以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2018年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
仕事納め式
d0003224_10445947.jpg
d0003224_10444829.jpg
d0003224_10450910.jpg
間もなく2018年が過去のものとなる。今更ここまで来たらジタバタしても始まらない。年の初めの目標や志をひも解いても、あと2日で帳尻を合わせることもできない。ここは開き直りを決め込むことが最良。

今年を振り返ると、職員の皆さんには「感謝」の言葉以外見つからない。各課・各係で復興事業だけではなく、新たな村づくりを進めるための事業を実施していただいた。本当にありがとうございます。お陰様で少しずつだが被災地からの脱却が進んでいるように感じることができた。

あの日から7年9か月が過ぎた。一昨年4月からの帰村率をみると、それほどダイナミックに数字が上がっていない。今後おそらく劇的に帰村者が増えることは期待できない。事故前に戻ることは不可能だと思っている。震災前に戻したところで、8年前の村の状況が未来のその時代に即しているかといえばそうではない。戻す、なんて発想は止めよう。

それに私たちの仕事は人口を増やすことが目的ではない。現在生活している私たちや村民が、四季の移り変わりを身近に感じながら、それぞれが自分らしい生き方をし、本当の豊かさと出会い、幸せを感じることができる村でありたいと願っている。そしてそれを達成するために努力した結果、戻る人や新しい移住者が増えてくるものだと思う。人口増は目的ではなく、結果だ。だからこそ今出来る全てを考える、今出来る全てをひねり出す。全力の先にしか見えない景色があると信じる。

今年は「自分の損得を超えよ」という極めてハードルが高いテーマを掲げた。仕事をしていく上で、何らかの判断をしなければいけない場面に出くわす。そんな時何を基準に結論を出してきたのだろうか。一つは法律、決まり事にそって判断していく、これは間違いなく正しい。では、法律と法律の隙間やどちらにでも読み取れる場面ではどうだろうか。おそらく悩まれたことが多いし、そこが仕事としての醍醐味なのかもしれない。僕は「公に照らして、動機が正しいかどうか」、を熟慮して決める。損得で判断するとぶれてしまう。人間が成長するときはどんな時かといえば、それは判断するときであると思う。

また権利主張も同じ。認められている権利も他人に迷惑を掛ければ、それはまっとうな権利ではなくなる。それに与えられた権利を100%主張すると先細りになってしまうのは自明だ。皆さんはいかがでしたか・

今年もいろいろな事があった。まもなく2018年が終わる。人知を超えたものへの畏敬の念と、生かされていること、支えられていること、仕事があることへの感謝の気持ちを忘れず、静かに年を越したいものだ。皆様にとって2019年が穏やかで輝かしい年でありますようご祈念申し上げます。  深謝m(__)m

by endo_yuko | 2018-12-30 11:31 | Comments(0)
年末の挨拶
d0003224_10441900.jpg
d0003224_10443413.jpg
年末の挨拶のため知事はじめ各部局長を訪問。今年も特段のサポートをいただいて復興と新たな村づくりを進めることができました。感謝申し上げます。
by endo_yuko | 2018-12-30 10:49 | Comments(0)
中央要望
d0003224_10285471.jpg
d0003224_10290315.jpg
d0003224_10291672.jpg
復興庁、経産省、自民党震災復興加速化本部はじめ関係各省に双葉地方の復興・再生に向け要望した。
復興推進体制の継続と財源の確保など13項目について要望。特に僕からは、避難指示解除区域と帰還困難地域が存在している地域との線引きをせず、ニーズを踏まえた支援の継続と、新たな移住・定住者を呼び込むための施策の充実、ワインぶどうや生食用ブドウ栽培など、新たな産業の育成、配送事業の早急な再開、バーク処理などについて要望した。

by endo_yuko | 2018-12-30 10:39 | Comments(0)
地域づくり懇談会
d0003224_10140717.jpg
地域づくり講演会に島根県中山間地域研究センター主任研究員・有田昭一郎氏を招き、「人口減少と高齢化に対応した地域の仕組みづくり」のテーマで講演していただいた。島根県で取り組んでいる「小さな拠点整備」の実例を示しながら、少ない担い手で地域を支えていくことの重要性を紹介した。

震災原発事故から7年9か月が過ぎた川内村、現在8割の村民が戻って生活を再開しているが、子供たちや若い人たちの帰村が少なく、今後集落のコミュニティの維持すら困難な状況になりつつある。急激な人口減少と超少子高齢化に、どう対応していけばいいのか。今回の講演会で示唆をいただいた。

by endo_yuko | 2018-12-30 10:26 | Comments(0)
かわうちワインぶどうが冬越し
d0003224_12485448.jpg
凍害を防ぐためにプチプチとアルミ箔でコーティング。来年の3月まで防寒着を着ています。
アルミの花が咲いたような景観です。11,000本、作業員とボランティの皆さんの手作業で進めました。ありがとうございます。

by endo_yuko | 2018-12-29 12:53 | Comments(0)
子育て支援金を交付
d0003224_12454459.jpg
二人目のお子様に子育て支援金20万円を贈りました。お子様がすくすく育ち、幸せな家庭を築いてください
by endo_yuko | 2018-12-29 12:48 | Comments(0)
デーサービスセンターでクリスマス会
d0003224_12410357.jpg
d0003224_12411851.jpg
d0003224_12412735.jpg
今年もサンタに扮して利用者の皆さんにクリスマスプレゼントを贈りました。更に恒例のマジックを披露しました。習熟度も未熟で今一だったかな。それでも拍手をいただきました。
by endo_yuko | 2018-12-29 12:44 | Comments(0)
橘復興副大臣来庁
d0003224_10455764.jpg
d0003224_10454603.jpg
橘復興副大臣が就任あいさつと意見交換のため来村。
僕から、急激な人口減少と超少子高齢化に直面している現状と、若い世代の帰村が進んでいないことやコミュニティが維持することができない地域の存在など、課題が顕在化してきている実情を話し、復興創生帰還後も切れ目なく取り組むこと。
さらに、復興については自治体ごとにステージが異なっている中、帰還困難地域があるかどうかで線引きをせず、ニーズを踏まえて支援を継続すること。特に小中一貫校、ワインぶどう、圃場整備への財政的支援をお願いした。


by endo_yuko | 2018-12-14 10:46 | Comments(0)
「川内中学校 海外派遣事業報告会」
d0003224_15332841.jpg
d0003224_15333781.jpg
d0003224_15334576.jpg
日米草の根サミットに、川内中学生15名と教師3名が参加しその報告会が行われた。一昨年はアトランタ、今年はシアトルでのサミットに参加してきた。6泊8日間の日程でシアトルを訪問、地元のタイイー中学生と交流しながらホームスティを経験してきた。

報告会では、異口同音に文化の違いやコミュニケーションが難しかったことの感想が述べられ、英語力の大切さを強烈に感じてきたようだ。ホストファミリーのもてなしに感激し、あらゆる手立てをして思いを伝えようと苦労したことなども話されていた。そしてあらためて日本の良さを実感したと報告された。カルチャーショックがいい刺激になるといいな。

by endo_yuko | 2018-12-13 15:56 | Comments(0)
福島大学成果報告会
d0003224_18104518.jpg
福島大学の地域連携成果の報告会が福島市内で開催された。中井学長がCOC事業「ふくしま未来学」に触れ、川内村での実践活動を紹介しながら挨拶された。その後元国道交通省事務次官・武藤浩氏「オリンピックと地方創生」のテーマで基調講演された。
「ふくしま未来学」は、原発事故から復興していく過程で、地域の課題を学生が実践的に学びながら地域再生をサポートしていくことが目的。これまで5年間、「むらの大学」で多くの学生が川内村のフィールドを使い、課題発見と解決に関わってきた。被災地の実情を学び、住民と直接接しながら問題解決の思考を繰り返し、そしてその結果を具体的に地域に還元してきた。事業そのものは一つの区切りを迎えるが、被災地支援や現場で学ぶこと、そして人材を育成していくことは、これからも福島大学の使命でもある。


by endo_yuko | 2018-12-10 18:46 | Comments(0)