパと称してあのあたりでお酒を飲まされたのを覚えています。あの頃の喫茶店や文具店はまったく存在しませんが、学生風の若者がかっぽしているのは今も同じですね。学生歌 『今日のせいきに』が聞こえてきそうです。幸せな一夜でした。」


                      

        

      
     




   
[PR]
# by endo_yuko | 2005-04-23 17:36
忙中閑あり
◆〓〓〓   日々ゆうこう    〓〓〓◆

▼4/7(木)
10:00  人権擁護委員委嘱状伝達式   いわき法務局来訪
11:00  第三区老人クラブ総会       [第三区活性化センター]
15:00  相双振興局局長     挨拶
       相双農林事務所所長  挨拶 

 「5月18日予定の公共施設総合落成式に知事が出席されるので、その準備と打ち合わせのために振興局へ行ってきました。わざわざ来られる知事には、いわなの郷での魚釣りと村民とのふれあいを期待したいと思います。5月18日は平日ですが、多くの村民の皆様に来ていただいて歓迎してほしいところです。」

▼4/8(金)
10:10  平社会保険庁来訪         [村長室]
10:30  東洋学園園長来訪         [村長室]
10:40  相双振興局県税部部長来訪   [村長室]

▼4/9(土)
18:30  太田豊秋衆議院議員農政懇談会       [第三区改善センター]

 「太田先生の秘書に高校時代の同級生と後輩がいます。同窓のよしみでいち早く情報を頂いたり、上京した時など便宜を図っていただいております。同級生の鈴木純夫君とは、お互いにやくざな世界に身を置いたことを慰めあっています。彼は大変優秀で東北大出の学者肌と思っていただけに、想像できませんでした。でも、私にとっては大変ありがたいことです。

 太田先生は全国農業会議所会長の立場で、中産間直接支払制度の堅持に大きな役割を果たしていただきました。更に5年間制度が延長されるわけですが、企画力と実行力が求められるようになります。交付金に差が生じてくるので、農家の人たちも今までのような事業推進では
理解されない状況が生まれてきます。これから益々地域戦略や経営戦略が求められる時代だと思います。」

▼4/10(日)
18:00  読売日響コンサート      [原町市民文化会館]

 「忙中閑あり、久しぶりにチャンスがありコンサートを聞いてきました。大変素晴らしい演奏会でした。ムソルグスキーの展覧会の絵、モーツアルトのフィガロの結婚、メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲、申し訳ありませんが至福の時を過ごしてきました。私は、良く解かりませんが
あの臨場感には大変感激しましたし、連れ合いも満足した様子で、少しは罪ほろぼしが出来たことのほうが嬉しかったです。
 贅を楽しむというのは、お金を掛ければ良いというものではないですね。普段は質素で、たまの休日に一流と接する。シンプルライフandハイシィキングですかね。」

▼4/11(月)
 9:30  双葉地方森林組合組合長来訪      [村長室]
13:30  富岡高校川内分校入学式

 「入学おめでとう。皆さんは高校入試という辛い体験を経て、初めて入学を許されたわけです。当然その喜びはひとしおのことと思います。今日のこの感激を決して忘れないでいただきたい。

 私が高校に入学したのは今から35年も前のことです。それは強烈な挫折感からのスタートでした。中学校では成績が常に上位のほうでしたが、高校ではびりから数えたほうが早いほうでした。『井の中の蛙』といいますか、大変カルチャーショックを受けたのを覚えています。そんな高校のスタートでしたが、自分の今までの歩みの中で一番充実し、一番感動することが出来たのが高校三年間だったと思います。

 好奇心が強く、いろんなことに感動し涙を流していました。それが今の自分をつくってきた原型かもしれません。どうか友達に感動してください。そして、これから歩み続ける人生にヒントを与えてくれる先生とのふれあいに感動してください。

 様々な呪縛から解放された皆さんは、自分の意思で考え、自分で判断し行動していくことと信じています。高校入学はゴールではありません。新たなスタートです。勉強、部活動、これからの人生のそれぞれの目標を持って楽しい三年間を送ってほしいと思います。」

16:00  交通安全テント村        [役場前]

▼4/12(火)
10:00  川内連合老人会総会      [コミュニティーセンター]

 「皆さんが健康で元気があるのは、日々の生活の中でやるべきことがある、人にあてにされる、また人の集まるところへ積極的に参加する、こういうことが若さを保つ秘訣ですね。21世
紀の高齢化社会の中で、高齢者がどれだけ健康で、楽しく社会貢献できるかが地域のバロメーターであります。言い換えるならば高齢化社会の主役は高齢者自身であると言えるのではないでしょうか?」

14:00  春季山火事防止パレード
19:00  有害狩猟鳥獣捕獲隊委嘱状交付式     [大会議室]

 「農作物の被害、生活環境への影響を防止するためにご協力いただいて有難うございます。有害鳥獣捕獲は許可期間中に住民の要望に答え、効率的に行うことは大変困難なことです。
被害を最小限に抑え、効果的な駆除を実施するために、住民にもそれぞれ自衛手段を講じていただかなければなりません。

 鳥獣の適正な保護管理についても検討していかなければなりませんので、ご指導宜しくお願いいたします。」

▼4/13(水)
 9:30  民芸館訪問
10:00  天山文庫訪問
10:30  みやさか保育所訪問

▼4/14(木)
 9:00  臨時庁議  ①公共施設落成式について
               ②臨時議会召集について
               ③看護師採用について
               ④自治研修センター研修について

 「既に新年度がスタートして2週間が過ぎました。平成17年度予算が23億2千万です。この予算は、私はじめ70名の職員がこの村の将来を考え、真剣に議論して作った予算です。
無駄を省き、村民へのサービスも出来るだけ落とすことなく、身の丈に合った行政運営をしていくために必要な予算です。
 本年度計画されている事業を一つ一つ丁寧に進めていかなければなりません。予算付けをしたからといって、現実的に無駄がある場合、再考のうえ投資効果が薄いと判断した場合、時代に合わない場合等はどんどん見直しをしてほしいと考えています。
 民報新聞の一面に『合併推進審議会の設置を撤回』とありました。これは県の指導を排除し、地域の将来は自分たちの意志で判断行動しろということだと理解しています。このことはまさしく、地域力が試され、職員の能力が問われる時代だと思います。
 激しく、速く、厳しい時代の流れの中で、職員の変化対応できる柔軟な思考と実行力こそが地域存続の大きなファクターであると思います。」
[PR]
# by endo_yuko | 2005-04-14 15:20