人気ブログランキング |
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
<   2019年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
お世話になりました
d0003224_10531031.jpg
d0003224_10530014.jpg
d0003224_10531862.jpg
「会って、知って、別れる」は人の世の常ですが、実際そのシチュエーションになるとお世話になった職員との別れは辛いものがありますね。退職や離任で7名の方々が職場を去りました。震災原発事故後の混乱している状況下で、復興と新たな村づくりために最大限努力していただきました。
更に、拙い僕のダジャレにもお付き合いいただき感謝しております。もう少しレベルアップに努めますので、時々冷やかしに来てください。皆様とのご縁にあらためて感謝申し上げます。

by endo_yuko | 2019-03-31 10:52 | Comments(0)
(株)農(みのり)工場立地基本協定締結式
d0003224_17525659.jpg
d0003224_17530604.jpg
d0003224_17532186.jpg
経産省雇用創出推進室・高砂企画官、福島県相双振興局・佐々木局長の立会いの下、千葉県に本社がある(株)農さまと工場立地協定の締結をさせていただいた。田ノ入工業団地に、セントラルキッチン工場を立ち上げ、カット野菜やハラール認定の食品を製造し、国内はもちろん海外も視野に入れている。
(株)農さまの工業団地への進出は、雇用の創出だけではなく内発的な産業の育成にもつながると期待している。特に農業に従事している方々にとっては期待が大きいものと思う。

by endo_yuko | 2019-03-23 18:03 | Comments(0)
川内小学校卒業式
d0003224_17381507.jpg
d0003224_17382833.jpg
d0003224_17384110.jpg
d0003224_17385145.jpg
d0003224_17390184.jpg
9名の卒業生が飛び立った。村内で学校を再開したのが7年前、この間少ないとか、小さいとか、不便だとかいうハンディキャップをことごとく克服してきた9名です。卒業、おめでとう。

総合学習の時間に、「川内村プライド」のテーマでプレゼンした。提案は純粋で具体的で、近未来をイメージしたものでした。過去に感謝しなければ未来に責任を取ることができない、と9名から教えられた。川内村の宝物、未来は彼ら彼女ら自身なのだ。

4月からは中学生。大人はよく大きな夢を持てと言う。大きな夢を持つことは、大きな壁を乗り越えることと同義語だ。純粋な夢は必ず現実のものになる。なぜなら小学校で身に付けた知識や経験、先生や友達との触れ合いは、大きな壁を登ろうとする時必ず大きなエネルギーを与えてくれるに違いない。新たな夢に向かって突き進んでほしい。

by endo_yuko | 2019-03-23 17:51 | Comments(0)
みやさか保育園卒園式
d0003224_15453903.jpg
d0003224_15454752.jpg
d0003224_15455593.jpg
d0003224_15460654.jpg
6名の卒園生を送り出した。
4月からはピカピカの1年生、小学校の多くのお兄さんやお姉さん、そして優しい先生が待っています。楽しい小学校生活を送ってください。

by endo_yuko | 2019-03-23 17:45 | Comments(0)
長崎大学報告会
d0003224_11433665.jpg
d0003224_11400400.jpg
d0003224_11434567.jpg
長崎大学が復興支援や調査・実証などに取り組んできたことに関する報告会が、KNNセンター(川内村・長崎だ愛学・原子力安全協会連携)で行われた。
山下学長特別補佐があいさつ、その後のセッションでは、僕が「今を乗り越え、その先に!」のテーマで復興と新たな地域づくりについてプレゼンした。富岡町の滝沢副町長が富岡町の現状について、長崎大学高村教授が、野生のキノコに含まれるセシウム濃度について、福島民報社早川局長が、原発事故をどう伝えたのかについて、それぞれ報告された。

by endo_yuko | 2019-03-21 11:44 | Comments(0)
歸の宴を知事に・・・、
d0003224_11243755.jpg
d0003224_11244924.jpg
d0003224_11250217.jpg
川内産酒米・夢の香で醸造した「歸の宴」を知事に贈呈した。知事からは「フルーティーで上品、味わい深い」と好評でした。
「歸の宴」は、村内の酒屋さんで販売されている。

by endo_yuko | 2019-03-21 11:28 | Comments(0)
ピアノ発表会
d0003224_11391241.jpg
d0003224_11185861.jpg
d0003224_11191021.jpg
d0003224_11192982.jpg
週1~2回、ピアノ教室でレッスンを受けている子供たちの発表会がコミュニティーセンターで行われた。
保育園の子供から中学生まで、普段の練習の成果を発表、後半ではお母さんや友達との連弾も披露された。

by endo_yuko | 2019-03-21 11:24 | Comments(0)
実践型インターンシップ報告会
d0003224_11065451.jpg
d0003224_11070343.jpg
d0003224_11071830.jpg
全国から集まった学生が、かわうちの湯やいわなの郷を経営している(株)あぶくま川内のインターン生として1か月間研修をし、その報告会が行われた。教えられたことは二つ、一つはマーケティングの重要性。地域の問題掘り起しと、その解決策を提案するために市場調査やアンケート調査を実施し、その結果から具体的な解決策を提案することが重要。
二つ目は、情報発信の重要性。ターゲットを絞り込み、どのタイミング(季節や行事など)でチラシや店内POPで情報を提供していくか。内容を端的に示したキャッチコピーの重要性。川内村には、秋田、東京、高知の大学生がチャレンジした。

by endo_yuko | 2019-03-21 11:18 | Comments(0)
「あの日から8年」
d0003224_13415175.jpg
d0003224_13413874.jpg
TBSニュース23が川内村役場からライブ放映された。


様々な不条理や軋轢、ジレンマと戦いもがいてきた8年だったかな。いつも何かに追い立てられているような・・・、緩むことが許されない、常に緊張感を持ち痺れるような時間を過ごしてきた思いがする。
それでも心を定めて少しずつ前に進んできた。僕にとってはエキサイティングでポジティブな時間だったかな。どうにもならない大窮地に陥った時、どうするのか。人間性が問われるような場面が数多くあった。しかしいつも覚悟を決めたとき、天は見捨てなかった。
あの頃は不思議と涙がこぼれなかった。大泣きしたらスッキリしただろうに。なんかいつもニアけていたような気がする。
津波で一瞬にして命をなくされた方がいる。まだ僕は生きている。生きているのに未来をなくしてはいけない。必死で生きよう。それが生きているもののつとめだ。

by endo_yuko | 2019-03-12 15:51 | Comments(0)
Jビレッジでコンサート
d0003224_13412724.jpg
d0003224_13423136.jpg
d0003224_13411781.jpg
Jヴィッジで復興を願うイベント「ソング・オブ・ジ・アース」が行われ、我が川内村からもあぶくま川内(株)がイワナの塩焼きなどを販売した。また、ホールではゲーテ・ピアノ三重奏コンサートがあり、久しぶりにゆったりした気分を味わってきた。

by endo_yuko | 2019-03-12 15:15 | Comments(0)

川内村村長 遠藤雄幸のBlog
by endo_yuko