以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
初登庁後
4月26日に初登庁させていただききました。
多くの村民の皆様に見送られ、職員の皆様からは歓迎の花束をいただき、大変熱いものを感じてまいりました。

この痺れるような思いと村民の熱い期待をけっして忘れることなく、これからの行政運営に携わっていかなければならないと、改めて肝に銘じています。

初登庁の日から30日まで村内、郡内、振興局、県庁、報道機関など挨拶回りなどで庁内に落ち着く暇がありません。

挨拶回りの中で感じたことは、人と人との繋がり、ネットワークの重要性です。
言い換えれば、こちらが情熱を持って事に当たれば十分可能性はあると感じてきました。
驚いたことに、大学の時下宿していた所の娘さんや高校、大学の時の同級生が県職員になられ声を掛けていただきました。あの頃のことが走馬灯の様によみがえり懐かしく感じてきました。

5月の連休は上川内、下川内、高田島それぞれの諏訪神社の春の例大祭に招待され、参拝をして来ました。祭りごとはそこに住む人たちの喜び、悲しみ、願いことの表現であるわけで、長い歴史の中でかたくなに守って、伝えていかなければならないものと時代の変化によって変えていかなければならないものとがあると感じてきました。また伝統芸能を継承していくことは大変なエネルギーと郷土愛が必要であることを痛感してきました。

4日は県内各地から選抜されたスポーツ少年団のソフトボール大会が総合グランドで行われました。強豪19チームによるトーナメントで、レベルの高さに驚いてきました。
裏方さんで苦労しているお父さんやお母さんの姿がとても印象的でした。

連休はいわなの郷、かわうちの湯、天山文庫、民芸館など、各施設ともお客様で満杯でした。わざわざお出でいただきました皆様とスタッフに感謝を申し上げたいと思います。
[PR]
# by endo_yuko | 2004-05-05 17:56 | 日記
川内村は宝の山
数年前川内に来られ、すっかり川内の住民になられたお宅で、山蜂の蜂蜜入りハーブ石鹸を頂いてきました。天然素材と地元産にこだわり、素敵な香りがする石鹸です。
ジャンジャン売って、川内村に税金を納めるというのがコンセプト。
「川内村は宝の山、これを利活用しないてはないよ。」とおっしゃっていました。

川内村にどっぷり浸かっていると、なかなか自分の住んでいる地域の良さに気づかないでしまうものです。
帰り際にほうの木の葉で作ったはがきを頂いてきましたが、それ以上に感激したのは、冷たいからといって、僕の靴をストーブの前で温めていてくれたことです。こういう感覚を持った人は、自分を高めてくれる友人を数多く持っているのだろうなと感じてきました。
[PR]
# by endo_yuko | 2004-01-30 11:54 | 日記
寒中見舞い
寒中お見舞い申し上げます。
明日21日は大寒、さすがに冬真最中というところですね。
冬が厳しければ厳しいほど、春のおとづれが待ち遠しいものですね。

村内の畜産農家を訪ねていくと、牛の耳につけているタックを調査しているところでした。
狂牛病以来義務付けられているそうです。ところで、BSE,某乳業、米の偽ブレンド問題などから消費者の「食」に対する考え方も変わって来ているのではないでしょうか?
安心して食べられるもの、生産者の顔が見えるものを求めるようになってきたのではないのでしょうか。

少々高くても輸入物より国産物。そして生産者も自分で食べて美味しいもの、安心なものを作るという意識改革を求められる様になったと思います。
「食」に関わることはとても崇高なことだと考えております。再生に向けたキーワードになるかもしれません。
[PR]
# by endo_yuko | 2004-01-20 01:52 | 日記
来る年が穏やかな年でありますように
二人の娘が東京から帰ってきました。帰ってくる度に、眩しく感じるんは親だからでしょうか。嬉しさを、どう表現したらいいのか?照れくさいので寝たふりをしていました。
妻曰く「馬鹿みたい!」
久しぶりに家族が揃いました。\(^o^)/

皆様にとって来る年が穏やかな年でありますように・・・・。

              雄幸拝
[PR]
# by endo_yuko | 2003-12-31 00:50 | 日記 | Comments(0)
民芸館で
先日、民芸館を訪ねてきました。草野心平先生の葉書、パンフレットを求めて帰る人が多いと伺いました。
説明をするとき、パンフレットを見せながらお話をするそうです。こんなところにも、ちょっとした担当者の気配りがあるのですね。
文化的遺産を見直すことによって、来訪者が増える可能性があると感じてきました。例えば、民芸館をアトリエや作品の展示会の場としたり、天山文庫の蔵書をホームページで紹介したりすることできないかな?
[PR]
# by endo_yuko | 2003-12-16 00:48 | 日記