以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
「一陽来復」福島県初上映
d0003224_13433176.jpg
d0003224_13433964.jpg
d0003224_13434856.jpg

尹 美亜(ユンミア)監督・ドキュメンタリー映画「一陽来復」が、イオンシネマ福島で福島県初上映。上映後、監督と一緒に舞台挨拶の機会をいただいた。原発事故の最大の被害は、差別と人間の尊厳の喪失ではないだろうか。差別は自分以外の者の評価と対応だから実績の積み重ねと現状認識で克服していくしかないと思っている。

原発事故から復興を進める中で、多くの不条理と対峙する村民と向き合ってきました。お金や制度、支援者サポートの大切さを痛感しながらも、それだけでは真の復興にならないのではないかと気付かされた。「自ら立ち上がる力」の重要性、それは人間の尊厳だと感じた。そのことをこの映画に登場する人物から学ばせて頂いた。


登場している人物で共通していることは、嘆かない、愚痴を言わない、批判しない、人を責めない、そして笑顔。だからこそ余計に説得力がある。どこかで折り合いを付けながら前に進もうとする人間の持つ回復力、したたかさ、凛としたところとたおやかさを感じる。


与えられることに慣れてしまうと壁にぶつかったとき、自分で解決できないときは他人のせいにする。自分で解決しようとする気持ちも萎えてくる。社会が悪い、制度が悪い、行政が悪い、ここに登場している被災者は、自分ができることを淡々とそれも当たり前のようにやり続けている。そのことに感動する。ぜひ観てほしい。



[PR]
by endo_yuko | 2018-05-14 14:02 | Comments(0)
<< 保育園・小学校合同運動会 福島大学奨学金寄付贈呈式 >>