人気ブログランキング |
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
復興機関の総括は?

復興機関の総括は?_d0003224_17351598.jpg

2011年9月30日、20キロ圏外の緊急時避難準備区域が解除された。解除の要因は、プラントの水素爆発の可能性がなくなったこと、比較的線量が低かったこと、そしてもう一つは復興ビジョンの策定することであった。それを受けて、2011年9月に「川内村復興ビジョン」を策定、2012年1月31日に帰村宣言、この年の4月1日に役場機能、学校、診療所等、行政機能を村内で再開した。

今、手元に、表紙の周りが変色した「川内村災害復興ビジョン」と、「緊急時避難準備区域に係る復旧計画」、2013年に作成した「川内村復興計画」がある。変色した3つの冊子を見て、胸が熱くなった。中を覗くと、避難生活を続けながら、6月3日に第1回の策定委員会が開かれ、既にこの時住民アンケートの設問内容が検討されていた。前月5月には、策定委員と要綱が決定し、避難からわずか2ヶ月目には帰村する準備を始めていたことになる。復興への一歩を踏み出した瞬間でもあった。

復興ビジョンの挨拶の中で、「村史以来、全村民避難という大参事の中、体調不良など健康への不安、先行きが見えないジレンマ、心身ともに大変な状態に置かれている。そして、原発はいまだに収束の見通しが立っておらず混迷が続いている。このような状況の中で、今後の村のあるべき姿を見いだし、村民の生命と、安全安心の培われる生活環境を取り戻し、更なる復興と将来を担う子供たちのために村民が一丸となって川内村の復活に向け取り組む」と明言。更に「英知を結集して、共に頑張ろう」と結んでいる。

また、「復旧計画」と「復興計画」には、復興ビジョンを受け、一日も早い復旧と復興のために、即効性と実行性を踏まえたより具体的な事業メニューを掲げ、関係機関との調整を行い、どのような事業をいつまで実施するか、ロードマップを示した内容になっている。面白いことに当時住民懇談会の資料として使った「復旧計画」の表紙に、「他責の人ではなく自責の人たれ」、「戻った人が損をしない」、「期限を決める」と走り書きしているのが目に留まった。おそらく僕自身不条理な問題や質問に苛々していた様子が見てとれる。

あの日から来年の3月で丸10年が経過する。前だけを向いて走り続けてきた時間だったように思われる。復興創生期間の10年が終了するにあたり、この辺で振り返ってみてもいいのではないかと考えている。ノスタルジックなものを求めているのではなく、復興を具現化するために策定した「復興ビジョン」や「復興計画」、その中の具体的な施策や事業の達成度、効果などを検証してみる必要性を感じている。

検証する理由は二つ

一つは、これまで毎年膨大な事業費(震災前の3倍~4倍)を使って復興を進めてきた。事業費の原資は一部賠償金が含まれているが、大部分は税金である。当然どんな事業をやって、その効果はどうだったの、と問われればそれに応える義務が生じる(被災地だから使って当たり前という考え方もあるが)。また計画したものができなかったものも現実にある。その理由を示しておく必要もある。全てのものがうまくいったわけではないし、川内村のような規模だからこそできたこともある。これらのことは、これから復興と帰還が本格化してくる他の自治体の参考になるし、運よく復興を進めてきたトップランナーとしての義務であると考えている。

二つ目は、今後、川内村が自立と尊厳を取り戻すために必要不可欠な作業であると思っている。これまで物心両面から多くの支援に支えられてきた。与えられることに、支援されることに慣れてしまってはいないだろうか。現在進行形の事業が一段落すれば、予算規模は震災前の状況にソフトランディングしていくことに間違いない。医療費や介護費の一部負担の減免や高速道路料金減免もいつまでも続かない。当然村民にも痛みを共有してもらう。まさに自分たちで稼ぎ、支出を制御し、自分達で判断実行していかなければならない時がそこまで来ている。

人も地域経済も、まずは依存から自立へ。自立してこそ、相互依存という最も豊かな状態に向かうことができるのではないか。2021年は、真の意味での自立と尊厳を取り戻す戦いのスタートでもあり、今年度中に様々な課題が予想される中、新たな村づくりの方向性を示していかなければならないと考えている。あわせて今後策定を予定している第6次総合計画の参考にしてほしい。そのためにこれまでの10年を検証・整理しておく必要があるではないだろうか。



# by endo_yuko | 2020-07-02 12:56 | Comments(0)
ウヒョ~、やりました

ウヒョ~、やりました_d0003224_17344807.jpg
ウヒョ~、やりました_d0003224_17350485.jpg
今年初めてトライした西瓜栽培。今朝見回ったら野球のボールくらいの大きさの西瓜を発見した。ウヒョ~、やりました。
色付きはじめたブルーベリーも収穫間近ですね。

# by endo_yuko | 2020-07-02 11:58 | Comments(0)
ナスして!?
ナスして!?_d0003224_16054164.jpg
朝、野菜さんたちの様子を見にマイ畑に行ったら、茄子とミニトマトが何ものかの攻撃を受けて無残な状態になっていた。

ナスしてこうなったのか?

ナスすべもなく戻ってきた

# by endo_yuko | 2020-06-26 17:11 | Comments(0)
太陽光発電事業を視察
太陽光発電事業を視察_d0003224_16050429.jpg
太陽光発電事業を視察_d0003224_16051452.jpg
太陽光発電事業を視察_d0003224_16052677.jpg
大中合太陽光発電所を視察。工事が進み7月から約16MWの売電が開始される。
元々この地は採草地であり、震災原発事故後は畜産農家が激減し、森林化しつつあった所。森を抜けた広大な採草地に太陽光パネルが並んでいる。

# by endo_yuko | 2020-06-26 16:12 | Comments(0)
ふるさと学習懇談会
ふるさと学習懇談会_d0003224_11024641.jpg
ふるさと学習懇談会_d0003224_11032286.jpg
ふるさと学習懇談会_d0003224_11033329.jpg
ふるさと学習懇談会_d0003224_11025934.jpg

村の歴史や現状、新しい義務教育学校の意義などについて理解を深めること。さらに復興の担い手として、村長と教育長を通して今後の村の在り方や学校のあり方や故郷への理解を深めることを目的に、中学校全校生27名と懇談した。

震災原発事故後の村の状況や課題、未だ避難している子ども達に帰村してもらうための施策は? 避難解除して早く戻れた理由は? 大人なっていく子供たちに伝えたいことは? これからの村をどうしたいのか? 義務教育学校への移行でどんな課題が解決できるのか、メリットは? 森林の木材利用は? 村にとって大切なものは何か?  人口減少対策は?等、純粋でストレートな質問に90分間緊張しっぱなし。

自分自身の中学生のころを思い出してみると、野球や友達と遊ぶことに全エネルギーを使っていたので、学校や村の行く末のことを考える余地がなかった気がする。刺激的で楽しい時間でした。


# by endo_yuko | 2020-06-18 11:29 | Comments(0)