以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2018年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
小渕優子衆議院議員が来村
d0003224_11081558.jpg
d0003224_11082316.jpg
d0003224_11083415.jpg
d0003224_11085122.jpg
d0003224_11091119.jpg
d0003224_11092036.jpg
d0003224_11093189.jpg
d0003224_11094743.jpg
今年で6回目になる川内村視察。毎年天山祭りやマラソン大会、小学校運動会、そば祭りなどのイベントや行事に参加していただいている。今回は、川内ワインぶどうビンヤード、モリアオガエルの生息地平伏沼、遠藤きのこ園、工業団地(株)リセラ、タイのカフェ・Amazonなどを視察した。川内ワインでは高木社長から説明を受け、2年前に代議士自ら植えたぶどうの苗を確認していた。

遠藤きのこ園ではしいたけができるまでの工程を視察、菌床からしいたけを採取し、しいための厚みに驚かれていた。いわなの郷体験交流館では、婦人会の人たちが郷土料理でおもてなし、コドモエナジー・岩本社長、リセラ・宮本社長、遠藤きのこ園・遠藤専務から企業立地の現状と課題などの話を伺っていた。



[PR]
by endo_yuko | 2018-06-30 11:24 | Comments(0)
「一期会」川内視察研修
d0003224_10574905.jpg
d0003224_10573830.jpg
d0003224_10572873.jpg
白河市・田村市・古殿町・矢祭町。鮫川村・平田村・茨城県大子町などの議会議員と青年会議所で構成している「一期会」の皆さんが、視察修会のため川内村に来られた。「一期会」の由来は、いつも一期目に当選した時の初心を忘れずに、と戒めての会だそうです。
自動ラック低温米倉庫、川内ワインぶどうビンヤード、工業団地を視察後、僕が震災後の現況や課題、今後の村づくりについて1時間ほど講演した。

[PR]
by endo_yuko | 2018-06-30 11:07 | Comments(0)
村づくりを進める運営組織検討会
d0003224_10482250.jpg
d0003224_10483174.jpg

 新しい村づくり組織のミッションは三つ、一つは震災原発事故で傷ついた村の再生と住民帰還。二つ目は住民コミュニティの再構築と賑わいを創造していくこと。そして三つ目は新たな住民の受け入れを目指し、新たな価値観、新しいライフスタイルを提案していくこと。「自立、挑戦、継続」を理念として、これからの川内村の在り方や持続可能性を本気で探求し、実践していく官民協働の村民参加型組織をイメージしている。

 「このままで私たちが望む川内村の未来はあるのだろうか?」、この極めてシンプルな質問に、私たちはどんな答えを準備していたらいいのか。震災原発事故から7年3か月、急激な人口減少、超少子高齢化社会などの過疎地域課題先進地である川内村だからこそ、その変化をより強く感じている


 日本全体の人口が減少していく中、地方創生はどうも限界点に近づきつつあり、東京一極集中に歯止めがかからない。このまま何もしなければ、持続可能な未来に辿り着けないことに誰もが気付いているのではないでしょうか。流されるがままに未来を委ねていいのだろうか。

私たちはもう一度、「このままで私たちが望む未来はあるのだろうか?」、という問いをエネルギーに変えて、まだ見ぬ未来に本気で向き合うことから目を背けずにやっていきたい。

では、私たちが望む未来とは何か? エコロジーとエコノミー、古いものと新しいもの、元々の住民と新しい住民が共存している社会や地域であり、都会のような便利さはないが、田舎の原風景の中で生活する価値観を共有でき、穏やかに生まれて、穏やかに生活して、穏やかに老いていく地域でありたいと考えている。

田舎と都会、生きがいと経済、行政と民間という二項対立ではなく、ハーモニーを探し求め、新たな川内プライドを確立していきたいと考えている。その挑戦を継続していくフィールドとして、川内村は最適なフィールドであると確信している。ふるさと愛に満ち溢れ、チャレンジ精神旺盛な仲間たちと共に、探求と実践を通して、私たちが望む川内村の未来をクリエーティブしいく、そんな組織集団をイメージしている。


[PR]
by endo_yuko | 2018-06-30 10:56 | Comments(0)
中央要望活動
d0003224_10251926.jpg
d0003224_10252724.jpg
双葉郡町村会といわき市とで復興庁、内閣府、官邸、自民党対策本部へ合同要望。
復興・創世期間終了時においても、復興再生に向け必要な復興施策を講じること、復興庁を廃止するとされている平成33年3月以降の復興施策を推進する体制、及び財政支援の方針について早期に示すこと、の2点。

[PR]
by endo_yuko | 2018-06-30 10:43 | Comments(0)
佐藤広松氏が日赤から表彰
d0003224_10255679.jpg
d0003224_10254542.jpg
70回以上献血した佐藤広松氏(4区)が日本赤十字社から銀色有功章を受賞され、その伝達式が行われた。
佐藤さんは会社勤めをしながら機会を見つけ積極的に献血事業に協力していた。現在村の選挙管理委員長などを務めていただいている。

[PR]
by endo_yuko | 2018-06-30 10:27 | Comments(0)
ふくしま市町村支援機構40周年記念式典
d0003224_10534068.jpg
d0003224_10534934.jpg
d0003224_10540848.jpg
d0003224_10535829.jpg
私が理事長を務めている一般財団法人・福島市町村支援機構の設立40周年記念式典{感謝の集い」が福島市で行われた。当機構は、昭和53年、「福島県建設技術センター」として設立され、平成18年には福島県発注の工事を巡る談合事件の影響で、一時存続の危機に直面した。市町村はじめ関係者のご支援で平成20年1月から「ふくしま市町村建設支援機構」として生まれ変わった。その後公益法人の改革で、平成24年6月1日から「一般財団法人・ふくしま市町村支援機構」となった。

当日は、機構の初代理事長菅野飯館村長、杉福島県土木部長、さらに多くの元実務研修生にもご臨席いただいた。技術センターから40年、支援機構創立から10周年を迎えることができたのは、県内自治体、関係者のご指導の賜物である。この40周年を機に、今一度初心に帰り、新たな課題に対応できるよう技術力の向上に努めていかなければならない。決意を新たにした。

シンガーソングライターの菅野恵さんにも雰囲気を盛り上げていただいた。

[PR]
by endo_yuko | 2018-06-16 11:12 | Comments(0)
長崎大学に寄付金贈呈
d0003224_16355001.jpg
d0003224_16353191.jpg
震災原発事故後、長崎大学はいち早く復興を進めていく過程でサポートしていただいた。包括連携を結び復興拠点を設置しながら、リスクコミュニケーションのために保健技師の派遣、健康相談、食品測定の指導などの支援活動。さらに人財育成として「復興子ども教室」を共催し、子供たちの長崎市訪問や学校での理科の授業などにも貢献していただいた。

今後、長崎大学歯学部の歯科医師による嚥下や口腔ケアなどの指導が行われる。復興支援や調査研究資金として寄付金を贈呈した。

[PR]
by endo_yuko | 2018-06-14 17:16 | Comments(0)
第69回全国植樹祭
d0003224_14454019.jpg
d0003224_14450030.jpg
d0003224_14445101.jpg
d0003224_14452661.jpg
d0003224_14451360.jpg
「育てよう希望の森を いのちの森を」テーマに、南相馬市で全国植樹祭が行われた。川内小学校緑の少年団が、天皇陛下お手植えの介添え大役を無事終えることができた。子供たちのとっても生涯忘れることができない思い出になったことと思う。アトラクションでは、高校生が高村幸太郎・智恵子をモチーフにした演劇や、フラダンス、郷土芸能が披露された。

また会場にはPTT(タイ国石油公社)のTevinCEOも招かれ、様々なイベントを楽しそうに見学されていた。PTTは天然ガスや石油事業などエネルギー関連企業でタイ国で最大の企業であり、川内村に進出したコーヒーショップ・アメイゾンのオーナーになっている。会場に出店したアメイゾンのテント前の長蛇の列に驚いていた。

[PR]
by endo_yuko | 2018-06-14 16:58 | Comments(0)
秋保ワイナリーを視察
d0003224_15404595.jpg
d0003224_15480083.jpg
d0003224_15405635.jpg
d0003224_15415330.jpg
d0003224_15421398.jpg
名取川上流の谷間に挟まれた仙台・秋保ワイナリーを視察。ワイナリーとショップが同じ建物にあり、とても清潔感溢れた空間で醸造されたワインがショップに並んでいた。畑には、メルローやピノ・グリなどの品種が栽培されている。
[PR]
by endo_yuko | 2018-06-14 15:58 | Comments(0)
(株)まつの視察
d0003224_15204657.jpg
d0003224_15203756.jpg
d0003224_15205809.jpg
村内にある野菜工場(株)キミドリの筆頭株主である(株)まつのの配送センターを視察した。キミドリで生産されたリーフレタスなどが、一つ一つ業者ごとにコンテナに分けられその日のうちに配送されている。果物や野菜の種類ごとに配送センター内が温度管理されている。昨年から引き合いが多く、取引量が増えている。
[PR]
by endo_yuko | 2018-06-14 15:37 | Comments(0)