以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
一人親世帯体験ツアー
d0003224_11215752.jpg


一人親世帯を対象に1泊2日の村内見学無料ツアーを実施した。今回は横浜市から一世帯(母親と子供一人)と、県内から一世帯(母親と子供二人)が参加。村内の小学校や保育園、温水プール、商業施設(YO-TASHI)、観光施設、働く場所となる村内企業・事業所などを見学した。

川内小学校では加藤校長先生が校内や施設を案内し、学習の様子や通学手段、放課後の過ごし方などを説明した。参加者は、「小学校施設が広く充実しているのに驚いた」と感想を述べていた。

かわうちの湯で交流会を開き、地元の保護者や子供たちと意見交換した。二日目には、村内の企業・事業者と懇談し、プールやバーベキューで親睦を図った。

震災原発事故後、現在67%の村民が戻って生活を再開しているが、急激な人口減少と超高齢化社会に危機感を抱いている。50歳以下の若い人たちや子供たちが戻れる環境整備はもちろんのこと、併せて新しい風を迎え入れたいと考えている。工業団地の造成を進め、新たな企業の誘致や被災地住民の移住、そして今回実施した「一人親世帯移住作戦」などで、村外からの移住者を歓迎したい。
[PR]
by endo_yuko | 2016-07-31 11:35 | Comments(0)
<< 蕎麦を播種 味の素が支援 >>