以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
福島大学奨学金寄付贈呈式
d0003224_13315769.jpg
d0003224_13320689.jpg
福島大学・中井学長はじめ関係者の皆様にご出席をいただき、福島大学奨学金寄付贈呈式を行った。
これまで川内村は、原発事故からの復興を進めていくプロセスで福島大学から多くの支援を受けてきた。例えば、福島大学未来センターのいわき・相双地域支援として川内村にサテライトの設立、専任スタッフの派遣常駐していただき、除染や復興のためのサポート、提案をしていただいた。現在も継続していただいている。

更に文科省において採択になったCOC事業の「むらの大学」のフィールドワークでは、学生の皆さんが村内で寝食をともにしながら、住民と直接触れ合い、様々なイベントに参加しスタッフとして協力していただき、6次化の提案やマネジメント、伝統芸能保存などの提言をもしていたいた。

お陰様で現在8割の村民が戻って生活を再開できるまでになった。あの当時、不安の中帰村した住民にとって、大学やその学生の存在に、どれだけ勇気づけられたか分からない。人通りが少ない村の中を学生が闊歩している姿を、どうか想像してみて下さい。あの時の震えるような感動を忘れることができない。

あの日から7年が過ぎ、少しずつ復興がソフトランディングしている今、川内村はセカンドステージに立っていると認識している。急激な人口減少と超少子高齢化社会、そして復興の反動減など新たな課題に直面しながら、復興の先にある新たな村づくりをイメージしている。


人は、与えられることに慣れてくると壁にぶつかったとき、自分で解決しようとする意欲が減退していってしまう。これまで支援される側、与えられる側であった川内村が、今後自分の意志で自分たちの未来を切り拓いていこうと思っている。そのサポーターとして福島大学の協力支援は不可欠だと考えている。どうか寄付の主旨をご理解いただき、今後ともご指導賜ります様お願い申し上げます。


[PR]
by endo_yuko | 2018-05-14 13:42 | Comments(0)
<< 「一陽来復」福島県初上映 川内村商工会総会 >>