以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
4期目登庁
d0003224_16361812.jpg
d0003224_16363346.jpg
d0003224_16364572.jpg


山笑う季節を迎え、村民皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。この度の川内村長選挙に際し皆様にご高配を賜り誠にありがとうございます。お陰様で無投票という形で四度の重責を担わせていただくことになりました。

今4期目を迎えるに当たり、12年前の原点に立ち返り、座右の銘である「初心に生きる」をもう一度確認しようと思っています。初心はシンプルで常に謙虚です。この志を忘れることなく、一日も早い被災地からの脱却と、人口減少・超高齢社会を目前にした新たな村づくりのため、粉骨砕身精進してまいります。

顧みれば震災・原発事故によって「被災地」と呼ばれるようになったふるさと川内村ですが、2012年4月役場機能を村に戻し、いち早く除染を進め、企業誘致や野菜工場、村内に仮設住宅や災害公営住宅、診療所の診療科目を増やし、特養施設や商業施設、ビジネスホテルや葬祭場、先月には室内温泉プールがオープンしました。

井戸掘削や新築住宅への補助、地域振興券などの制度も立ち上げてきました。さらに水稲作付けが事故前の約7割まで回復しており、新たな農業法人が立ち上がり、花卉や施設野菜が見直されています。一日も早い復興と帰村のため無我夢中で目前の課題に取り組んでまいりました。時には折れそうになることもありましたが、皆様のお力添いをいただくことで少しずつ環境が回復し、現在6割超の村民が戻って生活を再開するまでになりました。しかし、未だ4割近い村民が避難を余儀なくされ、さらに荻・貝の坂地区には避難指示が継続していることも現実であります。

 しかし、このような現実をしっかり受け止めながら、それでも未来に目を向けていかなければならないと考えています。国道399号線や小野富岡線が、国の権限代行によって整備が加速し、いわき市や中通りとの繋がりがより身近なものになり、新たなネットワークが確立されるに違いありません。

現在戻って来ている村民は1,780人、この人口は20年~30年後の未来です。その未来を今目の前に突き付けられています。それも超高齢化社会です。さらに間違いなく復興の反動減が進み、財源的にも厳しい未来が待っているのに違いありません。復興の先にある人口減少にどう対応していくのか。まさに川内村の生き残りをかけた戦いが、次のステージに用意されていると言っても過言でないと思っています。

では、戦うための最大の武器は何か? それは「挑戦」ではないでしょうか。本当に復興を成し遂げようとするなら、「被災地」であるという不幸に、いつまでも甘んじているわけにはいきません。一日も早い「被災地」から脱却と人口減少への対応をすることが、新たな川内村を創っていくことになると確信しております。どうすれば生活できるのか、生きていくために何をすればいいのか、選択と集中、アイデアが求められると思います。

今後、皆様の復興にかける熱い思いをしっかり受け止め、日夜努力を重ねることを再びお誓い申し上げ、就任のご挨拶とさせていただきます
[PR]
by endo_yuko | 2016-04-28 20:31 | Comments(0)
<< 桜を植樹 マラソン大会準備 >>