以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
長崎くんち祭りに村産材提供
d0003224_12480469.jpg
d0003224_12482151.jpg
長崎に古から伝わる「お諏訪のくんち」で最大の担ぎもの「コッコデショ」の製造に、川内村の檜材が使用されることになった。このほど志賀林業社長志賀泰三さんが、長崎市の高橋武志太鼓山応援団会長に檜材を贈呈した。

くんちは、毎年10月7日~9日の3日に分けて行われ、長崎市内の各町が「コッコデショ」と共にさまざまな奉納踊を奉納している。市内にある59の町が5〜7町ごと7組に分かれて年ごとに奉納するため、7年に一度しかその年の当番が回ってこない。今回檜材を贈呈した太鼓山は平成30年に回ってくることになる。つまり3年後の祭りにために今から材料を乾燥させて準備している。17日(土)に市内の諏訪神社で放射線分析と清払い、贈呈式が執り行われた。

震災・原発事故以降、川内村の復興のために長崎市民から多くの支援を頂いてきた。このたび歴史ある長崎くんちの「太鼓山コッコデショ」に、本村の檜材が使われることを大変光栄に思っている。この檜材が川内村と長崎のさらなる架け橋となることを願っている。
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kunti/2015/10/18103442.shtml



[PR]
by endo_yuko | 2015-10-19 17:46 | Comments(0)
<< 福島県社会福祉大会 第4回全国村長サミット >>