以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
積算線量1ミリシーベルトを目指して!
d0003224_16302184.jpg
d0003224_16303740.jpg


一般村民向けに帰村や除染の説明会・懇談会を開催。更に保育園・小中学校・高校生保護者を対象とした懇談会も実施している。全ては現在村を離れ全国各地に避難し、仮設や借上げアパートなどで辛い不自由な生活している村民が、3・11以前の生活を取り戻すことが重要と考えている。中にはもはや村内での生活を諦め、新たな土地へ移住し生活を始めている人たちもいる。その方たちにもできるだけ支援をしていかなければならない。しかし、多くの村民はふるさと川内村に戻り元の生活を再生することを強く望んでいる。その思いを叶える為には、何よりも放射線レベルを健康被害が及ぼさない範囲まで下げる除染が大切。

説明会や懇談会で、「年間積算線量1ミリシーベルト以内でないと帰らない」という意見があった。いつの間にか数字が独り歩きしている現実を突きつけられた。文科省によると1ミリシーベルト以下は努力目標、限りなく1ミリシーベルト以下を目指すと言っている。細野原発事故担当大臣・環境大臣も同じようなことを発言しているし、専門家の間でも、被爆限度である年間1ミリシーベルトを目指すべきだ、という点で意見が一致している。数字が独り歩きし除染を進めている現場が翻弄されている。解消していくためには当然国の丁寧な説明が必要である。

11月26日ICRP福島セミナーに参加したが、その会議の中でジャック・ロシャール委員は「20ミリシーベルトまでの幅をとっても健康への影響はまずない。住民の意見を踏まえ段階的に下げるべき」と言っている。また丹波京都大名誉教授は、「1ミリシーベルト以下にこだわるといつまでも故郷に戻れない」と話している。つまり安全基準の線引きの数値ではないと説明している。

チェルノブイリ原発事故の被害を受けたベラルーシとウクライナの健康調査によると、100ミリシーベルト以上の放射線ではがんになる確立が高まることが立証されている。しかし、100ミリシーベルト未満ではその因果関係は解明できていない。また12月5日日経新聞の科学技術欄によると、低線量被爆での健康被害に関する知見や研究事例が少なく、今後詳細な測定による放射線量や健康状態のデーターを積み重ねていく必要があると言っている。しかし線量に比例してリスクが上がると想定して、なるべく被爆を抑えることは重要だと付け加えている。
[PR]
by endo_yuko | 2011-12-07 17:48 | Comments(0)
<< 除染作業 馬車馬のように! >>