以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
富岡高校川内校卒業式
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼3/1(日)
 9:30  川内村婦人会総会             [コミセン]
10:30  西山テルイ様100歳賀寿         [自宅]
13:30  富岡高校川内校卒業式          [川内校]

9名の卒業生の皆さんおめでとうございます。校長先生から一人ひとり手渡された卒業証書は、3年間この川内校で学び、自分自身を高めてきたその証です。卒業式は人生の一つの節目でありますがゴールではありません、これから未知なる世界に飛び立つスタート地点です。

皆さんが過ごされてきた3年間、一言で表現するならば存続問題とリンクして時代の流れに翻弄されてきた3年間といっても過言ではありません。社会の変化の速さ、社会の歪み、そしてこの地域が、今の日本が抱えているあらゆる問題が凝縮されていたのが存続問題だったと思う。皆さんが直接間接的に関わりながら、社会の不条理の一面を垣間見てきたのかもしれない。しかし、これから進む世界には、大なり小なり同じような問題にぶつかるし、様々な壁にぶち当たる。では、壁にぶち当たった時どうするか、答えは二つ。壁の大きさに驚いてあくまでも傍観者でいるか、あるいは壁を乗り越えようと努力するか。

確かに、無理なこと辛いことにトライしなくてもいいという価値観もあるが、それでは可能性や選択肢を狭めていく。それより困難を遠ざけるんではなく、壁を乗り越えようと努力する、その努力するプロセスにおいて心も成長し、可能性も生まれてくる。どちらを選択するか、これからは自分自身で決めていかなければならない。

平成23年3月、皆さんの母校川内校は無くなる。寂しいことですが現実です。しかし、この川内校で学んできたこと、先生や友達との語らいの中で築いてきた思い出は永遠に残っていくことだと思う。尊い思い出はきっと皆さんが新たな一歩を踏み出すとき、勇気を与えてくれるのに違いない。自信を持って突き進んでください。

15:00  遠藤家焼香
18:30  春季防火パレード出発式         [役場前]

▼3/2(月)
 9:00  定例庁議                  [会議室]
11:00  町村会事務局長打合せ          [村長室]
14:30  議長打合せ
17:30  世界フリースタイル選手権開会式    [猪苗代町]

▼3/3(火)
10:00  秋元スタンプ会理事来庁
11:00  手古岡バイパストンネル工事安全祈願祭  [現地]

堀内所長をはじめ関係者の皆様に心から感謝している。特に地権者の西山区長には、これで言い訳をしないで済むと、ホッとしている。手古岡バイパストンネル化は、いわき~南陽線として国道昇格になった時からの悲願だった。歴代の村長が県や関係機関に要望活動を重ねてきた歴史がある。幅員が狭く、冬場の凍結などで安全通行を確保するのに支障になっていた。工事計画によると1,440mの内214mがトンネル。

いわき市戸渡地区には友人もいる。通行するたびにこの山を切り崩せたら浜風が吹いてきて気持ちいいだろう、といつも考えていた。山育ちのせいか、海や潮騒に対する憧れがある。この399号線は盆地に住む我々に開放感を与えてくれるのに違いない。やってくるのは爽快感だけではない、いわきの漁港から水揚げされた魚介類とフラダンスがダイレクトにやってくる。反対に、川内村で採れた高原野菜や特産品がタイムリーに運ばれていくことも考えられる。時間が短縮されれば通勤や通学が可能になる。更にはいわき市のベットタウンとしても考えられる。この手古岡バイパストンネル化は、我々の夢を叶えてくれるきっかけになってくれるかもしれない。

12:30  議長来庁                  [村長室]
14:30  商工会長来庁
15:00  保健福祉課長打合せ
16:30  教育課長打合せ
17:00  嘱託保育士打合せ
[PR]
by endo_yuko | 2009-03-03 21:05 | Comments(0)
<< バイキング給食 手古岡トンネル安全祈願祭 >>