以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
除染作業
d0003224_11405350.jpg


川内小学校の除染作業の一場面です。木質デッキはかなり手ごわいようですが、お湯による高圧洗浄方法などを試しています。現在保育園と小中学校の除染作業が佳境に入り、12月6日小学校校庭表土上0.17マイクロシーベルト、室内は200カウントと低く科学雑巾などで拭き掃除を実施している。中学校は建物の内外、校庭表土剥ぎが終わり間もなく終了する予定。保育所は校庭の表土剥ぎ、法面の除草と伐採、落葉集め等を実施している。

下川内地区(5,6,7区)の民家の除染作業は説明会を実施し、すでに約15億円で発注済み。工程会議も終わり現在各世帯の詳細モリタリングを実施、12日から各世帯立会いの下作業方法などの確認作業を実施予定。上川内地区(1,2,3,4区)は、14日から始まる定例議会で補正予算を計上し、議決後入札を実施し、年末から年初めにかけて契約する予定。業者が決定するば子どもがいる家庭を優先的に除染を進めてもらう。

放射能汚染をゼロにすることは不可能だが、健康への懸念を医学的に心配する必要がないレベルまで下げることは、現在の川内村の状況ではかなりの範囲で可能だと思う。どのレベルまで除染すればいいのかは、様々な意見があるのでまだまだ議論が必要だと思う。除染作業の主体はあくまでも国であり、財政面や方法論、専門的な人員について国の責任で担保しなければならない。

しかし、除染をして一日も早い帰村・復興を望むなら国や県だけに任せて置けない。住民の皆さんの理解と積極的な参加が不可欠だと思う。自分の家や自分が住んでる地域は自分で守る、ことが大切。戻れない理由を100個並べるより、戻れるために1つでも自分でできることを実践していくことのほうが重要ではないだろうか。
[PR]
by endo_yuko | 2011-12-08 18:52 | Comments(1)
Commented by 井出茂 at 2011-12-08 19:12 x
住めば都とはよく言ったものです。
本音で向き合うことが今最も必要なことです。
出来るときに、出来ることを、出来る人がやる。再生の一丁目一番地です。
<< 知事要望 積算線量1ミリシーベルトを目指して! >>