以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2018年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
寂しい季節です
d0003224_18042101.jpg
d0003224_18043089.jpg
d0003224_18043763.jpg
d0003224_18044744.jpg
d0003224_18045579.jpg
本日をもって猪狩成司建設課長が定年により、猪狩ちとせ保育士が都合により退職した。そして県から派遣されていた吉田さん。農業普及所の新妻さん、桂さんが県人事異動により離任。
猪狩課長とちとせ先生は、それぞれのポジションでひたすら村の振興と村民の幸せのためにお力添いをいただいてきた。猪狩課長は41年間奉職され、主に技術畑を歩み、土木・農業土木・林政部門を務めてきた。特に平成元年災では、査定に間に合うよう寝食を忘れて打ち込んできた。議会対応では、粘り強く解りやすく繰り返し答弁しどれだけ助けられてきたか分からない。

ちとせ先生は17年間子供たちの幼児教育に携わっていただいた。先生の発案で、保護者と一緒に歌う卒園式やハンドベル演奏、オリジナル言語劇など、今でも継続しているものもある。ちとせ先生の原点は川内村、またご縁がある時は戻ってきてほしい。

そして吉田さん、新妻さん、桂さん、慣れない環境の中で復興対応していただきありがとうございます。心労も多かったことと思います。吉田さんには国や県への要望、県との調整、議会対策など多岐に渡り支援していただいた。新妻さんは2年間お世話になった。農業の再生、特に水稲作付、里山に粒の普及指導、福島大学や経産省での直売、販路開拓や風評被害対策など、農家にとって頼もしい存在でした。
桂さんは、園芸振興や野菜勉強会の指導などを積極的に行っていただいた。

いよいよ4月からは新たな環境の中で健康に留意されご活躍されますようお祈りいたします。お世話になりました。

[PR]
by endo_yuko | 2018-03-30 18:28 | Comments(0)
ふるさと納税
d0003224_17591484.jpg
4区子安川・佐藤広松氏よりふるさと応援基金に寄付をしていただいた。
今月末でこれまで勤めてきた会社で定年を迎え、その記念と今までお世話になってきた村への恩返しとして寄付された。大切に使わせていただきます。深謝!

[PR]
by endo_yuko | 2018-03-30 18:03 | Comments(0)
教職員離任式
d0003224_16502399.jpg
d0003224_16503878.jpg
d0003224_16504863.jpg
d0003224_16514879.jpg
震災原発事故後、村内で再開した川内小中学校に赴任された先生方が離任される。13日に中学校、23日に小学校でそれぞれ卒業生を見送り寂しい思いをしてきた。そして更に本日慣れ親しんだ先生方との別れ。この季節の常とはいえ、戦友が去っていくようでとても寂しい。
小さいとか、少ないとか、不便だとか、そんなハンディキャップをことごとく克服してきた先生方。少人数のメリットを最大限に生かした授業を展開していただいた。感謝以外の言葉が見つからない。お世話になりました。

[PR]
by endo_yuko | 2018-03-29 17:08 | Comments(0)
子育て支援金交付式
d0003224_16460140.jpg
村内で子育てをしている家庭に子育て支援金を交付した。今年度は9名のお子様に交付した。

[PR]
by endo_yuko | 2018-03-29 16:49 | Comments(0)
ふくしま復興支援フォーラム
d0003224_16393711.jpg
d0003224_16394713.jpg
福島市AOZで開催されたふくしま復興支援フォーラムで講演。「被災地からの脱却を目指して」をテーマに報告した。
福島大学関係者、一般市民が参加され、活発な質疑応答が行われた。

[PR]
by endo_yuko | 2018-03-29 16:45 | Comments(0)
安全パトロール隊が解散
d0003224_16301755.jpg
震災原発事故後、20キロ圏内が解除された2011年10月に立ち上げた安全パトロール隊が今月末で解散する。解除された地域の見守りや事故防止、防犯、安否確認を目的に、住民自身が隊員になって組織したパトロール隊。

当初18名でスタートしたパトロールも、現在半数の9名でローテーションを組み展開してきた。復興が進み帰還した村民が増え、それぞれの地域の防犯や見守りの体制が整ってきたため、その役割を終え関することになった。6年半にわたり、ご協力いただいた皆様方に感謝申し上げます。

[PR]
by endo_yuko | 2018-03-29 16:30 | Comments(0)
平木大臣政務官と意見交換
d0003224_17182876.jpg
d0003224_17183785.jpg
平木政務官が来庁、当面の課題等について意見交換した。僕から6点について要望した。
①教育環境整備への財政支援(小中一貫校)
②物流配送問題
③林業再生
④生活再建支援
⑤企業立地補助金の柔軟な運営、労働力確保支援
⑥復興支援体制の堅持と人員派遣の継続

[PR]
by endo_yuko | 2018-03-29 16:18 | Comments(0)
みやさか保育園卒園式
d0003224_14501188.jpg
d0003224_14502174.jpg
3名のお子様が卒園を迎えた。
保育園に残る園児たちに見送られて旅立っていった。今年度卒園される3名は、あの震災の年に誕生した子供たちです。楽しい思い出を胸に穏やかな小学校生活を送ってほしい。

[PR]
by endo_yuko | 2018-03-24 15:07 | Comments(0)
川内小学校卒業式
d0003224_18170814.jpg
d0003224_18172125.jpg
d0003224_18173255.jpg
d0003224_18174504.jpg
10名の卒業生が川内小学校を飛び立っていった。
あの日から7年、人間がコントロールできない科学技術は、時として作り出した人間にしっぺ返しをする時がある。私たちの生活も一変した。あの当時まだ保育園児だった彼ら・彼女ら16名は散り散りばらばらになり、村で再開した時は3名だった。そして少し戻り、きょう10名で卒業式を迎えた。

運動会でのダイナミックな「よさこい」、素敵な演奏を披露した鼓笛隊など人数が少ないハンディキャップをことごとく克服してきた。復興子供教室では、復興のパートナーとしてできることは何なのか、川内っこプライドを取り戻すために何ができるのかなど、自分たちの故郷・川内村の未来について真剣に考えてきた。そして発表会では、原稿なしでプレゼンした。胸が熱くなった。

4月からは中学生、新たな目標に向かって突き進んでほしい。おめでとう。

[PR]
by endo_yuko | 2018-03-24 14:21 | Comments(0)
「歸(かえる)の宴」完成披露発表会
d0003224_13585625.jpg
d0003224_13584602.jpg
d0003224_18140696.jpg
d0003224_18145483.jpg
d0003224_18144297.jpg
d0003224_18142438.jpg
昔から酒文化が受け継がれてきた川内村。あまり表には出ていないがどぶろく地酒、幻の十三夜、そばビール、ワインも予定されている、そして日本酒。

自然豊かな風土、綺麗な水、美味しいお米、そして何事にも熱い村民性、これだけ条件が揃っていれば美味しいお酒は当然。そして「歸の宴」が誕生した。川内産米「夢の香」を使い、喜多方の大和川酒造店で醸造した。ネーミングとラベルは、福島大学の学生が考案した。
フルーティーな香りと味わい、アルコール度数16度、忘れられない逸品だ。


[PR]
by endo_yuko | 2018-03-24 14:10 | Comments(0)