以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
カテゴリ
医師不足?
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼1/13(金)
 9:30  東京電力第二原子力発電所広報部長来訪    [村長室]
10:00  あぶくま更生園園長来訪         [村長室]
10:30  鷲尾造園来訪                [村長室]
11;00  田村市常葉行政局来訪          [村長室]
16:00  双葉厚生病院院長来訪          [村長室]

相双地方特に双葉郡内の小児科・産科医師の確保が困難な状況について、今後どのように対応していくのか、協議のために来られました。郡内の公立、民間全ての病院の状況を鑑み、地域全体としての問題と捉え早急に解決策を検討し、関係機関に要望していかなければならない。特に小児科・産科の医師偏在が問題となる地域を中心に、医療資源の集約化や重点化を進めることなどを検討する機関の立ち上げを具現化していくこと。
 更に厚生病院や県立大野病院を中心にそれぞれ連携を強化し、補完的な役割分担を明確にすべきであると考える。特に脳神経・心臓外科医師不在は高齢化が益々進む当地域において、憂慮すべき問題である。双葉郡全体の常勤医師数は48名で、相馬郡125名の三分の一であり、慢性的に不足している現状である。医師研修制度、県立医大の法人化などの医療環境が変化する中で、地域格差がますます広がってくる。山間部の医療体制を堅持していくためには、医師や病院だけではなく各自治体も一体となって県や関係機関に要望していかなければならない。

▼1/14(土)~15(日)
12:30  第6回小さくても輝く自治体フォーラム [矢祭町]

▼1/16(月)
10:00  高野、渡邉告別式           [浪江フローラ]
11:00  老人クラブ中野直人連合会長受賞祝賀会   [華の樹]

 永年のご功績を認められ中野会長が全国連合会長、いきいき長寿県民賞、知事賞をあわせて受賞されました。川内村にとってもとても名誉なことです。中野会長の最大の功労は詩人草野心平との関わりの中で文学的振興に努められたことだと思います。昭和28年、心平先生が川内村を訪れて以来、天山文庫の建設、天山祭りの立上げ、さらに心平先生が没後「うまわる文学賞」を制定し自ら選考委員長としてお力添いをいただいていました。現在でも天山祭りの実行委員長をお願いしています。

14:00  双葉地方電源地域政策協議会    [双葉地方会館] 

▼1/17(火)
10:00  朝日新聞、河北新聞大智学園高校取材 [村長室]
11:30  三瓶熊義告別式             [浪江フローラ]
17:00  保健師打合せ               [村長室]  
18:00  行政区長会議               [大会議室]

▼1/18(水)
11:00  福島クボタ新年挨拶            [村長室]
14:00  原子力保安院来訪             [村長室]
16:00  介護支援専門員打合せ          [村長室]
19:00  南双葉青年会議所新年例会       [華の樹]

▼1/19(木)
10:00  第5区アタゴ老人クラブ新年会 
11:00  衆議院議員坂本剛二秘書来訪      [村長室]
11:20  庁内グループウェアプレゼン        [大会議室]
13:30  土地改良区理事会              [会議室] 
15:30  ゆふね所長打合せ              [ゆふね]
[PR]
# by endo_yuko | 2006-01-20 13:06 | Comments(0)
誕生日?
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼1/9(月)  成人の日
10:00  山ノ神講       [第三区改善センター]
       僕の誕生日

▼1/10(火)
10:00  いわき森林管理署要望活動       [四倉]

 楢葉町長と篠平から木戸ダムにぬける道路の用地買収について要望してきました。この道路は国有林との併用道路になっているので、県道に昇格するためには国有林の買収が不可欠です。将来において観光道路、川内と楢葉のアクセス道路として利活用できるものと思います。また、平成20年に木戸ダムが完成することによって需要は膨らむと考えています。県道昇格により、県の財政の下拡幅整備が出来ると期待しています。

▼1/11(水)
 9:00  川内村建設協会新年挨拶       [村長室]
10:00  (株)アトックス新年挨拶
15:00  小野町宍戸町長新年挨拶
17:00  相双普及所懇談会            [体験交流館]

▼1/12(木)
10:00  包括支援センター説明          [村長室]
13:00  グループホーム「高原の家かわうち」挨拶   [村長室]

 民間のグループホーム「高原の家かわうち」が3月開所します。認知症対応型施設で定員は9名、介護が必要な認知症高齢者5人から9名で共同生活を営みながら、回復をはかり自立支援を目的としています。村内には社会福祉協議会が経営するデイサービス、ヘルプサービスは存在しますが、滞在型の施設がなかっただけに期待も大きいと思います。同じ福祉サービス事業として社協にとっても刺激になるものと考えています。

  ~~~~~~~~~~~~~~~

 ここ3~4日、仕事においてスランプです。集中力が散漫になって、優先順位が定まらないことが多々あります。本来やるべき仕事にエネルギーを集中しなければならないのに、どうも時間だけが過ぎてしまいなかなか前に進みません。ストレスかな?
 職員に解決方法を尋ねたら、「甘いものでも食ったら」と言われました。スランプの脱出方法があれば教えてください。
[PR]
# by endo_yuko | 2006-01-12 18:25 | Comments(3)
平成18年仕事始め
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼1/4(水)
 8:15  社会福祉協議会仕事始め訓示      [ゆふね]
 9:00  本庁仕事始め訓示            [大会議室]
 9:40  定例庁議                    [会議室]
10:30  商工会大和田、丸山職員新年挨拶    [村長室]
11:30  JAふたば新年挨拶              [村長室]
13:00  議会議員、区長新年挨拶回り        [村内]
17:00  職員会議                  [大会議室]

 新年明けましておめでとうございます。
新たな気持ちで2006年を迎え、村民皆様のお幸せとご発展を心からご祈念申し上げます。
  [仕事始訓示]
 昨年私は、川内村は合併の流れに乗ることなく「単独」で行政運営を進めていくことを村民の皆様に約束をしました。依存財源の割合が高い川内村にとって、大きなリスクを伴う可能性があるかもしれませんが、自ら退路を絶ちその覚悟を示したことになります。そういう意味で本年度は自立元年、新たなスタートの年といっても過言ではありません。
 「単独」は成熟した社会、地域の形成を目指すものです。そのために自己改革が不可欠なことは自明の理です。まず第一に首長である私自身が変わること。公約の再点検とその請負人として、行政の経営者、外交官としてバランス感覚を磨いていくつもりです。第二に職員が変わること。総務省は今後5年間で国家公務員の5%の純減と地方公務員の過去の実績4・6%を上回る削減を要求しています。このことは公務員のリストラが始まったと理解していいと思います。人件費の削減だけではなく、意識の改革が求められています。つまり終身雇用にみられるような公務員の特権意識が世間では通用しなくなってきていること、さらに政策実現スタッフや行政のプロとしてのサラリーであることに村民は気づいています。そのことをしっかり自覚していただきたい。第三は議会が変わること。このことについてコメントする必要はありません。第四は住民自身が変わることです。評論家的、お任せ主義的民主主義では自立していくことはとても難しいと思います。あらゆる機会を通して村民の皆様に情報を提供していくつもりです。
 今年のテーマは「自修自得」、自分の頭で考えることです。
縦社会組織の弊害は自分で考えることをやめてしまったことです。なぜか?まずその方が楽だからです。そして責任をとる必要が無いからです。たとえ失敗しても「上司に言われて」「今までと同じように」、これでは戦える集団ではありません。自分の意見、考えをもち、それを解り易く説明することから始めなければなりません。
 2006年、あらゆる問題を村民、職員皆様と共に考え、難局を乗り切っていくつもりです。
更なるご理解、ご支援をよろしくお願い致します。

▼1/5(木)
10:00  福島県土地連新年挨拶         [福島]
10:30  福島県商工会連合会新年挨拶
10:45  福島民報社新年挨拶
11:15  福島民友社新年挨拶
11:30  緑資源機構新年挨拶
11:45  福島県林業協会新年挨拶
13:00  福島県建設技術センター新年挨拶
13:30  福島県庁新年挨拶 
       知事
       副知事 
       出納長
       各部長
15:30  自治会館長村会新年挨拶
17:30  知事との新年会

 総務課長と農村振興課長が同行、新年の挨拶回りをしてきました。知事に直接お会いし、村として単独で進むことや知事が興味を示されていた通信制高校の説明、川内分校の将来について話をしアドバイスを頂きました。 
 また、土木部では新年度予算計上を予定している村営住宅建設補助金の要望をしてきました。

▼1/6(金)
 9:00  双葉郡広域消防出初式        [浪江] 
11:00  福島県原町合同庁舎新年挨拶    [原町]
              振興局
              建設事務所 
              農林事務所
              教育事務所
14:00  福島県富岡農業普及所新年挨拶
14:15  富岡土木事務所新年挨拶
14:20  原子力等立地地域振興事務所挨拶
14:30  双葉広域圏組合新年挨拶
14:35  双葉郡長村会新年挨拶
14:50  富岡警察署新年挨拶
15:00  東京電力第一原子力発電所挨拶
16:00  東京電力第二原子力発電所挨拶
17:15  村会議員、第8区区長新年挨拶
17:30  職員クラブ新年会

▼1/7(土)
10:00  カエルの学校「食のシンポジュウム」   [体験交流館]

 サポート事業であるカエルの学校が、郡山女子大学農学博士・庄司先生を招いてシンポジュウムを開きました。特別栽培米、うどんとエゴマの商品化について講演され、それぞれの分野に対してアドバイスを頂きました。
 食にこだわることは地域の産業、環境そして教育、あらゆる分野に関わってきます。食は歴史や文化そのものです。エネルギーを持続させるためにも具体的な商品開発が必要です。地域の食材を利用したオンリーワン商品を開発販売することは地域にとって自信につながります。

▼1/8(日)
 9:00  平成18年消防出初式         [村体育館]

 平成18年新春を迎え、消防団並びに婦人消防隊の皆様の凛とした姿に気持ちが引き締まる思いをいたしました。地域防災は行政が責任を持って行なうことが基本的な考え方です。火災をはじめとする各種災害から村民を守るために、昼夜を問わず尽力しているのが消防団や婦人消防隊です。崇高な使命感に対して心から敬意を表する次第です。今年は皆さんのご理解頂きながら自主防災組織の設置やボランティアによる地域防災ネットワークの構築、さらに防災意識の向上を図っていくつもりです。また今年は相双防災訓練、幹部大会が本村で開催される予定ですので、更なるご支援をお願い致します。


   ~~~~~~~~~~~~~~

 平成18年がスタートしました。寒い日が続いておりますが、日本海側や会津地方の豪雪地域から見ればまだまだ我慢できる範囲だと思います。読者の皆様には「日々ゆうこう」を通して情報発信していきます。今年も新たな気持ちで「日々ゆうこう」をお送りしたいと考えています。コメントいただければ幸いです。本年もよろしく!
 
[PR]
# by endo_yuko | 2006-01-07 09:30 | Comments(2)
良いお年を!
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼12/31(土)

 あと5時間で2005年が終わる。今年一年、日々ゆうこうにお付き合い頂き有難うございました。日々ゆうこうをアップすることは皆さんとの約束でしたね。今約束を果たせたことにほっとしています。来年はまたグレードアップした日々ゆうこうをお届けいたします。明年が皆様にとって素晴らしい年でありますようお祈りいたしまして、しめとさせていただきます。ありがとうございました。
[PR]
# by endo_yuko | 2005-12-31 19:08 | Comments(4)
仕事納め
◆〓〓〓   日々ゆうこう   〓〓〓◆
▼12/26(月)
13:00  東京電力福島原発第一、第二所長・副所長年末挨拶    [村長室]
14:00  小野町公立病院議会        [小野新町]

▼12/27(火)
11:00  広野町山田町長就任挨拶     [村長室]
15:00  館山荘年末挨拶

▼12/28(水)
10:00  消防団員退職報奨金交付      [村長室]

 山本敏博本団分団長が定年58歳を迎え退団することになりました。山本分団長は私が第3分団に在籍していた時に、とてもお世話になった先輩消防団員でした。寡黙な人ですが、いつも我々若い者に背中で指導しておりました。消防団員としての心構えや組織人としての常識を教えていただきました。「27年と2ヶ月、誇りをもって辞めていきます。」と言われた言葉がとても印象的でした。大変お世話になりました。

11:00  双葉町井戸川町長就任挨拶     [村長室]
16:30  社会福祉協議会仕事納め       [ゆふね]
17:00  本庁仕事納め              [大会議室]

 2005年が後わずかで終焉を迎える。宇宙的時間の流れの中で米粒にも満たない2005年ですが、皆様にとって如何でしたか?2年目の私は執行責任者という立場で村民の皆様をはじめ議会議員、職員の皆様と議論することが出来ました。無我夢中で過ごしてきた1年目とは違い、経験という教材が幾分考える時間を与えてくれたような気がする。自分の思いを具現化していくには、時間を有するものであることを改めて認識させられた。村民はじめ議員、職員のコンセンサスを得なければならないわけだから当然といえば当然である。誤解をまねかないためにも計画の段階から情報公開を進めていかなければならないし、今後村民との協働で政策提案もあり得ると思います。
 本年度の予算編成において、職員の皆さんが村の将来を思い、超勤や管理職手当てカットなど人件費の抑制に理解を示してくれた時は本当に嬉しかったです。当初2億円の財政調整基金を切り崩して予算編成しましたが、9月に1億円、さらに年度末までには埋め戻すことが可能になりそうです。財政問題で将来のビジョンを描けないほど悲しいことはありません。5年後、10年後の財政シュミレーションを描いたことは、単年度主義の役所的発想から大きな進歩だったと思います。安易な補助事業が財政悪化を招く最大の要因であり、起債事業に対する反省を
忘れてはいけません。
 行政の実態を公表し、さきほども述べましたが村民皆様の意見を反映させながら行政運営をしていきたいと考えています。村民との合意形成、議員の理解は今後とも重要課題ですが、そのための努力をしていくつもりです。
 福祉バスの運行、スクールバスの増便、交流施設への指定管理制度導入、教育特区による通信制高校大智学園の立ち上げ、やりたい事いっぱい、ウフ来年が楽しみ、楽しみ。
[PR]
# by endo_yuko | 2005-12-30 18:32 | Comments(0)